ペヤング新作『ペヤング たらこやきそば』2月6日(月)発売

ジャガー・ルクルト「Reverso 1931 Café 」が11/10-16の期間、六本木ヒルズにてオープン

リシュモンジャパン株式会社のプレスリリース

六本木ヒルズカフェ/スペースにて11/10-16の期間限定でオープンする「Reverso 1931 Café 」では、パティシエ・オブザ・イヤーに 2 度選ばれたパリを拠点とするパティシエのニーナ・メタイエによる特別なペストリーのコレクションのほか、ブルックリンを拠点とするレタリング アーティスト、アレックス・トロシュートがジャガー・ルクルトのために制作した新しいタイポグラフィ『1931 ALPHABET』ディスプレイ、さらには発売されたばかりの新作「レベルソ・トリビュート・デュオ・カレンダー」の展示もございます。

ジャガー・ルクルトが、アイコンピースをテーマにした
Reverso 1931 Café 」を六本木ヒルズにてオープン

2022年11月10日(木)より、ジャガー・ルクルトは、アールデコ デザインを象徴する時計『レベルソ』をテーマに、エレガントで心躍るニュースポット、「Reverso 1931 Café」 を六本木ヒルズのヒルズカフェ/スペースにてオープンいたします。レベルソが誕生した時代のアールデコスタイルと雰囲気を存分に堪能できるカフェとなっております。Reverso 1931 Caféでは、パリを拠点とするシェフでパティシエ・オブザ・イヤーに 2 度選ばれたニーナ・メタイエによる特別なペストリーのコレクションを楽しむことができます。アールデコの美学を反映したデザインとジャガー・ルクルトの本拠地であるスイスのジュウ渓谷からインスパイアされたフレーバーは、五感の旅にゲストを誘います。

エキシビジョンコーナーでは、ブルックリンを拠点とするレタリング アーティスト、アレックス・トロシュートがジャガー・ルクルトのために制作した新しいタイポグラフィ『1931 ALPHABET』も同時に発表されます。言語の視覚的可能性を利用して、タイポグラフィが何であるかという伝統的な考えを再定義したことで知られるアレックスは、新しいアルファベットの出発点としてアールデコに目を向けました。 大胆で現代的なスタイルと堅牢な彫刻のような品質を備えた新しいシグネチャー レタリングは、ジャガー・ルクルトのビジュアル アイデンティティにモダンな要素を加えました。

2022年から始動している、時計製造以外の多岐にわたる分野で活躍するアーティストや卓越した職人たちとコラボレーションを繰り広げる「Made Of Makers」プログラムは、同じ価値観と創造性のビジョンを分かち合う表現者のコミュニティとして、新しい交流を展開しています。ニーナ・メタイエと同様に、アレックス・トロシュートも「Made Of Makers」プログラムのコラボレーションとなっています。
 

[Reverso 1931 Café ]
日時:11月10日(木)~11月16日(水)10:30~20:00まで
*10日(水)のみ17:30から営業開始
場所:六本木ヒルズ ヒルズカフェ/スペース(ヒルサイド2F)
住所:東京都港区六本木6丁目10-1
お問合せ先:ジャガー・ルクルト 0120-79-1833

レベルソについて
1931 年、ジャガー・ルクルトは、20 世紀のデザインのクラシックとなるタイムピース、レベルソを発表しました。ポロの激しい試合にも耐えられるように作られており、すっきりとしたアールデコ調のラインと独自の反転式ケースを備えたこの時計は、瞬時に識別することができます。誕生から 90 年間、レベルソはアイデンティティに妥協することなく自らの存在を常に変化させてきました。50 種類以上のキャリバーが搭載され、何も描かれていないメタルの裏面はクリエイティブな表現のためのキャンバスとなり、エナメル、エングレービング、ジェムストーンなどで装飾が施されました。昨年、90 周年を迎えたレベルソは、変わることなく、その誕生にインスピレーションを与えた現代の精神を象徴し続けています。

アレックス・トロシュートについて
スペイン出身のタイポグラファー、イラストレーター、アーティストであるアレックス・トロシュートは、そのタイポグラフィに対する実験的なアプローチによって国際的にその名を知られるようになりました。過去および現在のポップカルチャー、ストリートカルチャー、ファッション、ミュージックからインスピレーションを得て、彼はビジュアルメディアとしての言語の可能性にフォーカスしています。そこでは、言葉を限界まで押し上げることによって、テキストとイメージが1つに統合された表現となります。2011年に発表された彼の作品集『More Is More』は、彼自身の作業方法や影響力を探求したものです。バルセロナ生まれのアレックスは、Elisava(バルセロナ スクール オブ デザイン&エンジニアリング)でグラフィックデザインを学び、ベルリンで2年間働いた後、再びバルセロナへと戻ってきました。2007年に独立して仕事を受けるようになり、その顧客には巨大コンシューマーブランドからローリング・ストーンズやケイティ・ペリーらが名を連ねています。アレックスは、2012年からニューヨークを拠点として活動しています。

ニーナ・メタイエ について フォルムとフレーバーの限界を押し広げる
独創性、芸術性、卓越した味わいが高い評価を得ているフランスのパティシエ、ニーナ・メタイエは、伝統的なパティスリーの技を新たな領域へ広げ、独特な芸術形式へ昇華させました。彼女はジャガー・ルクルトのカフェ1931のために、非常に美味しく、見た目も美しいペストリーのスペシャルメニューを作成しました。ジュウ渓谷を思い起こさせるフレーバーに不朽のアールデコのエレガントなフォルムが組み合わされた、見る人を楽しませてくれる傑作です。

「メイド・オブ・メーカーズ」について
2022年から始動した「メイド・オブ・メーカーズ」プログラムは、時計製造以外の様々な分野のアーティスト、デザイナー、職人たちのコミュニティを一つにまとめます。時計製造とアートの間に存在する対話を拡大するこのプログラムは、創造性、専門性、精度といったジャガー・ルクルトを常に定義してきた基本原則を土台としています。このプログラムは、ジャガー・ルクルトの価値を共有し、様々に異なる、時には予期せぬ素材や媒体を通じて、表現の新しい形を探求する作品作りをしているワールドクラスのクリエイターたちにフォーカスしています。毎年、プログラムを通じて制作される新作は、ジャガー・ルクルトが世界中で開催する展覧会を盛り上げ、選ばれたテーマを発展させ、ジャガー・ルクルトとの関わりを深め、アートや技巧、デザインに関する幅広い会話に加わる新しい機会を観客に提供します。

jaeger-lecoultre.com

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。