【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

DOM PÉRIGNON × LADY GAGA ドン ペリニヨン ロゼ ヴィンテージ 2008 レディー・ガガ 限定ギフトボックス 主要百貨店で今冬より順次発売

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社のプレスリリース

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社(東京都千代田区神田神保町)は、取り扱いブランド ドン ペリニヨンより、「ドン ペリニヨン ロゼ ヴィンテージ 2008 レディー・ガガ 限定ギフトボックス」を、主要百貨店で2022年11月2日より順次発売いたします。

ドン ペリニヨンとレディー・ガガのクリエイティブなコラボレーションは今年も続きます。張り詰められた緊張感の中にハーモニーを発見し、両極端で二面性のある作品を創造するという共通の思いを実らせ、新たな命を吹き込みました。

自分自身と自らの物語を創造すること。そして何度も物語を紡ぎ続けること。これはドン ペリニヨンがすべてのヴィンテージで体現しており、レディー・ガガが無限のエネルギーで実現していることです。

ドン ペリニヨンの物語はその年を象徴するヴィンテージの個性と時間を超越したハーモニーの対話です。新鮮さと熟成感のパラドックス、そして光と闇の調和をつづります。レディー・ガガの物語はアイコニックでありながら前衛的なスタイルの間に存在するパラドックスを象徴します。古典的なルールにとらわれず常に冒険を重ねることでクリエイティビティの限界を押し広げます。

クリエイティブな緊張感の中で生まれた限定デザイン
2022年の限定ボトルは、ドン ペリニヨンとレディー・ガガ- 両者のクリエイターの自己拡張をテーマに、張り詰められた緊張感の中で生まれるハーモニーを表現しています。この限定ギフトボックスのデザインは、自らのフォルムから逃げ出すかのように内側から押し出され、膨らんだメタリックな質感が優美な印象を与えます。
両者のクリエイターが生み出す、新たなコラボレーションを是非お楽しみください。

ドン ペリニヨン ロゼ ヴィンテージ 2008
ドン ペリニヨン ロゼに選ばれたシャンパーニュは自由の証です。慣習にとらわれず創造の限界を突き破る自由への探求から生まれます。野生の輝きを放つピノ・ノワールの“赤”をまとい、メゾンが誇る大胆なアッサンブラージュ*の中に力強さとあふれる生命力をとらえています。

ドン ペリニヨン ロゼ ヴィンテージ 2008の香りは、瞬時にラズベリーと野イチゴのブーケが広がり、アヤメとスミレの香りが柔らかく融合しゆっくりと続きます。その後、吸い込んだ芳香の中にイボタノキ、アンゼリカ、クスノキなど緑の香りのニュアンスが全体に広がります。味わいは、ヴィンテージを特徴づける酸味がピノ・ノワールの骨格を包み込み、そして華やかに彩ります。最後に力強い牡丹とホワイトペッパーの余韻が続きます。
*ブレンディング

 

ドン ペリニヨン ロゼ ヴィンテージ 2008 レディー・ガガ 限定ギフトボックス商品概要
商品名  :ドン ペリニヨン ロゼ ヴィンテージ 2008 レディー・ガガ 限定ギフトボックス
     Dom Pérignon Rosé Vintage 2008 LADY GAGA Limited Edition Gift Box
度数:12.5度
容量:750ml
希望小売価格:55,500円(税抜)/61,050円(税込)
販売時期:2022年11月2日より主要百貨店にて順次販売開始予定

「ドン ペリニヨン ロゼ ヴィンテージ 2008」テイスティングノート
2008年の気候と収穫
2008年は、どんよりとした雲に覆われた日が多く、好天に恵まれ続けたこれまでの10年間の中では極めて異例の天候となりました。春・夏ともに厳しい日照不足と低気温に見舞われましたが、例年より遅く訪れた9月の恵まれた晴天が奇跡的にもヴィンテージを救いました。ブドウの収穫が始まった9月15日には、晴天と北/北東の風続き、最終的に完璧なコンディションとなりました。この思いがけない気候の恩恵を生かすため、ブドウの収穫作業は長期間に渡って行われました。ブドウの成熟度は予想をはるかに超え、未だかつてない高い水準のバランスのとれた健全なワインとなりました。
香り
瞬時にラズベリーと野イチゴのブーケが広がり、アヤメとスミレの香りが柔らかく融合しゆっくりと続きます。吸い込んだ芳香の中に、イボタノキ、アンゼリカ、クスノキなど緑の香りのニュアンスが全体に広がります。
味わい
口に含むと、フルボディな味わいとシルクのような舌触りが全体を包み込み、次第に大胆な存在感を放っていきます。ヴィンテージを特徴づける酸味が、ピノ・ノワールの骨格を包み込み、そして華やかに彩ります。最後に力強い牡丹とホワイトペッパーの余韻が続きます。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。