【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

おうち鍋の「肉が足りない問題」を解決!  ヤマサ「うま肉鍋つゆシリーズ」新Web CM 『令和版桃太郎一家の鍋事情  ~桃生まれ、肉育ち!今日からおまえは肉太郎!~』篇  2022年10月3日(月)から公開

ヤマサ醤油株式会社のプレスリリース

ヤマサ醤油株式会社は、ヤマサ「うま肉鍋つゆシリーズ」の新Web CM『令和版桃太郎一家の鍋事情~桃生まれ、肉育ち!今日からおまえは肉太郎!~』篇を、10月3日(月)より、自社ホームページ及びYouTube公式チャンネルにて公開いたします。

令和版桃太郎

#お肉ドカンで家族、大満足!

■うま肉鍋つゆ スペシャルサイト
https://www.yamasa.com/umaniku-nabe/
■ヤマサ醤油 YouTube公式チャンネル
https://www.youtube.com/user/yamasashouyu

■新Web CM
いつものお肉がジュワッとジューシーに大変身する、ヤマサ「うま肉鍋つゆシリーズ」。お肉たっぷり!野菜もしっかり!で、家族大満足なストレートタイプの鍋つゆです。

ヤマサ醤油の調査により、なんと男子高校生の80.6%が「お肉たっぷりの鍋を食べたい」と思っていたことが判明しました。令和の時代、男子高校生として暮らす桃太郎もそのひとり。しかしおばあさんは桃太郎の栄養バランスを考えて、野菜メインの鍋を出す日々…そんなすれ違う家族の思いをひとつにするのが、ヤマサ「うま肉鍋つゆシリーズ」。家族の健康を想うおばあさんに、思わず共感してしまう内容となっています。

ポイントは、いつものお肉で大満足できること。鍋に、パックからお肉を直接ドカン!と入れるだけで、旨みたっぷりのつゆがジュワッとしみる、大人も子どもも大満足な肉鍋が完成します。

ヤマサ「うま肉鍋つゆシリーズ」は、全部で3種類。
どんな肉にも合うオールマイティな新フレーバー『ヤマサ うま肉鍋つゆ にごり鰹だし』、豚ばら肉と相性抜群な『ヤマサうま豚鍋つゆ 焦がし醤油』、そして鶏肉がコク深く仕上がる『ヤマサ うま鶏鍋つゆ 濃厚白みそ』が揃っています。

■調査概要
ヤマサ醤油は男子高校生のおうち鍋に関する意識について、「『うちの鍋』意識調査」を実施したところ、80.6%(5人中4人)の男子高校生が「お肉たっぷりの鍋を食べたい」と回答。予算と栄養のバランスを考える作り手の想いとは裏腹に、鍋にたくさんのお肉を求めていることがわかりました。「お肉たっぷりの鍋を食べたい」と答えた理由として、「お肉が大好きだから!」「他の鍋よりも美味しそうに見えるから。」「食べ応えがあり、満腹感に溢れるため。」といった声があげられました。
さらに好きな鍋は? という質問では、1位しゃぶしゃぶ、2位すき焼き、3位キムチ鍋という結果になりました。やはり肉メインの鍋が上位にあがり、育ちざかりの多くがお肉たっぷりの鍋を好んでいることがわかりました。

調査結果は公式サイトにも掲載しています。 https://www.yamasa.com/umaniku-nabe/

※当社調べ。
調査期間 :2022年6月18日~6月21日
調査対象 :全国、高校生~高等専門学生のうち男性
有効回答数:93
調査方法 :インターネット調査

■Web CM ストーリー
ヤマサ「うま肉鍋つゆシリーズ」
『令和版桃太郎一家の鍋事情~桃生まれ、肉育ち!今日からおまえは肉太郎!~』篇
いつも通り、野菜たっぷりな鍋を用意するおばあさん。食卓を前にうつむく桃太郎が口にしたのは、「肉…足りなくない?」。この一言におばあさんは衝撃!思わず心の内を吐露してしまいます。お肉にこだわる桃太郎に対し、「お前は桃太郎じゃなくて、肉太郎か~い!!!」なんて名言も生まれる始末!栄養バランスや家計を考慮して毎日の献立を考えているおばあさんの苦悩と、育ち盛りな桃太郎の正直な気持ちは、どちらが悪い訳でもなくすれ違ってしまっていたのです…。
この事態に、桃太郎は“肉鍋”という解決策を提案!ヤマサ「うま肉鍋つゆシリーズ」ならいつものお肉で大満足できることを、桃太郎は知っていたのです。そして桃太郎は、おばあさんもお肉が大好きなことを忘れていませんでした。桃太郎の思いにおばあさんも我に返って感動の涙が…。最後はふたり仲良く「#お肉ドカン」して、日本一の肉鍋をみんなで囲んだのでした。

令和版桃太郎

おばあさん「肉太郎か~い!」

いつものお肉で超おいしい

#お肉ドカンで家族、大満足!

■「#お肉ドカン」とは?
いつものお肉で大満足なヤマサ「うま肉鍋つゆシリーズ」で作る鍋を、よりカンタンにする調理法のこと。
鍋が沸騰したらパックからそのままお肉をドカン! と入れて煮るだけで、おいしい肉鍋が出来上がります。

「お肉ドカン」とは?

■制作エピソード
調査結果からわかった、男子高校生の「お肉たっぷりの鍋を食べたい」という本音と、栄養バランスや家計を考慮しながら毎日の献立を考える作り手の気持ちのすれ違いを、馴染みのある昔話・桃太郎の登場人物と掛け合わせてストーリーに仕立てました。

イラストは、昔話や歴史上の人物も多く描かれている伊野 孝行(いの たかゆき)さん。リメイクにふさわしく、普段の桃太郎からは想像のつかなかった、ポップな色合いとチャーミングな表情で仕上げていただきました。
伊野さんの素敵なイラストに、思わず見入ってしまう魅力的なアニメーションが施され、セリフ収録も感情豊かに行われました。桃太郎の「Yes…!」という名言などアドリブも飛び出し、制作スタッフも大盛り上がりの現場でした。

鍋が主役!?の愉快な『令和版桃太郎』。桃太郎とおばあさんに加えて、一緒に暮らすイヌ、サル、キジのかわいらしい動きにも注目です。

肉太郎「Yes…!」

肉太郎「肉うま!」

<イラストレーター:伊野 孝行(いの たかゆき)>
1971年三重県生まれ。東洋大学卒業。セツ・モードセミナー研究科卒業。
講談社出版文化賞、高橋五山賞、グッドデザイン賞を受賞。
Eテレ「オトナの一休さん」「昔話法廷」などの作画を担当。
著書は『となりの一休さん』(春陽堂書店)『画家の肖像』(ハモニカブックス)ほか、絵本の共著に『おしらさま』(汐文社)『ふりかけのかぜ』(福音館書店)などがある。最新刊は、南 伸坊氏との対談『いい絵だな』(集英社インターナショナル)。

■『令和版桃太郎一家の鍋事情~桃生まれ、肉育ち!今日からおまえは肉太郎!~』篇 73秒

令和版桃太郎一家の鍋事情1

令和版桃太郎一家の鍋事情2

令和版桃太郎一家の鍋事情3

■スタッフリスト
企画           :株式会社読売広告社
クリエイティブディレクター:星山 知佳(株式会社読売広告社)
プランナー        :山本 竜童(株式会社読売広告社)
プランナー        :菊川 晴子(株式会社読売広告社)
プロデューサー      :馬場 甫(株式会社TYO)
プロダクションマネージャー:濱野 智美(株式会社TYO)
ディレクター       :吉野 耕平
イラスト         :伊野 孝行
アニメーター       :幸 洋子
声(桃太郎)        :小林 千晃
声(おばあさん)      :真山 亜子

【ヤマサ醤油株式会社の概要】
・本社所在地: 〒288-0056 千葉県銚子市新生町2-10-1
・代表者  : 代表取締役社長 石橋 直幸
・創業   : 正保2年(1645年)
・設立   : 昭和3年(1928年)11月
・従業員数 : 861名(2021年12月現在)
・事業内容 : 1. 醤油の製造・販売
        2. 各種調味料の製造・販売
        3. 医薬品類の製造・販売
        4. その他
・売上高  : 577億円(2021年12月期)
・URL    : https://www.yamasa.com/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。