【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

【東京都足立区】足立区の”おいしい給食”のヒミツを一挙公開。足立区制90周年記念特別企画として、11月12日(土)・13日(日)に区内大型商業施設・アリオ西新井で「足立区のおいしい給食フェア」を開催

足立区のプレスリリース

“日本一おいしい給食”を目指す東京都足立区。足立区では日々の給食を「生きた教材」と捉え、子どもたちの健康に生き抜く力を育む、様々な取り組みを行っています。
今回、区制90周年記念特別企画として、区内屈指の大型商業施設・アリオ西新井で「足立区のおいしい給食フェア」を開催。2日間限定で「足立区立アリオ学校」と題し、給食調理に使われている「大型回転釜」のまぜまぜ体験や、歴代給食のサンプルの展示、給食にまつわるミニ授業など、”体験して・見て・聞いて“楽しめるバラエティに富んだコンテンツを展開します。
さらに、企業との特別コラボ企画も同日開催。セブン-イレブン・ジャパンと足立区がコラボして今年6月に販売・大ヒットした商品、足立区の人気給食“えびクリームライス”と”こまツナサラダ”を期間限定で再販。そのほか、イトーヨーカドーのバックヤードを巡る“ちびっこ職場体験ツアー”、JA東京スマイルあだち菜の郷による足立区産の野菜販売など、足立区が掲げる「協創」の力でイベントを一層盛り上げます。

≪おいしい給食フェア in アリオ西新井≫
日時:令和4年11月12日(土)・13(日)午前10時から午後4時
場所:アリオ西新井1階 イベント広場(足立区西新井1-20-1)
※一部催しはアリオ西新井内の別会場で行われます。
https://www.city.adachi.tokyo.jp/gakumu/20221112_13oishiikyuusyoku.html
 

 

 

 

  • 2000人に聞きました。好きな給食メニュー

10月22日(土)・23日(日)、「あだち菓子博2022 in アリオ西新井」と同時開催で実施した、”好きな給食メニュー”2000人のアンケート結果を発表します。アンケートは、老若男女問わず幅広く実施。給食を食べている現役世代、昔食べていた給食ノスタルジー世代ごとに結果を発表します。1位に輝いたメニューは?!乞うご期待!

 

  • アリオ西新井イベント広場で2日間限定、”足立区立アリオ学校”開校!

①給食室エリア
   ・「大型回転釜」まぜまぜ体験
   実際に給食調理で使用されている、約250人分の調理が可能な「回転釜」のかきまぜ体験コーナーが登
   場。写真撮影もできます。

 ・給食の”ヒミツ”を一挙公開
  日々給食室で繰り広げられている妥協のない“給食づくり”の舞台裏や、足立区の食育・給食
  に関する取り組みなどをパネルで紹介します。

②教室エリア
 ・給食今昔サンプル等展示
  世代を象徴する給食の献立を、食品サンプルなどで振り返る「給食今昔」のコーナーを展開します。

③保健室エリア「健康チェック保健室」
 自分の健康リスクをチェック。推定野菜摂取量がわかる“ベジチェック”や、体組成計でからだ測定を実施。更に 
 保健士・栄養士からのアドバイスも。

 

  • 給食パンをプレゼント!給食クイズラリー

足立区の給食がおいしい理由は?給食に秘められた謎を解き明かすクイズラリー企画です。参加者には、給食でしか食べられない“小松菜パン”をプレゼント(各日先着500名、なくなり次第クイズラリーは終了)。
※イベント広場入口付近でクイズの台紙を受け取りご参加ください。

 

  • 企業との“協創”コラボ企画で一層イベントを盛り上げます。

①セブン-イレブン
 ・足立区のおいしい給食とのコラボ商品として6月に販売して話題となった、足立区オリジナルの人気給食メ
  ニュー「えびクリームライス」「こまツナサラダ」などを、区内のセブン-イレブンで11月8日(火)から約
  1カ月間期間限定で復活販売。さらにイベント当日はアリオ西新井に登場する”ミニ”セブン-イレブンでも販
  売します。
 ・セブン-イレブンの制服を着て記念撮影

②イトーヨーカドー
 ・バックヤードを巡る、「ヨーカドーのウラ側をのぞいちゃおう!“ちびっこ職場体験ツアー”」
    (事前申込制)
 ・イトーヨーカドーアリオ西新井店の”クッキングサポート”でのおいしい給食レシピ紹介

③JA東京スマイル あだち菜の郷
 小松菜など、足立区産の新鮮野菜を販売
 ※①③の物販は、売り切れ次第終了となります。
 
  ●詳細は足立区ホームページをご確認ください。
  https://www.city.adachi.tokyo.jp/gakumu/20221112_13oishiikyuusyoku.html

≪参考情報≫
■子どもたちの生き抜く力を育む「あだち食のスタンダード」
足立区では、中学校卒業までに身につけてほしい、健康に生き抜くための3つの実践力を「あだち食のスタンダード」と呼び、その定着を図っています。
給食や食育など「食」を通じて、子どもたちの未来を生き抜く力を育みます。
【あだち食のスタンダード】
①1日3食野菜を食べるなど、望ましい食習慣を身につける。
②栄養バランスの良い食事を選択できる。
③簡単な料理をつくることができる。

■足立区のおいしい給食
足立区が目指す「おいしい給食」は、味が「おいしい」だけではなく、自然の恵みや、調理する人への感謝の気持ちを育て、食を通じて心が豊かにすることを大切にしています。日々の給食を「生きた教材」と捉え、食を学び、自ら食べたくなる、「おいしい給食」を、学校、保護者、調理業者、農家等とともにめざしています。

■足立区の活性化に向けた包括連携協定
平成29(2017)年1月25日、足立区と株式会社セブン‐イレブン・ジャパン、株式会社イトーヨーカ堂、株式会社セブン&アイ・フードシステムズは、地域や暮らしの安全・安心、災害対策、健康増進・食育、環境対策、区内商業振興、区内産品の販売促進、観光の振興、高齢者支援、障がい者支援、子ども・青少年育成、地域社会の活性化・区民サービスの向上の10分野において相互の連携を強化し、足立区内における地域の一層の活性化をめざして協定締結しました。
https://www.sej.co.jp/library/material/_files/000/000/018/969/20170125adachiku.pdf

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。