予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

世界の眼科手術室用顕微鏡市場規模調査ー構成別 (キャスター、ウォール マウント、テーブル トップなど)、アプリケーション別、エンド ユーザー別 および地域別ー予測 2022-2030年

Kenneth Researchのプレスリリース

Kenneth Researchは調査レポート「世界の眼科手術室用顕微鏡市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」を2021年06月 07日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10347478

レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

世界の眼科手術室用顕微鏡市場は、2022に85.4億米ドルの市場価値から2030末までに126.7憶米ドルに達すると予測されます。また、予測期間中に5.8%のCAGRで拡大すると予測されます。

 

眼科手術室用顕微鏡は、眼科手術に使用される光学機器であり、外科医に人間の目の小さな眼科構造の拡大された高品質の画像を提供します。また、眼科手術室用顕微鏡は固定式または調整式で、いくつかのモデルには双眼鏡の 2 番目の観察セットがあります。これは、フォーカスメカニズムを独立して調整するのに役立ちます。

眼に関連する様々な病気の発生率の急増、外科医がより短時間でより正確にそのような処置を行うことを可能にするヘルスケアの技術的進歩など要因は、市場の成長を促進します。さらに、高齢者人口の増加と低侵襲性眼科手術の有効性により、予測期間全体で眼科手術室用顕微鏡の採用を促進すると予測されます。

2019 年に北米で行われた米国眼科学会の調査によると、約 2,440 万人が白内障に罹患しており、これは 2030 年までに 3,870 万人に達すると推定されています。しかし、製造およびメンテナンスの高いコストと関税の増加により、医療機器の輸入が制限され、2022ー 2030 年の予測期間中に市場の成長が妨げられます。また、病気の蔓延、眼科の研究開発への多額の投資の増加、眼科イメージングの進化と、進化 眼科手術室用顕微鏡の採用と需要の高まりなど要因は、予測期間中に市場の成長を促進すると予測されます。

市場セグメンテーション洞察

世界の眼科手術室用顕微鏡市場は、構成別 (キャスター、ウォール マウント、テーブル トップなど)、アプリケーション別 (レーシック、白内障手術、角膜移植手術など) エンド ユーザー別 (病院およびクリニック、外来手術センターなど) および地域別などによって分割されています。レポートは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

北米は、予測期間中に世界の眼科手術室用顕微鏡市場の最も高いシェアを保持すると予測

世界の眼科手術室用顕微鏡市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

北米は、増え続ける老年人口、眼科手術においては、眼科疾患を患う大規模な患者の存在の増加、十分に確立された医療インフラにより、市場シェアの点で世界をリードする/重要な地域です。一方、アジア太平洋地域も、2022- 2030 年の予測期間中に最大の成長率 / CAGR を示すと予想されます。

可処分所得の増加、病気の発生率の上昇、医療機器の製造を促進する政府のイニシアチブと、技術の進歩と医療インフラの改善により、アジア太平洋地域全体の眼科手術室顕微鏡市場に有利な成長の見通しを生み出します。

世界の眼科手術室用顕微鏡市場は、地域に基づいてさらに区分されます。

  • 北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • 中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

主要企業
世界の眼科手術室用顕微鏡市場における業界のリーダーはCarl Zeiss Meditec AG、Leica Microsystems、Karl Kaps GmbH & Co. KG、Seiler Instrument, Inc.、Takagi Ophthalmic Instruments Europe Ltd.、Alcon (Novartis)、ORION MEDIC、HAAG-STREIT GROUP、Rexxam Co., Ltd.、Novartis AGなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。さらに、レポートは、主要なプレーヤーの収益、企業が提供する製品、およびいくつかの主要な財務指標に関する計算分析を提供します。また、企業の本社、設立年、従業員の総数、企業の概要、企業が取った事業戦略など、その他のいくつかの支援情報も市場のレポートに含まれています。

[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/global-ophthalmic-operating-room-microscope-market-/10347478

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。