【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

オランダを代表するミシュラン3つ星シェフ ヤコブ・ヤン・ボエルマが12月15日横浜・馬車道にアジア初出店

株式会社グラナダのプレスリリース

 

■ オープンの背景
オランダの伝説的なミシュラン3つ星レストラン「De Leest(デ・リースト)」(2002-2019)を率い、その実力と人気でオランダをはじめ、ベルギー、オーストリア、ドイツなど現在の西ヨーロッパのガストロノミーを牽引するヤコブ・ヤン・ボエルマシェフ。

食材の質を重視し、その良さを最大限に引き出すことに定評のあるヤコブシェフは、初めて日本を訪れたときからその食材に魅了されてきました。四季があり、山に恵まれ、四方を海に囲まれ、豊かな食材を誇る日本をアジア初出店の地に決めたことは、自然な選択でした。

自身を育んだオランダの料理文化を大切にしながらも、スカンジナビアやスペインをはじめ、ヨーロッパの調理技術、アジアのスパイスなど様々な料理のアプローチや技術を学び、常にベストと思われるものを柔軟に取り入れてきたヤコブシェフ。ここ横浜で、最高の食材を使い、自身の国際的かつクリエイティブな料理スタイルを発信していきます。

ヤコブシェフのルーツであるオランダは、水に囲まれ、1年を通して涼やかな風が吹く土地です。 中世より貿易の要として栄え、国際色豊かな土地でもあります。SMAAK(スマーク)は、横浜みなとみらいのベイエリアが見渡せる絶好のロケーションで、横浜の海風とインターナショナルな雰囲気が、オランダと重なりました。
 

■シェフ
Jacob Jan Boerma ヤコブ・ヤン・ボエルマ

1972年オーストリア生まれ。幼少期より料理に興味を持ち、美食の地オランダのホテルスクールに通う。卒業後、世界中のミシュラン星付きレストランで、最新かつ最高の料理技術を学び、オランダに戻り若くしてシェフとなる。 2002年の夏、彼のパートナーでソムリエのKim Veldman(キム・ベルドマン)とDe Leest(デ・リースト)をオープン。わずか6か月でミシュラン1つ星を獲得し、2007年に2つ星、2013年にオランダで4番目の3つ星レストランとなる。現在も、アムステルダムのWhite Room、アントワープのRestaurant Fine Fleurなどのレストランをプロデュース、世界各国のイベントで活躍中。

<代表的なレストラン>
De Leest, Vaassen(2002-2019) ★★★
Restaurant Voltaire, Parc Broekhuizen ★
White Room, Krasnapolsky Amsterdam ★
Restaurant Fine Fleur, Botanic Sanctuary Antwerp★

■メニュー
SMAAKではヤコブシェフの得意とする“酸味”と“旨味”の多層的な組み合わせをふんだんに取り入れた、複数のコースをご用意。
ランチ  5,500円 (税込6,050円) 〜
ディナー 12,500円(税込13,750円) 〜

<店舗概要>
店名      :SMAAK(スマーク)
住所      :神奈川県横浜市中区北仲通5-57-2 横浜北仲ノット 46F
アクセス:横浜高速鉄道みなとみらい線「馬車道駅」2A出口直結徒歩1分
営業時間:ランチ  火曜日 – 日曜日 11:30 – 14:00
ディナー 火曜日 – 日曜日 17:30 – 21:30 (L.O.20:00)
定休日 :月曜日  
席数  :58席 / 個室:2部屋(〜6名様)
電話  :045-323-9576  
URL      :https://smaak.jp (2022/11/16公開予定)

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。