【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

ガリガリ君のお姉さん、シャキ子さんが帰ってきた!今年は2つの味が楽しめる!売上の一部を全国の「こども食堂」支援のために寄付いたします。「シャキ子さんブルーベリー&りんごヨーグルト味」

赤城乳業株式会社のプレスリリース

 赤城乳業株式会社(本社:埼玉県深谷市、社長:井上創太)は、「シャキ子さんブルーベリー&りんごヨーグルト味」を2022年11月8日(火)より全国発売いたします。

 「シャキ子さんブルーベリー&りんごヨーグルト味」は、ヨーグルト味アイスの中にブルーベリー果肉とりんご果肉をそれぞれ混ぜ込んだ2層仕立てのアイスバーです。シャキ子さんは、看護師を目指す心優しいガリガリ君のお姉さんです。アイスを食べることでシャキッと元気に明るい気持ちになってほしい。そんな願いを込めて、シャキッと食感のりんご果肉と、今年は新たにブルーベリー果肉、そしてビフィズス菌BR‐108を配合した商品を開発いたしました。
 また、商品を通して、未来を担う子ども達の健やかな成長や、地域活性化を支援するために、認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ(所在地:東京都新宿区、理事長:湯浅誠)に、 「シャキ子さんブルーベリー&りんごヨーグルト味」の売上の一部を寄付いたします。

 赤城乳業は「あそびましょ。」の企業メッセージをお客様に伝えるため、もっと手軽に楽しんでもらえる新しいアイスクリームの提案をしていきます。

■シャキ子さん ブルーベリー&りんごヨーグルト味
希望小売価格 :162円(税込)
種類別    :ラクトアイス
容量     :85ml
エネルギー  :120kcal
発売日    :2022年11月8日(火)~
発売エリア  :全国

■こども食堂とは
「こども食堂」とは、子どもが一人でも行ける無料または低額の食堂です。「地域食堂」「みんな食堂」という名称のところもあり、民間発の自主的・自発的な取組みです。こども食堂の数は増加を続けており、現在その数は全国で約6,000箇所にものぼっています。
こども食堂は、月1回開催のところから365日3食を提供しているところまで、数人を対象としているところから毎回数百人が集まるところまで、実に多様です。目的も、おなかをすかせた子どもへの食事提供から、孤食の解消、滋味豊かな食材による食育、地域交流の場づくりと、さまざまです。

こども食堂の箇所数

(認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ、および地域ネットワーク団体調べ。2016年は朝日新聞社調べ)(認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ、および地域ネットワーク団体調べ。2016年は朝日新聞社調べ)

■認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ
こども食堂への支援を通じて、誰も取りこぼさない社会をつくるというビジョンを掲げ、こども食堂が「地域共生社会」の核となる存在に発展することを目的に活動しています。こども食堂の地域ネットワーク団体の立上げ・運営支援を行いこども食堂の普及を図るほか、企業や団体からの寄付仲介や協働事業などを行っています。また、全国唯一の箇所数調査などの調査研究事業を通じて、こども食堂についての啓発、広報も実施しています。それらを通じて、すべての人がこども食堂のような地域の居場所にアクセスできる状態の実現を目指しています。
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。