【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

マンダリン オリエンタル 東京 ガンベロロッソ社『世界のトップ・イタリアンレストラン』2023年版にて「ピッツァバー on 38th」が最高評価3スライス受賞

マンダリン・オリエンタル東京株式会社のプレスリリース

「マンダリン オリエンタル 東京」(東京都中央区日本橋室町、運営:マンダリン・オリエンタル東京株式会社、総支配人:ポール ジョーンズ)は、世界的に権威のあるイタリアワインガイドを発行するガンベロロッソ社による世界のイタリアレストランの格付けデジタルガイド『世界のトップ・イタリアンレストラン』2023年度版にて、当館38階の「ピッツァバー on 38th」がピッツェリア部門における最高評価である3スライスを4年連続で受賞したことをお知らせいたします。なお、2023年度版のピッツェリア部門で、最高評価の3スライスを受賞したのは、世界で21店舗、日本では2店舗のみとなります。

イタリア・ローマ出身の総料理長 ダニエレ カーソンがこだわるピッツァ生地は、トマトとの相性が抜群で軽やかな口当たりが特徴の「レジェーロ」と、チーズの旨味を引き立たせる風味豊かな「サポリート」の2種をご用意し、イタリア産オーガニック小麦を用い、総重量に対して80%の割合でたっぷりと水を含ませた生地に1%のイーストを加え、48時間かけて熟成させ、非常にきめ細やかな作業を要して創り上げます。

ピッツァは、トマトソースにモッツァレラチーズとルッコラに、柔らかな酸味を伴うスパイシーな味わいのソプレッサータサラミを散りばめた「ディアボラ」や、プロヴォローネチーズやゴルゴンゾーラなど5種類のチーズを使用し、トリュフ入りの蜂蜜で仕上げる「チンクエフォルマッジ」などのトラディショナルなセレクションの他、シグネチャーディッシュの「トリュフの香るマスカルポーネチーズのピッツィーノ」や、春には色とりどりの山菜、夏は沖縄産のマンゴー、秋は南瓜やいちじく、冬はいちごなど、シェフ ダニエレが惚れ込んだ日本の季節の食材をふんだんに使用したピッツァのコースメニュー「デグスタツィオーネ・コース」(税込7590円~価格・内容は季節により変動)をご用意しております。

             写真(左)「トリュフの香るマスカルポーネチーズのピッツィーノ」/写真(右)「ディアボラ」

世界のイタリアレストランの格付けデジタルガイド『世界のトップ・イタリアンレストラン』では、世界的に権威のあるイタリアワインガイドを発行するガンベロロッソの伝統的な1つから3つのシンボルとして、ファインダイニングにはフォークを、伝統的なトラットリアには海老のマークを、ピッツェリアにはピッツァのスライス、ワインバーにはワインボトルが使われています。正真正銘のイタリア料理であるか、食材のトレーサビリティ、風味の純度、サービスおよびワインリストの充実さが重要な基準となっています。

【ご予約・お問い合わせ】
0120-806-823(レストラン総合予約 9:00~21:00) E メール motyo-fbres@mohg.com
INSTAGRAM: mo_tokyo    FACEBOOK: MandarinOrientalTokyo

「マンダリン オリエンタル 東京」 とは (mandarinoriental.co.jp/tokyo)
マンダリン オリエンタル日本初のホテルとして、2005年12月2日、東京日本橋に開業しました。グループの理念「立地する土地柄と文化に敬意を表するホテルづくり」をハード面はもちろんソフト面でも実現。館内デザインには「森と水=日本の自然」をモチーフに和の趣を取り入れ、スタイリッシュな中にも安らぎに満ちたラグジュアリーな空間を作り出しています。38階建の日本橋三井タワー高層階に位置するゲストルームは全179 室。50㎡以上のゆとりあるスペースに最先端のITを取り入れ、すべてのゲストルームから東京を眼下に見渡す眺望をお楽しみいただけます。館内には、充実した施設と数々の受賞歴を誇る直営スパ、12の料飲施設、グランドボールルーム(1)、バンケットルーム(4)、ミーティングルーム(6)、チャペルなどを完備しています。開業以来数々の世界的な賞やランキングに輝いております。

マンダリン オリエンタル 東京の主な受賞歴
2022年、『ミシュランガイド東京 2023』にて6年連続ビブグルマン評価 (ピッツァバー on 38th)。
2022年、『ガンベロロッソ』による『世界のトップ・イタリアンレストラン』2023年版にて、ピッツェリア部門の3スライスを受賞(ピッツァバー on 38th)。
2022 年、『50 Top Pizza』にて「50 Top Pizza Asia – Pacific 2022」3 位評価、「Top Pizzeria in Japan 2022 by Ca.Form Japan」評価、「50 Top Pizza World 2022」16位評価獲得(ピッツァバー on 38th)。「Pizza Maker of the Year 2022 – Peroni Award」受賞(総料理長 ダニエレ カーソン)。
2022年、8年連続で米国の格付け会社『フォーブス・トラベルガイド』より、「ホテル部門」・「スパ部門」共に最高評価の5つ星を獲得。
2021年、『ミシュランガイド東京 2022』にて8年連続一つ星評価 (タパス モラキュラーバー)。
2021年、『ミシュランガイド東京 2022』にてビブグルマン評価 (ピッツァバー on 38th)。
2021年、『ガンベロロッソ』による『世界のトップ・イタリアンレストラン』2022年版にて、ピッツェリア部門の3スライスを受賞 (ピッツァバー on 38th)。
2020年、『ミシュランガイド東京 2021』にて14年連続一つ星評価 (フレンチファインダイニング「シグネチャー」)。
2020年、『ミシュランガイド東京2021』にて8年連続一つ星評価 (広東料理「センス」)。
2020年、『ガンベロロッソ』による『世界のトップ・イタリアンレストラン』2021年版にて、ピッツェリア部門の3スライスを受賞 (ピッツァバー on 38th)。
2020年、『トリップアドバイザー』による「2020年トラベラーズチョイスアワード」ベスト・オブ・ザ・ベストにて、日本の「ベストホテル」1位評価。
2020年、『トリップアドバイザー』による「2020年トラベラーズチョイスアワード」ベスト・オブ・ザ・ベストにて、日本の「高級レストラン」2位評価 (タパス モラキュラーバー)。
2019年、『フォーブス・トラベルガイド ヴェリファイド リスト』にて「2019 World’s Best Hotel Bars」に選定 (オリエンタルラウンジ)。
2019年、『ガンベロロッソ』による『世界のトップ・イタリアンレストラン』2020年版にて、ピッツェリア部門の3スライスを受賞(ピッツァバー on 38th)。

「マンダリン オリエンタル ホテル グループ」 とは (mandarinoriental.com)
数々の権威ある賞に輝くマンダリン オリエンタル ホテル グループは、世界で最もラグジュアリーなホテル、リゾート、レジデンスを展開しています。アジアをルーツにグローバルブランドへと成長を続け、現在24カ国・地域において、オリエンタルヘリテージと、立地する土地の文化や独自のデザインを反映する36のホテルと8のレジデンスを運営しています。マンダリン オリエンタルは、今後もホテルやレジデンスの開発を計画しています。マンダリン オリエンタルは、ジャーディン・マセソン・グループの傘下に属します。

 

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。