【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

会いたかった、乾杯したかった、大切な人がいる。「ビール飲もうよ」みんなで会える時の合言葉一番搾り新TVCM「2年越しに伝えたかったこと」篇をスタート

キリンホールディングス株式会社のプレスリリース

 キリンビール株式会社(社長 堀口英樹)は、「キリン 一番搾り生ビール(以下、一番搾り)」の新TVCM「2年越しに伝えたかったこと」篇を11月27日(日)から全国で順次放映予定です。

 新型コロナウイルス感染拡大により、少し前までは当たり前に人が集まって交わしていた“乾杯”が思うようにできなくなりました。しかし当社は、大切な人と会うことができた時に、おいしいビールで“乾杯”し、直接言葉で想いを伝えることには、特別な喜びがあると考えています。
 本TVCMでは、「ビール飲もうよ」を合言葉に、会いたかった人と久しぶりに再会し、ビールでの“乾杯”を通じて人と人がつながるよろこびを描きました。本TVCMを通じて、多くの笑顔が広がることへ貢献していきます。

 当社は、ビール類やノンアルコール飲料、RTD※など、こころを豊かにしてくれるおいしい飲み物を通じて、お客様のよろこびと笑顔を広げていきます。
 ※Ready to Drink の略。栓を開けてそのまま飲める低アルコール飲料

【TVCM概要】
■タイトル   「2年越しに伝えたかったこと」篇(60秒、30秒)
■時期・地域   2022年11月27日(日)~順次全国で放映予定
■概要     
落ち着いた雰囲気のとある飲食店で、送別会を開催できなかった後輩が、久しぶりに先輩と再会するストーリー。
2年越しで実現した送別会に参加できたのは、わずか3人。しかし「2年も経って2人も集まったの、すごくないですか?」と、同じ職場で苦楽を共にした3人は、幸せな気持ちに浸りながら「一番搾り」で乾杯します。
2年ぶりの再会で言いたいこともあるけれど、会いたかった、乾杯したかった、大切な人と会ってビールが飲める幸せを味わいたい気持ちから、話すのはもう少し飲んでからにします。
言いたかったのに言えなかった「ありがとう」の気持ちを抱えている人に使っていただきたい、「ビール飲もうよ」というひと言。それは、みんなで会える時の合言葉です。こうしたビールでの“乾杯”を通じて人と人がつながるよろこびを描きました。
■出演者    森岡龍、山中崇、伊島空

 キリングループは、自然と人を見つめるものづくりで、「食と健康」の新たなよろこびを広げ、こころ豊かな社会の実現に貢献します。

  キリンビール 「2年越しに伝えたかったこと」篇 60秒 URL:https://youtu.be/TTyPLgkoeCM
  キリンビール 「2年越しに伝えたかったこと」篇 30秒 URL:https://youtu.be/kO9YqxZxr-Q

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。