【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

印度カリー子さん、小宮山雄飛さん(ホフディラン)がナビゲート!「充実ごはんのある暮らし」を題材に、スパイスカレーのレシピ物語を公開

ハウス食品グループ本社株式会社のプレスリリース

ハウス食品は、スパイスの総合情報サイト『スパイスオブライフ』にて、スパイスを使った美味しいカレー時間を物語形式で紹介する新コンテンツ「充実ごはんのある暮らし」を、11月25日より公開いたします。ナビゲーターに、印度カリー子さん、小宮山雄飛さんを迎え、ライフスタイルに合ったスパイスカレーのある暮らしを提案します。

スパイスオブライフ「充実ごはんのある暮らし」
URL:https://www.h-spice.jp/fullness/index.html

■レシピ物語「充実ごはんのある暮らし」について
スパイスの総合情報サイト『スパイスオブライフ』のWEBコンテンツ「充実ごはんのある暮らし」では、昨今多くのお客様から支持されている“スパイスカレー”をテーマに、ライフスタイルが異なる3人のターゲット層を主人公に、いつもの調理シーンが楽しく、食事の時間がさらに充実するストーリーを3話展開します。こだわりのスパイスを使ったスパイスカレーで、「充実したごはん=充実した時間」を感じていただきたいと思っています。
今回は印度カリー子さん、小宮山雄飛さんのお二人をナビゲーターに迎え、スパイスカレーを作る主人公とナビゲーターの、双方からの目線でコンテンツを展開することで、ストーリーへの共感性とスパイスカレーを作りたい気持ちを醸成していきます。印度カリー子さんには具体的な調理手法やスパイス活用のポイントを指南いただき、小宮山雄飛さんには、カレーにまつわる豊富な知識やご経験を活かし、スパイスカレーの魅力を語っていただきました。
お客さまに「スパイスカレーを作ってみたい!」・「作れそう!」という気持ちを持っていただくと同時に、スパイスでいつもの時間をもっと楽しめることを訴求してまいります。

■物語に登場するスパイスカレー
Vol.1 日曜日 10時30分から始まる親子のStory
●ママ友をランチにまねいた 「彩り野菜のバターチキンカレー」編

日曜日の10時30分に、ママ友とのランチ会のために作る初挑戦の「彩り野菜のバターチキンカレー」。
子どもに味覚を合わせがちなシーンでも、スパイスカレーならではの工夫で大人も楽しい時間を過ごせるストーリー。

Vol.2 水曜日 19時20分から始まる共働き夫婦のStory
●早く帰った夜に感謝を伝えた 「優しい甘酸っぱさのポークビンダルー」編

水曜日の19時20分に、共働きの旦那さんが週の半ばを労う気持ちで作る「優しい甘酸っぱさのポークビンダルー」。
共働き世代の男性でも作れて、かつ平日のなんでもない時間をスパイスカレーがちょっといい時間にしてくれるストーリー。

Vol.3 土曜日 11時30分から始まるひとり暮らしのStory
●キャンプに想いを馳せた 「ラムチョップのカレー」編

土曜日の11時30分に、独身男性がお気に入りのキャンプグッズで挑戦する「ラムチョップのカレー」。
ホールスパイスを使用して、ラムチョップも煮込んで・・休日だからこそできる、満足感の高い時間が生まれるストーリー。

■ナビゲータープロフィール

●スパイス料理研究家 印度カリー子さんプロフィール
1996年11月生まれ、仙台出身。スパイス初心者のための専門店、香林館(株)代表取締役。「スパイスカレーをおうちでもっと手軽に」をモットーに、初心者のためのオリジナルスパイスセットの開発・販売をする他、レシピ本執筆、大手企業と商品開発・マーケティング、コンサルティングなど幅広く活動。著書累計発行部数は38万部超(2022年9月現在)
 

●小宮山雄飛さん(ホフディラン)プロフィール
1973年原宿生まれ。1996年にホフディランのヴォーカル・キーボードとしてデビュー。バンド活動に留まらず、コラムやCM曲の作曲、テレビやラジオなど多数出演。食通としても知られ「音楽界のグルメ番長」の異名を持つ。近著に「カレー粉・スパイスではじめる 旨い!家カレー」「簡単! ヘルシー! まいにちカレー」などがある。
渋谷区観光大使。美味しい渋谷区プロジェクトCEO(Chief Eat Officer)
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。