【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

≪うどんで日本を元気にプロジェクト≫ 丸亀製麺の“技”と株式会社 TOKIO の“力”で生まれた共創の一杯 豚汁だけど、豚汁じゃない『俺たちの豚汁うどん』新登場

株式会社丸亀製麺のプレスリリース

 株式会社丸亀製麺(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山口 寛)が展開する讃岐うどん専門店「丸亀製麺」は、株式会社TOKIOの松岡昌宏さんと共同開発をした『俺たちの豚汁うどん』を2022年11月29日(火)より全国の丸亀製麺にて期間限定で販売いたします。また、共に構想を練った株式会社TOKIO(本社:東京都港区、社長:城島 茂)の3名が出演する新TVCM「俺たちの豚汁うどん ティザー篇」を11月26日(土)から11月28日(月)の3日間、11月29日(火)からは「俺たちの豚汁うどん 本告篇」も全国(一部の地域を除く)で放送開始いたします。
 豚汁だけど、豚汁じゃない。手づくりできたてのうどんに最高に合う、他にはない味わいを目指し誕生した『俺たちの豚汁うどん』。こだわりが詰まったこの冬の新たな自信作を、ぜひご賞味いただき心も身体も芯から温まってください。

≪きっと驚く、うどんに最高に合う唯一無二のおいしさ『俺たちの豚汁うどん』≫
 昨年の秋、期間限定商品として販売し、今年の夏に再復活となるほど人気となった『トマたまカレーうどん』に次ぐ、丸亀製麺と株式会社TOKIO松岡さんが共同開発をおこなった共創の一杯がこの冬に新登場。その名も『俺たちの豚汁うどん』。寒い冬に食べてほしい、「これが豚汁?」と驚くような、最高にうどんに合う「豚汁」をつくりたいという想いで商品開発を進めました。丸亀製麺のうどんへのこだわりと技、そして松岡さんならではのアイデアと知識が合わさったうどんに最高に合う一杯が、約一年の構想期間を経て完成いたしました。

 うどんに最高に合う味わいの決め手は、特製味噌だし。コク・甘み・旨みを感じられるよう厳選しブレンド。具沢山の野菜や豚肉の旨みが味噌と合わさり、コクと甘さ、そして濃厚な香りを味わっていただけます。さらに、味づくりに欠かせない隠し味としてコチュジャン、オイスターソースを加え、濃厚で深みのある味わいに仕立てました。もちもち食感の茹でたて麺に濃厚な特製味噌だしがしっかり絡み合う一杯です。
 仕上げに、白胡椒をかけることで味が締まり、旨みがより引き立ちます。食べ進めるたびに身体の芯から温まる、寒い冬にもぴったりな『俺たちの豚汁うどん』をぜひご賞味ください。

≪新発見のおいしさ!『俺たちのニラバタ豚汁うどん』≫
 刻み生ニラとまろやかなバターで味変を楽しめ、やみつきになる一杯。刻み生ニラは、お店でカットしているため、口に入れた瞬間にニラ特有の爽やかな香りが広がります。さらにシャキっとした食感もお楽しみいただけます。
 熱々の特製味噌だしにバターを溶かすことで、濃厚で芳醇な香りとまろやかさが加わり、コクがより深まります。少しずつ溶かしながら味の変化をお楽しみください。箸が止まらないほど、やみつきに!

■『俺たちの豚汁うどん』味わいを追究した“こだわりポイント” 
≪こだわり①≫味噌を厳選し、試行錯誤で生まれた「特製味噌だし」
 うどんに最も合う豚汁を生み出すために味噌からこだわり、数十種類の味噌から厳選しブレンド。甘みやコク、キレ、旨みを引き出すよう調整し、まさに『俺たちの豚汁うどん』のために誕生した新しい味わいです。北海道産の真昆布や厳選した複数の削り節から引く白だしを使用しているため、濃厚でコク深い味わいの中にもだしの風味を感じます。

※画像はイメージです。※画像はイメージです。

≪こだわり②≫特製味噌だしのコクと深みを引き出す隠し味
 しょうがやにんにくで香りを出し、隠し味にコチュジャンとオイスターソースを組み合わせています。味噌にコチュジャンの甘辛さとオイスターソースの旨みが加わり、よりコク深い味わいに。さらに、麺との絡みを生み出すためにじゃがいもペーストを加え、甘みと風味、粘度を増し、茹でたての麺にしっかりと特製味噌だしが絡む仕立てになりました。

≪こだわり③≫おいしさを引き立てる「豊富な具材」と「白胡椒」

 『俺たちの豚汁うどん』ならではのおいしさを実現するため、特製味噌だしに合う様々な具材の中から豚肉、キャベツ、たまねぎ、にんじん、ごぼう、油揚げを使用。特製味噌だしで煮込むことで、素材から染み出る旨みや野菜の甘みがさらにおいしさを引き立てます。仕上げに振りかける白胡椒がアクセントとなり、全体の味が引き締まります。

≪こだわり④≫特製味噌だしとの相性抜群。茹でたてもちもちの「釜抜き麺」
 特製味噌だしに絡むよう、茹で釜から直接すくいあげる茹でたての「釜抜き麺」でご提供いたします。すべての店で毎日100%国産小麦、塩、水から職人がつくる打ち立ての手づくりうどんに濃厚な特製味噌だしが絡み、すする度にもちもち食感とともに、特製味噌だしの旨みやコク、香りを味わっていただけます。
※お持ち帰りの場合は、水で締めた麺を温めてご用意いたします。

■4種の味わい『俺たちの豚汁うどん』は、好みに合わせてさらなる味わいを楽しめる!
 『俺たちの豚汁うどん』は、限定トッピングを追加して、4種の味わいを楽しんでいただけます。刻み生ニラとバターを合わせた『俺たちのニラバタ豚汁うどん』は、刻み生ニラの食感と風味、熱々の特製味噌だしの上で溶けるバターのコクと香りが加わり、さらにやみつきになる一杯です。お好みでバターのみ、刻み生ニラのみのトッピングもご用意しております。
 まずは、『俺たちの豚汁うどん』を味わっていただき、唯一無二のおいしさをご賞味ください。そして、限定トッピングを加えて、自分ならではの一杯をお楽しみください。

■おすすめの無料薬味と天ぷら、トッピングでさらに味変を楽しむ
 『俺たちの豚汁うどん』は、無料の薬味でさらに味変もお楽しみいただけます。特におすすめする無料薬味は、「すりごま」と「おろししょうが」。濃厚な特製味噌だしに「すりごま」を加えることで、風味とコクが増し、うどんとの絡みがより深まります。そして、「おろししょうが」の追加もぴったり。寒い季節におすすめです。
 「かぼちゃ天」など野菜の天ぷらとも相性抜群。野菜の甘みが特製味噌だしに加わり、よりおいしく味わっていただけます。特製味噌だしに浸して、お召し上がりください。まろやかにしたい方には、「温泉玉子」がおすすめです。

■株式会社TOKIOとともに作った『俺たちの豚汁うどん』開発の背景・想い
 “日本を元気にしたい”という強い想いと、「手づくり・モノづくり」にこだわる姿勢に共鳴し、株式会社TOKIO と「共創型パートナーシップ」を 2021年4月に締結後、食育に関心を持つ国分さんが開発に参加した『丸亀こどもうどん弁当』を発売。
 国分さんとは、現在も「丸亀製麺 こども課」とともに、「丸亀製麺×株式会社TOKIO×こども わくわく食育プロジェクト」にて食の体験プログラムを開発中です。また、松岡さんと共同開発をしたガツンと旨い『トマたまカレーうどん』も発売。多くのお客さまからご好評をいただき、2022年4月には新商品の『とろける4種のチーズトマたまカレーうどん』も加わり、2度の復活販売も実施しました。
 そして、城島さんとは、日本全国の方からご応募いただいた熱い想いに応え、「手づくり・できたてのおいしさ」がつまった丸亀製麺のうどんを、キッチンカー「笑顔うどん号 にこまる」で各地を巡り、想い出の一杯をふ るまい、皆さまに笑顔をお届けする「キッチンカープロジェクト」を実施しています。
 今回、新発売となる『俺たちの豚汁うどん』の開発は、固定観念にとらわれず、常に新しい挑戦をし続ける両社だからこそ、そして、長年豚汁のおいしさに魅了されてきた株式会社TOKIOとだからこそ実現されました。「共創型パートナーシップ」2年目のこの冬に、日本の冬の国民食「豚汁」という食べ物で、丸亀製麺の打ち立てうどんに最高に合う新しい豚汁をご提案。世の中に新たな食のおいしさや感動を与えていきたいと考えています。丸亀製麺と株式会社TOKIO は、「うどんで日本を元気にしたい」という想いのもと、「これが豚汁?」と驚くようなうどんに最高に合う豚汁を目指しました。丸亀製麺と株式会社TOKIO のこだわりと想いが詰まった、この冬にぴったりの『俺たちの豚汁うどん』をぜひご賞味ください。

【お店ごとの販売状況はこちら】https://jp.marugame.com/assets/pdf/shoplist1129.pdf
URL:https://jp.marugame.com/menu/tonjiru/

■構想から一年、株式会社TOKIO とつくる唯一無二の一杯をお届け!
新 TVCM 丸亀製麺「唯一無二!俺たちの豚汁うどん」篇公開!
 「丸亀製麺」は、株式会社TOKIO(本社:東京都港区、社長:城島 茂)の3名が出演する新TVCM丸亀製麺「誕生!俺たちの豚汁うどん」篇 予告を11月26日(土)から11月28日(月)の3日間、11月29日(火)からは丸亀製麺「唯一無二!俺たちの豚汁うどん」篇を全国(一部の地域を除く)で放送開始いたします。今回のTVCMは、株式会社TOKIOの3名に共通する思い出の「豚汁」を、丸亀製麺との共同開発で、新たに『俺たちの豚汁うどん』として販売を開始することから、城島 茂さん、国分 太一さん、松岡 昌宏さんが丸亀製麺のCMでは初めて3人揃って出演いたします。

 新TVCM「俺たちの豚汁うどん 本告篇」は、城島 茂さん、国分 太一さん、松岡 昌宏さんの「うどんで日本を元気に!」という掛け声からスタート。古民家で撮影されたこのTVCMでは、株式会社TOKIOの3名のみならず、丸亀製麺の商品開発担当である職人も登場し、大きなかまど鍋で丹精込めてみんなで『俺たちの豚汁うどん』を作る様子を描きます。

 庭には丸亀製麺のキッチンカーも登場し、丸亀製麺ならではの手づくりうどんを職人がつくるなか、株式会社TOKIOの3人は大きなかまど鍋で特製味噌だしをつくります。松岡さんは大きなザルいっぱいの野菜を持って登場し、かまど鍋に豪快に投入!その様子を笑顔で城島さんと国分さんが見守ります。別のかまど鍋では、丸亀製麺の職人が打ち立て、切りたてのうどんを茹でており、まさに丸亀製麺の技と株式会社TOKIOの力があわさった一杯を生み出しています。
 そして、丸亀製麺のだしに複数をブレンドしたこだわりの味噌と隠し味となるコチュジャンをあわせて、さらにたっぷりの豚肉と具材が入った鍋に溶かし入れていき、3名はわくわくした表情で丹精込めて特製の味噌だしをつくります。
 おたまいっぱいに入った具沢山の特製味噌だしを、丸亀製麺自慢のうどんと合わせて、豚汁だけど、豚汁じゃないこだわりの一杯に仕立てております。最後に、『俺たちの豚汁うどん』と声を揃えてどんぶりを差し出す3名は、自信に満ちた笑顔です。

“丸亀製麺の打ち立てうどんが株式会社TOKIOの思い出の詰まった特製味噌だしと交わる”

 株式会社TOKIOの思い出の詰まった「豚汁」が、丸亀製麺の技と融合することで、「豚汁だけど、豚汁じゃない。他にはない新しい味」を全員で作り上げていく様子にご注目ください。

 また、11月26日(土)から公開される、丸亀製麺「誕生!俺たちの豚汁うどん」篇 予告では、城島さんと国分さんが『俺たちの豚汁うどん』を楽しみ、「はじめての味だな。」「うまい!」と笑顔で味わう様子や、「その声が聞きたかったのよ。」と輪に加わる松岡さんの様子も描かれています。こちらもぜひ、あわせてご覧ください。

■新TVCM概要 丸亀製麺「唯一無二!俺たちの豚汁うどん」篇
タイトル:丸亀製麺「唯一無二!俺たちの豚汁うどん」篇
放送日時:2022年11月29日(火)~
放送エリア:全国(一部の地域を除く)
※11月26 日(土)から11月28日(月)の3日間は、丸亀製麺「誕生!俺たちの豚汁うどん」篇 予告がOAされます。
特設サイトURL:https://jp.marugame.com/menu/tonjiru/
・丸亀製麺「誕生!俺たちの豚汁うどん」篇 予告 ※公開予定は11月22日(火)0時です。
https://youtu.be/_YO61giK5C0
・丸亀製麺「唯一無二!俺たちの豚汁うどん」篇 ※公開予定は11月29日(火)11時です。
・丸亀製麺×株式会社TOKIO「俺たちの豚汁うどん 商品開発の裏側」 ※公開予定は11月22日(火)0時です。
https://youtu.be/DnWcoqvZmPg

■撮影エピソード
 撮影は東京郊外の古民家スタジオで行われました。趣のある古民家の前にキッチンカーと調理台に大鍋という、普段の丸亀製麺のCMとは違う雰囲気の中、冬の装いの株式会社TOKIO の3人が勢揃い!実はCMで3人が揃うのは、オープニングの「うどんで日本を元気に!」を除けば初めてのこと。その事実に株式会社TOKIOの3人も意外そうでした。
 商品開発の中心となった松岡さんの調理シーンは相変わらず手慣れたもので、大量の野菜を鍋に入れ、グツグツ煮える特製味噌だしを見つめる表情はまさに料理人といった感じ。ふと気がついたらいつの間にか城島さんが火加減を見ていたり、国分さんや松岡さんからも積極的に意見が出されながら撮影は進みました。この3人だからこそ出せる自然な雰囲気が、CMからもきっと感じられることでしょう。

■CMカット 丸亀製麺「唯一無二!俺たちの豚汁うどん」篇 ※CMカット画像の無断転載は禁止です。

■株式会社TOKIOの3人へのインタビュー
―今回、丸亀製麺では、初めてお三方揃ってのCMとなりましたが、撮影を終えての印象に残っていることがございますか?
松岡:意外と、この3人で丸亀製麺さんのCMを撮ったことなかったんですよね。
城島:商品CM、初めてですね!
国分:共創でプロジェクトをやっていて、3人で打合せ等をしているからCMも撮ってたと思ってたら、実はなかったというね。
松岡:我々といえば、やはり「豚汁」というイメージがあるので、今回は『俺たちの豚汁うどん』という開発も含め、丸亀製麺の方々と一緒に色んなコラボさせてもらったので、CM撮影も、みんなで一緒にやろうという形をとらせていただきました。
国分:ぶっちゃけ真夏で、めっちゃ暑かったです。
松岡:今日は特に晴れていたので。
国分:3人が揃うと大体雨なんすけど(笑)
松岡:今日は天気がよかったので助かりました!あきる野万歳! ※撮影地

―今回の『俺たちの豚汁うどん』の開発までの経緯は?
松岡:我々TOKIOの共通の思い出の食べ物といえば「豚汁」。これまで色々な場所で食べてきて、料理担当として作ってもきました。今回自分の持っている「豚汁レシピ」を丸亀製麺さんのうどんにプラスする上で、丸亀製麺さんのうどんに合うということを第一に考えて、普通に食べる豚汁とは違う、うどんに合う、そして、今まで皆さんが召し上がったことのある豚汁をうどんにして食べるんだったら別に僕が開発する必要ないので(笑)唯一無二な、「本当にこれ豚汁?」というようなものを頭の中に入れて開発させてもらいました。
国分:すごいよね!だって、TOKIOといえば「豚汁」っていうのも、自分たちが作る前に全国の皆さんが作った豚汁を僕らは味わうことができてたんですから。その中から、松岡くんがおいしくなるように考えてくれたということなので。
城島:だから、やっぱり食べた瞬間に、うどんがしっかりメインになっていて、本当に合う。この豚汁とこのうどんの組み合わせがね、びっくりしました。 

―今回、うどんに合うためにこだわったレシピについてお話いただけますか?
松岡:やっぱりこだわりは今まで多分使ったことのないであろうコチュジャンだったり、ラードを入れたり、オイスターソースなんかも入れたり、なぜかというと、うどんのコシがしっかりしていて、あの小麦豊かな麺に絡めさせて、みんなが“あーおいしい”って食べられるにはどういうものがいいのかと考えたんですよね。特に寒いときに温まってもらいたいという意味があってスパイスなんかもいろいろ調合して作りました。どうでした?食べてみて。
国分:いや~僕、噂では聞いてたんですよ。味噌選びを相当時間かけてやっていたっていうのは。
何十種類の中からブレンドして作ったと耳にしたり、時々現場の楽屋に行ったときに、ぱっと彼(松岡さん)を見ると、上向いて考えてたりしてたんですよ。それは、豚汁のことをずっと考えてたんですね。そのぐらい研究していたのを見ていたので、どんなものになるんだろうなと思っていました。僕も丸亀製麺さんと共創で「食育」をテーマに子どもたちとイベントをやらせていただいたんですが、お昼休憩に試食で登場したんですよ、サプライズのように出てきて(笑)「まあ、とりあえず食べてください」って出されたのが、実は豚汁のうどんだったんですね。そこで初めて試食をさせて もらって、まあ驚きました!オリジナリティがすごくあるのと、唯一無二!
松岡:今回、お店では生のニラを!
国分:ニラを加えたら加えたで、またちょっと味変してすごい良い方向へ行ったので、そういうところもすごい考えてるんだなと驚きましたね。
松岡:スタミナへのこだわりなんかもちょっとあったんですけど、どうでした?
城島:いや~僕は豚汁とバターの組み合わせが初めてだったから 「どうなのかな?」と思っていたら、むちゃくちゃ合うんですよね、まさに味変ですよ!!まろやかでコクが生まれて、これはまた違う世界の豚汁うどんが生まれたなっていう。
松岡:皆さん、味噌バターはご存知だと思うんですけど、これをうどんで作るとどうなるかっていうことですね。
国分:“北海道出身”ならではのアイデアですよね!
松岡:本当そうですね!
城島:だから本当にこの寒い冬にぴったりな、もう芯から温まる豚汁うどんで、“私”の豚汁うどんが生まれた!っていう気がしましたね。
松岡:私?あなたじゃないですよね。“俺たちの“ね! 私のじゃない、そんな安い歌みたいなのにしないでください、お願いします(笑) 

※その他インタビュー内容は添付のプレスリリースをご参照ください。

■『俺たちの豚汁うどん』発売を記念して、無料先行試食イベント開催
『俺たちの豚汁うどん』の販売を記念して、より多くの方に体験いただきたいという想いを込めて、特製キッチンカー「笑顔うどん号 にこまる」で 2022年11月26日(土)・27日(日)の2日間、『俺たちの豚汁うどん』の先行ひと口試食体験イベントを開催いたします。

【イベント概要】
日時:2022年11月26日(土)、27日(日)
時間:11:45~15:00 ※時間が変更となる場合がございます。
場所:浅草六区北2エリア
住所:東京都台東区浅草2丁目9-10
備考 :
・なくなり次第、終了となります。
・無料でどなたでもご来場いただけます。
・松岡さんの登壇はございません。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。