セブンイレブン『一風堂監修 博多とんこつラーメン』発売

フルーティーな甘酸っぱさで濃厚チョコがもっと美味しく! 芸能人御用達の洋菓子店、パティスリー レザネフォールが バレンタインに喜ばれること間違いなしの 「スフレ・オ・ショコラ フランボワーズ」を限定販売!

株式会社レザネフォールのプレスリリース

恵比寿・中野で洋菓子店「パティスリー レザネフォール」を運営する株式会社レザネフォール(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:菊地 賢一)では、しっとりとして濃厚な味わいが人気のチョコレートスフレケーキ、「スフレ・オ・ショコラ」の期間限定フレーバーとして、「スフレ・オ・ショコラ フランボワーズ」を発売いたします。本商品は恵比寿本店とオンラインショップで、3月31日(日)までの期間限定販売となります。恵比寿店にて地方配送を承ります。中野店では通常のスフレ・オ・ショコラのみの取り扱いとなります。

スフレ・オ・ショコラ フランボワーズ

パティスリー レザネフォールのスフレ・オ・ショコラ
http://lesanneesfolles.jp/lp.html

期間限定スフレ・オ・ショコラ フランボワーズ お買い物ページ
http://www.lesanneesfolles.jp/shop/item/itemreco/198

■バレンタインにもピッタリ!果実味あふれる「スフレ・オ・ショコラ フランボワーズ」とは
元々の「スフレ・オ・ショコラ」は、フランス産カカオ70%のチョコレートを絹のようなメレンゲとあわせてオーブンでしっとりと焼き上げた、繊細な口溶けと濃厚なショコラの味わいが特徴のスフレですが、今回期間限定で販売する「スフレ・オ・ショコラ フランボワーズ」には、マダガスカル産カカオ64%のチョコレートとフランボワーズを使用し、通常の「スフレ・オ・ショコラ」よりも果実味が強く、鼻に抜ける上質な香りを楽しんでいただくことができます。このチョコレートは華やかなベリーの香りのする原産地限定のカカオ豆からできたもので、甘酸っぱいフランボワーズとショコラの濃厚な味わいと香りとが贅沢な本商品は、元々がベリー系の赤い果実などと合わせて食べても相性が良い商品ですので、手軽にその美味しさを味わうことができるのもポイントです。

またこの「スフレ・オ・ショコラ フランボワーズ」は甘酸っぱいフランボワーズとチョコレートの華やかなフルーティーさのため、特にバレンタインデーにはぴったりの商品に仕上がりました。ご家族やご友人、恋人同士でぜひお召し上がりください。商品販売は3月31日(日)までを予定しておりますが、バレンタイン時期には品薄になることも想定されますので、お早目のご予約をいただければ確実です。

■商品情報
スフレ・オ・ショコラ フランボワーズ:2,400円(税別)
賞味期限              :14日間(冷蔵)

■パティスリー レザネフォールについて
東京都内にて2店舗を展開する洋菓子店で、2012年11月に恵比寿本店をオープン、2018年4月に2店舗目となる中野店をオープンいたしました。様々なメディアに取り上げられたり、恵比寿本店は芸能人の利用も多くいただいたりと、人気を博しています。
「Les Annees Folles(レザネフォール/※)」とは、フランスの1920年代を指す言葉です。19世紀末から第一次世界大戦前に、パリが繁栄した華やかな時代とその文化を「Belle Epoque(ベル・エポック/※)=良き時代」と呼びますが、これに対して第一次大戦後、世界大恐慌が勃発するまでの1920年代は「狂乱の時代」とも呼ばれ、ピカソやコクトー、ココシャネルといった数多くの文化人が活躍し、クラシックスタイルからモダンスタイルへ移行していく自由と活気に満ちた繁栄の時代でした。「温故知新」、「レトロモダン」をテーマに、パティシエ 菊地 賢一が様々なフランス菓子の伝統と革新を表現していくパティスリーです。

※“Annees”のひとつめの“e”と“Epoque”の“E”は、正式には文字の上部に「´(アキュート・アクセント)」がつきます。

■パティシエ 菊地 賢一の紹介
恵比寿と中野、東京都内に2店舗を構えるパティスリー レザネフォールのオーナーシェフ。
有名洋菓子店アルパジョン、ヴォアラや、ホテルパークハイアット東京にて実績を積み上げるとともに、コンクールやデザートなどあらゆる洋菓子テクニックに取り組む。海外ではシンガポールで研修の後フランスへ。在仏中、フランス三大コンクール「ガストロノミックアルパジョンコンクール」優勝。
2009年に帰国後、東京自由が丘ガトーナチュレールシュウにてシェフパティシエを務める傍らで、製菓学校講師や製菓関連企業アドバイザーとしても活動。2012年、開業を前に再度渡仏、パリのトップパティシエであるセバスチャン・ゴダールの下で菓子作りを学び、同年11月、パティスリー レザネフォール恵比寿本店をオープン。2016年より公益社団法人東京都洋菓子協会の技術指導員、全日本洋菓子工業会 PCG編集委員。毎日の店の菓子作りに加え、プロ向けの講習会講師、学校講師、企業アドバイザーの仕事、ケータリングや百貨店催事など、活動の幅を広げている。

■店舗概要
店名  : パティスリー レザネフォール 恵比寿本店
所在地 : 〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-21-3
営業時間: 10:00~22:00
電話番号: 03-6455-0141
メール : info@lesanneesfolles.jp

店名  : パティスリー レザネフォール 中野店
所在地 : 〒165-0026 東京都中野区新井5-5-10
営業時間: 9:00~20:00
電話番号: 03-3386-8633
メール : nakano@lesanneesfolles.jp

■会社概要
株式会社レザネフォール
代表取締役: 菊地 賢一
所在地  : 〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-21-3
URL    : http://lesanneesfolles.jp/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。