【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

11月10日 パタゴニア プロビジョンズ 地球を再生するための醸造酒コレクションがスタート

パタゴニア日本支社のプレスリリース

パタゴニアの食品事業パタゴニア プロビジョンズは、昨年に引き続き11月10日(木)から、自然派ワインと自然酒の販売を開始します。手作業で大切に作られた醸造酒ほど、その土地の土壌や天候、植物相、動物相といった自然環境を表すものはありません。その地域の生態系を再生させることに深く向き合った方法で原料を栽培し、人工的な介入は最小限に抑えた伝統的な技法で醸造したワインと日本酒 コレクションを通して、その土地や人とのつながりを感じ、さらに酒類業界全体で責任ある農業と自然な発酵をより重視するきっかけになることを願っています。

 

 11月10日フルーツ・ペットナットを皮切りに、 3種類の自然派ワインと2種類の自然酒を新発売(写真中央が新製品のフルーツ・ペットナット。右2本が新製品の自然酒)Taro Terasawa(C)2022Patagonia, Inc. 11月10日フルーツ・ペットナットを皮切りに、 3種類の自然派ワインと2種類の自然酒を新発売(写真中央が新製品のフルーツ・ペットナット。右2本が新製品の自然酒)Taro Terasawa(C)2022Patagonia, Inc.

11月10日 (木) アグロフォレストリー農法で育てた果物を自然発酵させたフルーツ・ペットナット(自然発酵のスパークリングフルーツワイン)「リッスン・トゥ・ユア・フルクト」、そして12月にはイタリアのエトナ山で何千年に渡る伝統的な栽培方法で育てたブドウを使った2種のワインが新登場。

12月8日(木)新たに〈仁井田本家〉(福島県)をコレクションに加え、昨年に続き〈寺田本家〉(千葉県)からは「五人娘」に代わり新しい自然酒が発売となります。既存の2製品と併せて、全7製品のラインナップをパタゴニア公式サイトと一部直営店で販売します。

 

 アグロフォレストリー農法で育てた果物を自然発酵させたフルーツ・ペットナット(自然発酵のスパークリングフルーツワイン)「リッスン・トゥ・ユア・フルクト」Taro Terasawa(C)2022Patagonia, Inc. アグロフォレストリー農法で育てた果物を自然発酵させたフルーツ・ペットナット(自然発酵のスパークリングフルーツワイン)「リッスン・トゥ・ユア・フルクト」Taro Terasawa(C)2022Patagonia, Inc.

製品名:リッスン・トゥ・ユア・フルクト(フルクステレオ)

フルーティーで甘酸っぱい味わい。無ろ過で、添加物不使用。フルーツ・ペットナット調達先の〈フルクステレオ〉は、放棄された農場で採れた果物や、傷や形などの理由で廃棄された果物を活用し、現在は、売れ残ったリンゴも買い取って活用することで、食品廃棄の問題解決や持続可能な農業生産への貢献をめざしています。

 原材料:リンゴ、プラム、ブドウ、はちみつ
アルコール度数:6%
容量/ 価格: 750ml / ¥3,520(税込)
生産: フルクステレオ(スウェーデン・スコーネ地方)
発売場所:パタゴニア直営店3店舗(鎌倉、東京・渋谷、東京・丸の内)、パタゴニア公式サイト https://www.patagonia.jp/product/PRW05.html

 12月9日(金)~ 12月18日(日)自然酒と食品のストーリーを多角的に伝えるイベントを初開催
 

自然を育み、再生する日本酒をテーマにトークセッションを開催 Taro Terasawa(C)2022Patagonia, Inc.自然を育み、再生する日本酒をテーマにトークセッションを開催 Taro Terasawa(C)2022Patagonia, Inc.

パタゴニアがなぜ食品事業に取り組むのか、また初めての日本製品として自然酒を選んだ理由について多角的に伝えるため、10日間にわたり、イベント「なぜ、パタゴニアが自然酒なのか?」を東京・下北沢で開催します。

 

昨年から取り扱いを開始した〈寺田本家〉(千葉県)と、今年新たに取り扱いを開始する〈仁井田本家〉(福島県)をはじめとする自然酒と自然派ワインをご紹介するとともに、環境ストーリーを伝える書籍の販売も行います。イベント初日には、12月8日発売予定の上記の自然酒蔵元お二人と発酵デザイナーの対談を開催。最終日は、土壌生態学者、医師、クライマー、持続可能な開発目標を推進する学生団体をゲストに迎え食についてのトークセッション、さらにリペアトラックによる衣類の修理とアップサイクルを実施。パタゴニアがなぜ食品事業に取り組むのか、また初めての日本製品として自然酒を選んだ理由について多角的に伝えます。

期間: 12月9日(金)~ 12月18日(日)
場所:BONUS TRACK  世田谷区代田2-36-12〜15 下北沢駅から徒歩5分

イベントの詳細はこちらからご覧ください。
https://www.patagoniaprovisions.jp/pages/sake-event

12月9日(金)「自然を育む日本酒」 トークセッション
自然酒蔵元と発酵デザイナーの対談を開催。自然を育み、再生する日本酒について語り合います。

日時:12月9日(金)18:00 開場/19:30-20:15 トークセッション/20:30 ラストオーダー/21:00 終了
場所:発酵デパートメント 東京都世田谷区代田2-36-15
参加費:¥2,000円(税込)1ドリンク・プレート付(要予約)
ご予約:https://patagoniaprovisions20221209.peatix.com
 

(左上より時計回り)仁井田穏彦(仁井田本家蔵元・杜氏)、寺田優(寺田本家蔵元・杜氏)、小倉ヒラク(発酵デザイナー/発酵デパートメントCEO)、近藤勝宏(パタゴニア プロビジョンズ・ディレクター)(左上より時計回り)仁井田穏彦(仁井田本家蔵元・杜氏)、寺田優(寺田本家蔵元・杜氏)、小倉ヒラク(発酵デザイナー/発酵デパートメントCEO)、近藤勝宏(パタゴニア プロビジョンズ・ディレクター)

12月18日 (日) パタゴニア プロビジョンズ・トークセッション
土壌生態学者、医師、クライマー、持続可能な開発目標を推進する学生団体をゲストに迎えて、食についてのトークセッションを開催。

日時:12月18日(日)10:00~16:00
場所:BONUS TRACK HOUSE 東京都世田谷区代田2-36-12
参加費:無料、予約不要
※屋内客席は各回先着15名まで(屋外スペースでも対談の音声は聞くことができます)

 

(左上より時計回り)金子信博(福島大学食農学類教授)、桐村里紗(地域創生医)、倉上 慶大(パタゴニア ロッククライミング・アンバサダー)、三宅川ひなた・浅田舞(関西学院大学・学生団体KAKEHASHI)(左上より時計回り)金子信博(福島大学食農学類教授)、桐村里紗(地域創生医)、倉上 慶大(パタゴニア ロッククライミング・アンバサダー)、三宅川ひなた・浅田舞(関西学院大学・学生団体KAKEHASHI)

  

衣類と食を通した「吟味された生活」をテーマに、リペアトラック「つぎはぎ」が来場し、リペアパッチによるセルフリペアとTシャツマイバッグづくりを実施  ©honda.inutomo衣類と食を通した「吟味された生活」をテーマに、リペアトラック「つぎはぎ」が来場し、リペアパッチによるセルフリペアとTシャツマイバッグづくりを実施 ©honda.inutomo

 

●会社概要
パタゴニア・インターナショナル・インク日本支社
Patagonia International Inc., Japan Branch
・所在地:神奈川県横浜市戸塚区川上町91-1 BELISTAタワー東戸塚5階
・設立年月日:1988年8月23日
・日本支社長:マーティ・ポンフレー
・パタゴニア日本支社公式ウェブサイト:www.patagonia.jp

 

 

 

 

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。