【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

中国でフルーツプレパレーション事業を新たに展開

日世株式会社のプレスリリース

ソフトクリームの総合メーカー、日世株式会社(本社:大阪府茨木市 社長:吉田文治(ふみはる))は、中華人民共和国内に関連会社 日世(濰坊)食品有限公司を設立。新たにフルーツプレパレーション事業を展開します。このたびフルーツプレパレーションの製造工場、濰坊工場を竣工、2022年10月28日に竣工式を行いました。
濰坊工場の稼働は2023年1月の予定です。

 

   ▲濰坊工場

      ▲竣工式の様子
 

  • フルーツプレパレーション(FP)とは

一般的に、果実の風味や果肉を均質化した調整品のことを示します。
当社では、特に、粘性のある液体(連続相)のなかに果肉が均一に混合されている、果実調整品のことをフルーツプレパレーション(FP)と表現しています。このFPは殺菌済みで、無菌の状態で容器に封入されています。

 

  • 日世のフルーツプレパレーション(FP)事業について

当社は、日本国内で1983年以来、フルーツプレパレーションの製造実績があり、乳業メーカー各社にフルーツヨーグルトの資材として、また、ソフトクリームやアイスクリームのトッピングソースとして供給している実績があります。今後の、中国、東南アジアに向けての積極的な事業展開を見据えて、中国に拠点工場を建設するに至りました。濰坊工場で製造するフルーツプレパレーションも、日本国内と同等の品質と安全性を確保した製品として、中国国内はもとより、東南アジア諸国に供給する予定です。
 

  • 日世のフルーツプレパレーション(FP)の特長

➀大きな果肉がしっかり残っている、無菌で、安全なFPです。
当社のFPの最大の特長は、しっかりフルーツが残っていることです。フルーツヨーグルトからスプーンで果肉をすくいあげて咀嚼する食感があります。および、原材料から調合、殺菌、充填、保管、運搬、納入まで、常に安全であること、事故がないことを心掛けています。

②​常に挑戦し続けています。
お取引先のお客様からの要望にお応えするオーダーメイド方式の商品です。お客様の要望にお応えすべく常に挑戦しています。
 

  • 濰坊工場概況

工場名      日世(濰坊)食品有限公司 濰坊工場
所在地      中華人民共和国山東省濰坊市安丘経済開発区東湖路68号
機能       中国、東南アジア市場向け
         『フルーツプレパレーション生産工場』機能
敷地面積     66000㎡
延床面積     22551.78㎡(一期)、37180.88㎡(将来)
竣工式      2022年10月28日(実行済)
操業開始(予定)  2023年1月
生産品目・能力  フルーツプレパレーション 約36000トン/年
 

  • 日世株式会社について

1947年に日系二世が貿易商として「株式会社二世商会」を設立。1951年にソフトクリームを初めて日本に紹介した日本のソフトクリームのパイオニアにして総合メーカーです。※1952年に日世株式会社に社名変更。ソフトクリーム液体原料(ミックス)、可食容器のコーン、ソフトクリーム製造機であるフリーザーを製造販売しています。
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。