永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

12歳以下の世界一を決める国際サッカー大会「ダノンネーションズカップ」の日本予選 ダノンネーションズカップ2019 in JAPAN 福島会場予選 大会アンバサダー 前園真聖氏がJヴィレッジに来場決定! ~約7年半ぶりに再始動したJヴィレッジにて、福島から世界を目指すチームを応援~

ダノンネーションズカップ実行委員会のプレスリリース

 ダノンネーションズカップ実行委員会は、2019年2月3日(日)にJFAナショナルトレーニングセンター  Jヴィレッジ(福島県双葉郡)で開催される「ダノンネーションズカップ2019 in JAPAN福島会場予選」に大会アンバサダーで元サッカー日本代表の前園真聖氏が来場することを決定いたしました。
 初の福島県での予選開催となる今回、大会アンバサダーの前園氏はグループリーグならびに本大会出場決定戦を観戦するほか、表彰式でのプレゼンターを務め福島会場より世界を目指すチームを応援していただきます。
 前園氏は福島会場予選来場にあたって、「ダノンネーションズカップとして初めて福島で予選を開催するということで僕自身も会場に行けることをとても楽しみにしています。今回出場するチームの中には、過去に優勝経験があるチームも参加すると聞いていますので、とてもレベルの高い予選になると思います。福島県から参加するチームにも期待していますが、何よりもJヴィレッジから世界に行くチームが出ることを楽しみにしています。」とコメント。2011年の東日本大震災以降、昨年7月に約7年半ぶりに再始動したJヴィレッジで開催される今回の福島会場予選について、思いを語りました。
 前園氏は今後、大会アンバサダーとして自身のSNSやブログを通じて大会の情報を発信していくほか、今回の福島会場予選だけでなく、3月に駒沢オリンピック公園総合運動場で実施する本大会にも来場していただき、決勝戦の解説や表彰式でのプレゼンターを務めていただく予定となっております。
また今回の福島会場予選では、福島県内から6チームが参加するほか過去に優勝経験のある川崎フロンターレU-12や柏レイソルU-12、またJリーグの下部組織チームからは東京ヴェルディジュニアや浦和レッドダイヤモンズジュニア、名古屋グランパスU-12など、北海道、東北、北陸、関東、中部エリアの1都1道13県より、全32チームが参加いたします。
 「ダノンネーションズカップ2019 in JAPAN」では福島会場予選が終了次第、本大会への出場進出全チームが決定し、日本代表の座をかけて2019年3月に本大会を実施いたします。本大会を勝ち抜いた男女各1チームは、今年100周年を迎えるダノンのヨーグルト事業発祥の地であるスペイン・バルセロナで開催される世界大会への出場権を獲得します。

■「ダノンネーションズカップ2019 in JAPAN」福島会場予選  大会概要
大会日程:2019年2月3日(日)
大会会場:JFAナショナルトレーニングセンター Jヴィレッジ(福島県双葉郡楢葉町山田岡美シ森8)
参加チーム数:男子32チーム ※組み合わせは本大会実行委員にて事前に決定する

■「ダノンネーションズカップ2019 in JAPAN」福島会場予選 当日タイムスケジュール
09:30            開会式
                      代表挨拶
                      選手宣誓
                      集合写真撮影
10:00            グループリーグ開始
13:00            前園氏来場
14:55            グループリーグ終了 ~ 本大会出場決定戦組み合わせ抽選
15:20            本大会出場決定戦 開始
16:05            本大会出場決定戦 終了
16:15            表彰式
※内容やスケジュールは、予告なく変更となる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

■「ダノンネーションズカップ2019 in JAPAN」本大会進出決定チーム
〈男子〉
大阪会場予選
新座片山フォルティシモ少年団(埼玉)、FCシエロ(愛知)、高槻南AFC(大阪)、オオタフットボールクラブ(岡山)
埼玉会場予選
鹿島アントラーズジュニア(茨城)、バディサッカークラブ(東京)、あざみ野FC(神奈川)、横浜F・マリノスプライマリー(神奈川)
福岡会場予選
BUDDY・FC(福岡)、ブレイブス熊本ジュニア(熊本)、MSSジュニア(大分)、ドリームキッズサッカークラブ(大分)
抽選応募チーム
リベロ津軽SC U-12(青森)、大宮アルディージャジュニア(埼玉)、なかまちFC(東京)、港南FC(東京)、
清水エスパルス U-12清水(静岡)、イーストールFC(愛知)、伊勢 YAMATO FC Jr(三重)、LSAFC(大阪)
昨年度ベスト8枠
栃木SCジュニア(栃木)、ヴァンフォーレ甲府U-12(山梨)、Wings U-12(千葉)、江南南サッカー少年団(埼玉)、
レジスタFC(埼玉)、大阪市ジュネッスフットボールクラブ(大阪)、セレッソ大阪U-12(大阪)、サンフレッチェ広島ジュニア(広島)
 
〈女子〉
大阪会場予選
桐原東少年サッカークラブ(滋賀)、Piscarisa 堺 レディースFC(大阪)
埼玉会場予選
千葉中央FC U12ガールズ(千葉)、バディフットボールクラブ(東京)
抽選応募チーム
セレソン群馬ヴァリエンテス(群馬)、戸木南ボンバーズFC(埼玉)、東加平キッカーズ女子(東京)、新林レディース(神奈川)、
SHガールズ(神奈川)、金沢ガールズ(神奈川)

■ダノンジャパンについて http://www.danone.co.jp
ダノンは1980年に「味の素ダノン株式会社」として日本市場に初めて参入し、1992年に「カルピス味の素ダノン株式会社」を設立しました。2007年に100%子会社としてダノン傘下に入り、社名を「ダノンジャパン株式会社」に改めました。ダノンの日本法人であるダノンジャパン株式会社は、チルド乳製品では「ダノンオイコス」「ダノンデンシア」「ダノンビオ」「ダノンヨーグルト」「プチダノン」「ベビーダノン」、ウォーターでは「エビアン」のような飲食製品を提供しています。
また、ダノンジャパン株式会社では、2018年4月12日、 新たな  原材料調達・開発方針として、(1)安全性、おいしさ、栄養価を保ちながら原材料の見直しに取り組んでいく「素材へのこだわり」、(2)徹底した「原材料に関する情報発信」、(3)「日本のお客様の栄養ニーズに応える製品開発」の3つを「ダノンジャパンのお約束」として発表しました。詳しくは、以下のウェブサイトをご参照ください。
「ダノンジャパンのお約束」:http://www.danone.co.jp/company/pledge/

■ダノンについて www.danone.com
ダノンは、世界120以上の市場で事業展開している飲食料業界のグローバル・リーダーです。「より多く  の人々に食を通じて健康をお届けする」という企業理念を掲げ、チルド乳製品と植物由来の製品(世界第1位)、ウォーター(世界第2位)、乳幼児向け食品(世界第2位)、医療用栄養食(欧州第1位)の4事業を展開しています。  「私たちの健康と健全な地球は繋がっている」という強い信念のもと、ダノンは「One Planet. One Health」  というビジョンを掲げ、より健康で持続可能な食生活に新風を吹き込むことを目指します。ダノンは健康 に関する事業に軸足を置き、効率的で責任のある事業運営を通じて持続可能な価値を創造し、共有することに注力しています。また、事業運営では高い基準に則り、初めてBコーポレーションに認証される 多国籍企業の一社になることを目標にしています。2017年の売上は247億ユーロでした。ダノンには、国 際的に認知度の高いブランド(「アクティビア(日本では「ダノンビオ」として販売)」「アクティメル」「アルプ  ロ」「アプタミル」「ダネッテ」「ダノニーノ」「ダニオ」「エビアン」「ニュートリシア」「ニュートリオン」「ボル ヴィック」など)や、ローカルブランド(「アクア」「ブレディナ」「ボナフォン」「カウ・アンド・ゲート」「ホリゾーン  オーガニック」「マイゾーン」「オイコス」「プロストヴァシキーノ」「シルク」「ヴィーガ」など)があります。 ダノンは、NYSE  ユーロネクスト・パリ証券取引所と、米国預託証券プログラムを通じて、OTCQX に上場 しております。「ダウジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」「ヴィジオ」「エティベル・サステナビリ  ティ・インデックス」「MSCI グローバル・サステナビリティ」「MSCI・グローバル・SRI・インデックス」「フィッ チー・フォー・グッド・インデックス」といった主要な社会的責任投資インデックスに選出されています。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。