【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

11月6日解禁! 厳選3種のバラのブレンドエキス【食べるバラの専門店・玖島ローズ】Monthly Special(毎月6日発売の限定品) ご予約受付中

株式会社セボワールのプレスリリース

「食べるバラの専門店・玖島ローズ」を運営する株式会社セボワール(所在地:愛知県名古屋市、代表取締役:玖島悦子)は 毎月を新しい驚きとワクワクで食べるバラを楽しんでいただきたいと、”毎月6日をローズの日”とし、限定のバラスイーツのお届けを開始いたしました。 11月は 香りや特性の違う3種のバラをブレンドした香るバラのしずく(ローズシロップ)。食べるバラの専門店ならではの絶妙なブレンドをお楽しみください。

  •  

    食べるバラの専門店ならではの絶妙なブレンド

3種のバラをブレンドしたローズシロップ、スッキリとした味わいのなかにバラらしい華やかさを表現できました。3種のバラをブレンドしたローズシロップ、スッキリとした味わいのなかにバラらしい華やかさを表現できました。

6月2日は6と2の語呂合わせで「ローズ」と読めることから バラの花のもとに人々が集い、温かい平和な世の中になることを願って 感謝を伝える日「ローズの日」と2017年に一般社団法人・日本記念日協会により 認定登録されたものですが、
玖島ローズでは 毎月バラを食する優雅なひと時を通じ 自分自身を慈しむ機会を設けていただきたい、
また、毎月 新作を発表することにより もっとたくさんの方に 食べるバラの可能性を感じていただきたいと
を 新しい喜びとワクワクで食べるバラを楽しんでいただけるMonthly Specialを 2022年夏から始めました。

 

  • 毎月完売の人気商品

これまでに 出品したMonthly Sprcialは 
香るバラのクリスタリゼ
香るバラの琥珀等
香るバラのはちみつ
 

バラの花びら砂糖漬け 香るバラのクリスリゼ マンスリー終了後も復活のご依頼をいただきます。バラの花びら砂糖漬け 香るバラのクリスリゼ マンスリー終了後も復活のご依頼をいただきます。

 

香るバラの琥珀等 花びら砂糖漬けを寒天菓子の中に閉じ込めました。 豊かなシャリシャリの食感の中にさわやかなバラの香りと花びら香るバラの琥珀等 花びら砂糖漬けを寒天菓子の中に閉じ込めました。 豊かなシャリシャリの食感の中にさわやかなバラの香りと花びら

自社農園のある飛騨市の養蜂家の方から特別に分けていただいた日本ミツバチのはちみつにバラの花びら。自社農園のある飛騨市の養蜂家の方から特別に分けていただいた日本ミツバチのはちみつにバラの花びら。

すべてのシリーズが販売開始まもなく完売しております。

  • 11月のマンスリースペシャル

 

ローズシロップ”香るバラのしずく”は美容ドリンクとしても人気ですローズシロップ”香るバラのしずく”は美容ドリンクとしても人気です

 

宮崎県産ダマスクローズ&自社農園のウイリアムシェイクスピア2000&同じく自社農園のプリンセスマサコ宮崎県産ダマスクローズ&自社農園のウイリアムシェイクスピア2000&同じく自社農園のプリンセスマサコ

11月のマンスリースペシャルは 3種のバラをブレンドした ローズシロップ

1:香りのバラの女王 ダマスクローズ

2:爽快なオールドローズ系の強い香りを放つプリンセスマサコ

3:モダン・ダマスクの強い香りを放つウイリアムシェイクスピア2000

一口目はハッとした華やかな香り、ボディは3種のバラの香りが軽やかで賑やかなハーモニーを奏でる
食べるバラの専門店・玖島ローズならではの特別なブレンドに仕上がりました 。

 

  • 商品情報

3種のバラのブレンド
香るバラのしずく125g 2700円(税込み)
https://organicflower.jp/products/monthly-special-2022-11-6

通販は ご予約受付中(11月6日到着分は終了)
店舗(GINZASIX店、東急プラザ渋谷)では 11月6日より販売を開始いたします。

 

  • 玖島ローズでは パティシエが1本1本丁寧に手作りしています

 

パティシエが一本一本丁寧に手作りしています。パティシエが一本一本丁寧に手作りしています。

 農産物には 収穫時期や気候により香りも色もバラツキがあります。
玖島ローズでは 数値だけでは測れない微妙な調整を官能検査で行っています。

 

  • 使用方法

5〜8倍希釈で炭酸割りやカクテルとして、
アイスクリームやヨーグルトにそのままかけても彩り華やかで美味です。

 

 

 

 

ローズシロップ 1:炭酸5 おいしいロゼネードの出来上がりローズシロップ 1:炭酸5 おいしいロゼネードの出来上がり

 

  • 店舗情報

玖島ローズ GINZASIX店

GINZASIX 地下2階GINZASIX 地下2階

店舗名 : 玖島ローズ GINZA SIX店
住所: 東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX B2
電話番号: 080-4186-7769
最寄り駅: 銀座駅(日比谷線、銀座線)から徒歩3分
営業時間: 10:30~20:30
定休日:無し(館に準ずる)
席数 : テーブル席×2
ショップURL : https://organicflower.jp/
予約サイト:https://coubic.com/kushimaroseginzasix/booking_pages#pageContent
SNS:https://www.instagram.com/kushimarose_ginza/
通販 : 〇

玖島ローズ渋谷店

店舗名 : 玖島ローズ 渋谷店
住所: 東京都渋谷区道玄坂1丁目2−3 渋谷フクラス内 7F
電話番号: 03-6416-0717
最寄り駅: 渋谷駅(銀座線)から徒歩5分
営業時間: 11:00~21:00
定休日:無し(館に準ずる)
席数 : テーブル席×2 カウンター席×6
ショップURL : https://organicflower.jp/
SNS: https://www.instagram.com/kushimarose_shibuya/
通販 : 〇

※両店とも
カフェスペースではローズアフタヌーンティをお楽しみいただけるほか、
ロゼネード(ローズソーダ)、ロゼフロート(ローズクリームソーダ)などのテイクアウトドリンクもご提供中です。
自社農園にて無農薬栽培した食用バラで作ったスイーツやジャム、シロップなどのギフトもお買い求めいただけるGIFT コーナーも充実しています。

 

  • 株式会社セボワールとは

 

食べるバラを通じた美しい毎日の創造」 がミッションのもと、
食用バラの栽培、商品開発、ECサイト、百貨店催事での販売、ランチ会などのイベント企画運営をしています。
2022年1月に事業継承した人口855人の飛騨市河合町にある自社農園にバラ摘み体験などのイベントを通じた都市農村交流を促進していきたいと初参入である農業にも取り組んでおります。 私たちはこれからもお客様のバラ色の毎日のきっかけづくりとして サービスやアイテムを丁寧に開発・ご提供して参ります。

 

  

    本社所在地:愛知県名古屋市中村区大日町17-18
    代表取締役:玖島悦子
    事業内容:・食用バラの栽培、加工、卸
    ・食べるバラ及び、食べるバラを原料とした食品、スキンケア等の企画、販売
    ・食べるバラのランチ会などのイベント企画、運営
    設立:1982年4月2日
    HP:https://organicflower.jp/
    飛騨支社:岐阜県飛騨市河合町角川923
    GINZASIX POPUPストア:東京都中央区銀座6-10-1 GINZASIX地下二階
    東急プラザ渋谷店:東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス7階

     

    • ​食べるバラの専門店・玖島ローズ代表 玖島悦子 コメント

     

    ローズライフプロデューサー 玖島悦子ローズライフプロデューサー 玖島悦子

    無農薬の花との出会いは2008年
    38歳の誕生日に母がプレゼントしてくれた無農薬の花のエネルギーの強さに感動を覚えたことが始まりでした。
    のちに その理由が 農薬を使用せずに 本来の花の力だけで育ち咲き誇っていることを知ります。
    お花は 一般的に食用にしないので 栽培に農薬が多く使われ 土壌や水質を汚染しているのだと・・・その時
    光の柱が立ったような感覚がありました。
    「このことをみんなに伝えなくっちゃ」
    使命感に火が付きました。
    とはいえ、当時は 別の仕事をしていたため お花は専門外。
    売るあてもなく困り果てていたある日、ふと、
    「食べてみようかな」
    と、思いました。無農薬だから大丈夫だろうと。
    決して美味しい!とは 思いませんでしたが 食べた後にすごく気分が良くなったことを鮮烈に覚えています。
    この香りに私は癒されてしまったのです。
    その花を刻んでクッキーに入れたり、ケーキを焼いたり、シロップやジャムを作りました。
    近所のパティスリーに飛び込み、無農薬のバラを使って商品を作りたいと頼み込みました。
    シェフの協力を得て、シロップ、ジャム、スイーツなど数々のバラの食品が生まれていきました。
    日本ではまだ馴染みがありませんが、バラは国が違えば漢方として使われているということも学びました。
    もともとは 環境問題に取り組むつもりで始めた事業ですが、
    無農薬のバラを美味しいものに生まれ変わらせ 気軽に日常に取り入れていただく事により
    お客様がちょっと嬉しい毎日を送るためのきっかけ作りのお手伝いをさせていただけるようになっていることは
    玖島ローズを続けていく上での 大きな喜びです。
    玖島ローズは これからも ちょっと嬉しい毎日のきっかけ作りの機会を新鮮な喜びとともに
    お伝えし続けてまいります。

    Follow Twitter Facebook Feedly
    SHARE
    このページのURLとタイトルをコピー
    お使いの端末ではこの機能に対応していません。
    下のテキストボックスからコピーしてください。