予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

【地域貢献】世田谷自然食品が世田谷区社会福祉協議会に食品を寄付。子どもの孤食・欠食を減らす活動や高齢者施設で役立てられる。

世田谷自然食品のプレスリリース

株式会社 世田谷自然食品(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:河西 英治)は2022年7月22日、世田谷区社会福祉協議会に米菓2,230食(約886万円相当)を寄付しました。これらは同協議会を通じて世田谷区の運営する「子ども食堂」や高齢者施設などに配布されます。

  • 本件のポイント

●世田谷区社会福祉協議会を通じて世田谷区の子ども食堂、高齢者施設などに自社の米菓を寄付。
●子ども食堂は子どもたちの「孤食」「欠食」などを減らすための地域活動。
●配りやすさと保存性を考慮し、米菓の寄付に至った。2022年6月に発売開始された自信の逸品であり、地元世田谷のみなさまにもぜひ味わっていただきたい、という想いも。

 

  • 寄付の背景

私たちの事業活動は人に支えられ、地域に支えられているという考えのもと、これまでもコロナウイルスと闘う医療従事者への支援や地域の清掃活動、来日ウクライナ避難者への支援など、社会への恩返しとしての取り組みをおこなってきました。世田谷区福祉協議会への食料寄付もその活動の一環として、世田谷区の「孤食」「欠食」を少しでも減らそうという取り組みに共感し、寄付に至りました。
当社は今後も環境や人、社会への貢献活動を継続していく所存です。
 

  • 子ども食堂とは?

世田谷区は一般的に高所得者が多いイメージを持たれる地域ですが、実は人口が非常に多く※、様々な人が暮らしています。生活困窮者にあたる人も決して少なくないのが現状です。行政機関や社会福祉法人などが中心となり、こうした現状の改善に取り組んでいます。
子ども食堂は、共働き家庭やひとり親家庭などで遅くまでひとりで過ごす子どもたちの「孤食」、経済的理由による「欠食」などを少しでも減らすため、無料または安価な料金で食事の提供等を行う地域活動です。
世田谷区内に約60か所ある子ども食堂では、小学生を対象に月1回~2回程度、食事の提供や食品の配布が行われています。
※2022年7月1日時点で917,718人(世田谷区HP掲載の住民基本台帳に基づく調査より)
 

  • 米菓について

今回寄付した米菓は、2022年6月よりサービスを開始した「特選おやつの定期便」(おやつのサブスク)のために開発した商品です。包装が小分けになっているため配りやすい、暑い時期でも品質を保ちやすい、腹持ちが良いなどの理由から、今回の寄付に適していると考えました。
弊社自信の逸品を、地元である世田谷のみなさまに味わっていただける機会ですので、喜んでいただければ幸いです。
商品詳細:https://www.shizensyokuhin.jp/products/detail.html?prod_id=65131&c_cd=001004
 

  • 世田谷自然食品について

世田谷自然食品はサプリメント、食品、化粧品を扱う通販企業です。
2001年の設立以来、「自然のちから」を活かす商品づくりを大切にしてきました。
安心・安全であることはもちろん、美味しく、そして心豊かになるような商品をお届けし、暮らしの様々なシーンでお客様に寄り添っていきたいと考えています。

世田谷自然食品 会社概要
社名:株式会社 世田谷自然食品
設立:2001年7月
本社:〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-10-1
代表者:代表取締役社長 河西 英治
資本金:5,000万円
事業内容:健康補助食品・自然派化粧品・自然派食品の通信販売

世田谷自然食品コーポレートサイト
https://www.s-shizensyokuhin.com
世田谷自然食品公式通販サイト
https://www.shizensyokuhin.jp/

Twitter:https://twitter.com/STGYSS_Official/
Instagram:https://www.instagram.com/setagaya_shizen_syokuhin/
Facebook:https://www.facebook.com/shizensyokuhin/
YouTube:https://www.youtube.com/user/shizensyokuhin/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。