【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

食分野の新しい挑戦の種を見つけるピッチコンテスト、第3回「K,D,C,,, Food Challenge」最終審査を公開開催!~最終審査に進出する8組が決定!~

オイシックス・ラ・大地株式会社のプレスリリース

 オイシックス・ラ・大地株式会社の投資子会社Future Food Fund株式会社(以下Future Food Fund)は、この度、東日本旅客鉄道株式会社(以下JR東日本)、株式会社CAMPFIRE(以下CAMPFIRE)、株式会社オレンジページ(以下オレンジページ)の3社と共催で、第3回ピッチコンテスト「K,D,C,,, Food Challenge」を開催中です。食分野の新しい挑戦の種を見つけ、育てていくことを目的に、新たな食関連のプロダクトや試作可能なアイデアを募集。応募いただいた中から、厳正なる審査の結果、最終審査に進む8組が決定しました。本年12月9日(金)に開催する最終審査は、新大久保駅直上フードラボ K,D,C,,,にてオンラインも含む公開形式にて実施いたします。審査には各界で活躍する方々をお招きし、参加者とつなぐマッチング方式で実施予定となっております。参加者のみなさんの挑戦をぜひご覧ください。

  • ピッチコンテスト「K,D,C,,, Food Challenge」について

「K,D,C,,,Food Challenge」は、日本のフードチャレンジャーを支援し、社会実装による「新しい食文化」を創ることを目的に、Future Food Fund、JR東日本、CAMPFIRE、オレンジページが共催するピッチコンテストです。開催場所の「K,D,C,,,」はJR新大久保駅直上にあり、シェアダイニングや、コワーキングスペース、ファクトリーキッチンを備えた施設で、食を通じた新たなライフスタイルを提案していく「食のプラットフォーム」です。

「第3回 K,D,C,,,Food Challenge」ロゴ「第3回 K,D,C,,,Food Challenge」ロゴ

第1回は2021年12月に「10年後の心豊かな生活」をテーマに開催し、グランプリを受賞したのは㈱グリーン・エース。Future Food Fund から2,500万円の投資を実施するなど、フードビジネスの未来を創り出す第一歩をサポートしました。

第2回は本年2022年6月に「SDGsで注目の高まるアップサイクル食材の価値創出」をテーマにコンテスト形式で開催。食に関連した20社以上の企業が審査をし、tokyo farmfood株式会社の生パスタ「畑の贈り物」がグランプリを受賞。その後の展開としては、来年早々にはOisixのECサイトで商品として取り扱いが予定されています。
今回の第3回ではあえてテーマを絞らずに、より幅広く、食品のプロダクトやアイデアを募集しました。最終審査は各企業からお招きする審査員と参加者のマッチング形式で行い、商流にのせるためのチャンスの場となるよう支援いたします。

第2回ピッチコンテストの様子第2回ピッチコンテストの様子

第2回ピッチコンテスト表彰時の模様第2回ピッチコンテスト表彰時の模様

  • 1.最終審査開催概要

■名     称: 第3回 K,D,C,,,Food Challenge
■日  時: 12月9日(金) 15時~18時(予定)
■場  所: 新大久保駅ビル 4階「K,D,C,,,」 (東京都新宿区百人町 1-10-15)
                    オンライン配信の詳細は「K,D,C,,,」公式ウェブサイト内特設ページをご確認ください。
                    特設ページ https://kdc-foodlab.com/event/kdc-food-challenge03/
■審査内容:   最終審査進出の8組によるプレゼンテーション/試食
                   (審査員が興味を持ったことを表明するマッチング方式を用いて審査)
 

  • 2.最終審査に進出した8組 ※順不同

第3回目となる今回は、これからの食の未来を牽引する様々なアイデアが集まりました。厳正なる審査の結果下記の8組が最終審査へと進みます。
 

最終審査進出者最終審査進出者

 

  • 3.審査員

「K,D,C,,,」 サポート企業等が行います。  参加予定企業(五十音順)

・オイシックス・ラ・大地株式会社 執行役員 経営企画本部 グリーンプロジェクト 東海林 園子様

・株式会社崎陽軒 開発本部  R&D室  室長 津久井 瞳様

・株式会社JR東日本クロスステーション 執行役員 リテールカンパニー商品戦略部長 小俣 康則様

・セイコーエプソン株式会社 プリンティングソリューションズ事業本部 P事業戦略推進部 シニアスタッフ 大山 恵一郎様

・株式会社セブン&アイホールディングス グループ商品戦略本部 セブンプレミアム開発戦略部 シニアオフィサー 中村 功二様

・ハウス食品グループ本社株式会社
 研究開発本部 イノベーション企画部 (「食で健康」推進担当)グループ長 上野 正一様
 新規事業開発部 課長 里見 茂樹様
 

  • 3.共催・協力

JR東日本 「東京感動線/TOKYO MOVING ROUND」について
(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:深澤祐二)
JR東日本が手がける、山手線を起点に心豊かな都市生活空間を創造するブランド。山手線は、世界的にもユニークな地上を走る都心の環状線であり、歴史的・文化的に多様な個性のまちとまち、人と人をつないでいます。移動を含めた日常生活の利便性を高めるサービスに加え、多様なまちや人の個性を引き出し、駅と駅、駅とまち、人とまち、人と人のつながりを創り出すことで、心豊かな都市生活空間を創造してまいります。

 

 

株式会社CAMPFIREについて
(本社:東京都渋谷区、代表取締役:家入一真)
国内最大の購入型クラウドファンディング「CAMPFIRE」は、2011年のサービス開始から現在までに70,000件以上のプロジェクトを掲載し、支援者数は延べ850万人以上、流通金額は650億円に達しました。一人でも多く、一円でも多く想いとお金がめぐる世界を目指して、CAMPFIRE経済圏をつくっていきます。
 

株式会社オレンジページについて
(本社:東京都港区、代表取締役社長:立石貴己)
雑誌『オレンジページ』他雑誌・書籍の出版をはじめ、マーケティングによる情報提供サービス、生活雑貨を中心とした通販、「食」と「暮らし」を中心としたイベント・講座の運営、商品・サービス・地域等の“生活実装”に向けたコミュニケーションデザインおよびマーケティング支援など、生活を軸に多方面で事業を展開。
 

Future Food Fundについて
(本社:東京都品川区、代表取締役:松本浩平)
Future Food Fund株式会社は、2019年8月に日本の食のスタートアップエコシステムを作る為に、フードイノベーション領域に特化した国内外のスタートアップ企業への出資を目的としたCVCファンドを運営する投資子会社として、オイシックス・ラ・大地株式会社により設立され、現在、Future Food Fund 1号投資事業有限責任組合を運営しています。同組合(ファンド)のパートナー企業とともに、国内外の先進的な食・農・ヘルスケア領域への積極的な投資と、販売や商品開発などの支援も可能としており、日本国内で、スタートアップ企業を支援するエコシステムの構築を目指しています。 (「Future Food Fund」サイトURL:https://futurefoodfund.co.jp/ )
 

(協力)
株式会社CO&COについて
(本社:北海道札幌市、代表者:西尾 理恵子)
「異文化共生」をテーマに、国籍・年齢・性別・職業問わず、多種多様なバックグラウンドの人々が混じり合うボーダレスコミュニティ創りを行っており、「外国人の日本ファン化を推進する暮らしのインバウンド事業」や「日本人の海外チャレンジャーを創出するグローバル人材育成事業」など、共育・共創・共生で繋がる新たな事業モデルを複合的に展開しています。

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。