【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

2022年10月会員数83,443人、総相席人数27,2941人を突破!1対1の相席屋「THE SINGLE」数字で見る2022年10月実績レポート

株式会社セクションエイトのプレスリリース

​​株式会社セクションエイト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:安田 隆之、以下セクションエイト)はセクションエイトが運営するTHE SINGLE2022年10月の実績を発表いたします。

■数字で見る2022年10月THE SINGLEまとめ
セクションエイトは出会いの創出を目指す「相席屋」を全国展開してまいりましたが、おひとりでも気軽に、安心して相席屋をご利用いただけるのが「THE SINGLE」です。より真剣な出会いを求める人々に向けた1対1での相席を提供し、完全会員制、全席個室で、2人きりの特別な時間を、安心してお楽しみいただける空間をご用意しました。

2022年度10月のTHE SINGLEは、THE SINGLE会員数83,443人、総相席人数27,2941人を突破いたしました。(※総相席人数:2021年度〜2022年10月までの合計数)

2022年10月のTHE SINGLEへの男性来店数6,552人、女性来店数5,616人を突破。男性53.8%、女性46.2%と来店数の男女比は男女共にほぼ変わらない結果となりました。また、男性来店数のうち初めて来店した男性は2,027人、2回以上来店した男性は4,525人、女性来店数のうち初めて来店した女性は999人、2回以上来店した女性は4,617人でした。

また来店した男女の年齢を細かく見ると幅広い年齢層が来店していることがわかります。

2022年10月のTHE SINGLEの平均相席人数は男性は4.8人、女性は4.9人となりました。

さて、マッチングアプリを利用する人が年々増えている反面、メッセージのやりとりなどに疲れを感じる「マッチングアプリ疲れ」がここ最近話題となっています。株式会社イノセントが運営する「結婚相談所イノセント」の婚活中の20代~40代の男女500名に対して、マッチングアプリのプロフィールに関するアンケート調査を実施したところ、男性の56.8%、女性の63.6%が事実と異なるプロフィールを書いていることが明らかになったとのことでした。
性別・年齢別の割合を見ても、ほとんど全ての項目で一定数以上の人が事実を偽っており、男性は身長と年収、女性は外見と年収を偽りやすいとありました。
THE SINGLEはマッチングアプリのようにオンラインではなくオフラインでの出会いを提供しているため、先程にあったような特に男性に多い身長の偽りはありません。マッチングアプリでこのような不安や心配を感じる方はぜひTHE SINGLEに訪れてみてはいかがでしょうか?
参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000108517.html

■THE SINGLE PREMIUM EVENTレポート

THESINGLEでは会員ランクに応じ、特別なイベントを開催しております。今回は、THE SINGLEの会員様限定かつ、その中でもPLATINA・DIAMOND会員様限定の完全招待制イベントを実施いたしました。

イベント詳細
2022年10月20日(日)15:00-17:00
参加条件:PLATINA・DIAMOND会員様限定
参加人数:23名(男女比率は6:7)
参加平均年齢:男性34.2歳、女性34.4歳

今回も前回同様に【参加者全員のメッセージ交換が100%できる】プレミアムイベントを開催し、大盛り上がりとなりました。
イベント当日は、まずは1セット3分間のトークタイム。簡単なプロフィールシートを活用して全員と1:1で会話を楽しんでいただきました。その後、3回に分けて行われた15分間のグループトークタイムでは、普段1:1がメインのTHE SINGLEとは少し違った大人数のシチュエーションの中だからこその盛り上がりもありました。参加条件がPLATINA・DIAMOND会員様限定となっているため、高ランクのみだからこそいつもよりも素敵な出会いとなった方も多いと思います。参加者全員のメッセージ交換が100%できるため、「連絡先聴き忘れてしまった!」そんな心配がないのもこのイベントの最大のメリットです。
今後もさまざまなプレミアムイベントを開催予定ですので、ぜひご参加ください。

■「THE SINGLE×CBD低アルコール飲料BECHILL」検証レポート

2022/10/3(月)〜10/16(日)の期間で「THE SINGLE」(恵比寿店、池袋店)にて、THE SINGLE来店2回目未満の方(累計394名)を対象に、CBDのお酒を飲んだ事による「リラックス効果・会話の弾み具合」の検証を行いました。

調査概要
調査期間:2022年10月3日(月)〜2022年10月16日(日)
調査手法:店舗でのアンケート後、「THE SINGLE」が導入する相互評価システムによって飲用後のお互いの評価を測定。
調査対象:THE SINGLE来店2回目未満の方
有効回答者数
①BECHILLを提供したお客様:男性277名、女性117名、累計394名
②提供しなかったお客様:男性255名、女性121名、累計376名(総数770名)
調査店舗:THE SINGLE恵比寿店、THE SINGLE池袋店 

はじめに、BECHILLを提供したお客様に「THE SINGLEで1対1の相席は緊張しましたか?」 と質問したところ、45.4%(約半数の方)が「緊張した」、「少し緊張した」と回答がありました。
次に、「新しいお酒(BECHILL)を最初に飲むことでいつもと何か変化はありましたか?」と質問したところ「少し緊張した」と回答した方の64%、「緊張した」と回答した方の75%が「会話のネタになった」「リラックスできた」とのことでした。

BECHILLを飲用前と飲用後で相手への評価を比較すると、 BECHILLを飲んだ女性のお客様は男性への評価が平均で9%高くなりました。 また、BECHILLを飲用した人と飲用していない人を比較すると、BECHILL飲用後の方が、男女ともに相手への評価が高くなりました。
今回の検証から、BECHILLを飲むことにより緊張がほぐれリラックスして相席することができるため、相席後の相互の評価の向上、特に女性から男性に対する評価が高くなる傾向がわかりました。

※CBDとは
CBDとは、カンナビジオールのこと。大麻草などに含まれる成分(カンナビノイド)の一種でWHO(世界保 健機関)も「CBDを国際的に規制対象物質とすべきではない」と正式発表し、安全性を認めています。 

■相席LABO所長坂本より
株式会社イノセントが運営する「結婚相談所イノセント」の調査からも男性の56.8%、女性の63.6%と男女共に半数以上の人が何かしらを偽ってプロフィールを記載していることがわかりました。
マッチングアプリ疲れは大枠では同時に複数人とのやり取りに疲れてしまう人のことを指しますが、時間をかけてやりとりをしてやっとデートができると思いきや、会った瞬間または喋った瞬間に違和感を覚えるといったよう無駄骨を折る状況が続くといったことも大きな要因です。

プロフィール項目ごとにみてみると、男性の中でもっとも多くの人が偽っている項目は「身長」でその次が「年収」、女性の中でもっとも多くの人が偽っている項目は「外見」その次は男性と同じ「年収」だということがわかりました。
一方、2021年の出生動向基本調査によれば、結婚相手に求める女性側の条件として「男性の経済力」は相変わらず高く91.6%となっているものの、「相手の容姿」が1992年の調査以降の過去最高記録の81.3%となったことが話題となりました。(参考:https://toyokeizai.net/articles/-/625473)

相席業態のよいところは、アプリ上では多くの人が偽っている(偽りやすい)、つまりコンプレックスに感じやすい部分を最初から明確にした状態で出会うことができるということです。

身長も見た目も直接会ってしまえば偽りようがありません。そういった意味ではメッセージのやり取りやアプリ上の写真で判断しながら相手を探るよりも、THE SINGLEのような形態のお店で一度直接会ってから判断する方がタイムパフォーマンスはいいと感じる若者が増えているのも理解できます。

■所長プロフィール

坂本 志於里(さかもと しおり)
1991年11月23日生まれ。大学時代に20ヶ国を旅して世界の広さを知る。旅の魅力を届けるために所属していた学生団体では2,000人規模のイベントを企画し、チケットは完売。大学卒業後は旅行会社に入社し、学生の教育旅行を担当。恋愛相談が生徒から好評で、翌年前代未聞の添乗員指名をもらい社内をざわつかせる。その後は大手、スタートアップ問わず複数社で広報を担当。現在は持ち前のフットワークで広げた人脈とマッチング力を活かして広報、人事、コンテンツ制作、そして合コンの幹事をこなす。恋愛でも仕事でも人を繋げるのが好きなことから一部では「歩くマッチングアプリ」と呼ばれており、SNSの投稿がきっかけで相席屋や某マッチングアプリの企画作りにも携わっている。現在の訪問ヶ国数は47ヶ国。1ヶ月間でカップル5組を誕生させた実績の持ち主。座右の銘は『人を成長させるのは旅と恋 by従兄妹』

■相席LABOとは
2019年に”’恋愛総合データバンク”「相席屋LABO」は「相席居酒屋」という新しいジャンルを確立した業界のパイオニアとして発足いたしました。そして今回、「相席屋LABO」から「相席LABO」として、出会いや恋愛に関するさまざまなデータと定期的に行っている未婚男女へのヒアリングやさまざまな相席業態の調査を通じて恋愛・婚活・出会いのリサーチを行っております。そして出会いプロデュースのエキスパートである相席屋の現場スタッフや相席LABO所長の坂本からのコメントを通じて、数字では見えないインサイトについても解き明かし、発信しています。

■THE SINGLEについて
セクションエイトは出会いの創出を目指す「相席屋」を全国展開してまいりましたが、おひとりでも気軽に、安心して相席屋をご利用いただけるのが「THE SINGLE」です。

近年、おひとり様を楽しむシングル消費が増加し、ソロ活経験者は86.4%(*)にも上ります。「THE SINGLE」は、こうしたソロ活需要にも応えられるよう、より真剣な出会いを求める人々に向けた1対1での相席を提供します。完全会員制、全席個室で、2人きりの特別な時間を、安心してお楽しみいただける空間をご用意しました。
 (*)出典:https://www.excite.co.jp/news/article/E1341404898238/

■会社概要
会社名:株式会社セクションエイト(SECTION EIGHT CO.,LTD)
所在地:〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-8-11 Barbizon22 3階
主な事業内容:飲食店の経営・企画・コンサルティング、 フランチャイズ事業、イベント企画プロデュース
設立日:2008年6月20日
資本金  :1,000万円
代表者:代表取締役社長 安田 隆之
HP:https://section-8.jp/
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。