セブンイレブン『一風堂監修 博多とんこつラーメン』発売

『こぼれいくら丼かけ放題祭り』1月11日にスタート。北海道直送のプチプチいくら醤油漬けをこぼれ落ちるまでかけ放題で999円、通称『原価率300%丼』

株式会社 エッジのプレスリリース

「飲食は生活を豊かにするエンターテインメント」をモットーにする株式会社エッジ(本社:東京都港区、代表取締役:竹川哲治)が運営する「ジョニーの原価酒場 五反田店」(所在地:東京都品川区)は、1月11日(金)、こぼれ落ちるまでかけ放題のいくら丼の999円での提供を開始しました。毎月、一の位が1と9の日に実施します。入店料をいただくことで“原価率300%丼”での提供が可能になりました。

▼株式会社エッジ|公式サイト:http://www.washishabu-kotetsu.com/company/

 

 

■いくらの価格高騰前に契約して実現した北海道直送へのこだわり

 

こぼれいくら丼 は、999円での提供を実現しましたが、これは赤字覚悟ではなく赤字も承知のうえの価格です。「いくらかけ放題祭り」の開催日は毎月1の位が1と9の日(1日、9日、11日、19日、21日、29日、31日)。アツアツのご飯(約200グラム)に、プチプチいくら醤油漬けをかけ続け、青い波柄の受け皿からこぼれ落ちたら終了です。

 

 

いくらの販売価格をネット販売やスーパーマーケットで見ると、小売で100グラム当たり637円〜998円であり、平均約820円となっています(当社調べ)。当店でのいくらのこぼれる量は350~400グラム程度。いくらだけで小売価格2,870〜3,280円に相当します。それをいくら丼999円での提供ですから、

まさに”原価率300%丼”です。

 

いくらは現在市場で1キログラム=1万円を超える価格で取引される事もありますが、原価で提供できる当店なら、『名物!こぼれいくら丼(いくら約120グラム+ノリでおまけ付き)』を999円の価格でお腹いっぱい食べられます。北海道の地元海産物業者と価格高騰前に大量に契約することができたために実現できました。今後仕入れ値の変動が予想されますが、北海道直送いくら醤油漬けにこだわります。入店料として1,500円(税込)をいただくことですべてのメニューを原価で提供するシステムだからこそ、このサービスが可能になりました。フード、ドリンクともに45円から。しかも土曜・祝日に限りお子様の入店料無料(未成年に限る)です。

 

【YouTube動画】

 

 

【お店の様子】

 

店舗は屋内席とテラス席に分かれ、その日の気分でどちらも楽しめます。屋内席は広々とした空間で55席。個室(2~20名様)も設置しました。春~夏季は開放的なビアガーデンも開催します。

 

 

当店では旬の美味しいものを豊富に揃え、ジャンルにこだわらず「こんなの食べたい・飲みたい』を取り入れております。旬の美味しいものを豊富に揃え、ジャンルにこだわらず「こんなの食べたい・飲みたい』を取り入れております。肉は国産黒毛和牛A5ランクにこだわり、ランイチ部位(ランプとイチボ部位の間)をグリルパンで焼き上げる100グラムステーキ743円や、低温調理でじっくり煮込んだオリジナルもつ煮185円が、当店イチオシのメニューです。

 

■店が儲けすぎずに、お客様にお腹いっぱい食べていただく精神

 

当店はワイワイ楽しく、美味しいのは当たり前。インスタ映えするビックリ商品が多数の店を自認しています。驚異のコストパフォーマンスで多くの人が集まる酒場です。みんなでお腹いっぱい食べて飲んで楽しく過ごす1軒目に最適、2軒目でも使えるちょっとオシャレで、気取らず入れて雰囲気の良いお店を目指しています。居酒屋とバルの間が「ジョニーの原価酒場 五反田店」です。

 

原価率300%の価格でいくら丼を提供する大胆な店舗運営をするのは、以下のような理由によります。

 

1.好きなものをお腹いっぱい食べて飲んでいただきたい

2.儲け過ぎないがコンセプト

3.飽きられない商品力で末永く愛されるお店

 

昨今、飲食業界では低価格競争が激しくなっていますが、その一方で原価高騰の波により良い商品が届けにくくなっています。少しでも安く、おいしいものを消費者に届けたいという生産者の食材に対する思いを受け、料理人が腕を振るって良い料理を届けるという本来あるべき飲食店の姿が難しくなっているのが実情です。安全&安心&ハイクオリティーと安価との狭間に悩むのが現在の飲食店の経営と言っていいでしょう。

 

そこで、まず飲食店の利益を抑え、お客様の間に生まれる損得を一定の範囲内にすることが求められます。その結果として良い商品を一定価格で提供できるのです。作り手と消費者が純粋に楽しめる「やりがい」と「食べがい・飲みがい」があるお店を作りたいということが当社の原点と言えます。

 

こうした当店のお客様本位の姿勢は多くの媒体で紹介されています。

 

【関連記事】

 

「さすらいの旅人」氏が、今回は都心の人気店をご紹介http://ohitorisama.life/hitorimeshi/977

 

食べログMAGAZIN舟本恵さんの流行るお店はココが違うhttps://magazine.tabelog.com/articles/39111

 

お酒も食事もすべて原価だとっ!?話題の「ジョニーの原価酒場」https://www.nomooo.jp/column/97145/

 

「東京で食べたいこぼれいくら4選」今回は4店をご紹介!

http://lobves.com/2018/11/05/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%81%A7-%E3%81%93%E3%81%BC%E3%82%8C%E3%81%84%E3%81%8F%E3%82%89%E6%A5%BD%E3%81%97%E3%82%81%E3%82%8B%E3%81%8A%E5%BA%97%EF%BC%81/

 

<ジョニーの原価酒場 五反田店>

所在地:東京都品川区西五反田2-7-11 intexビル7F

電話番号:03-6303-9974

URL:http://www.washishabu-kotetsu.com/johnny/

アクセス:JR五反田駅から徒歩1分、東急池上線五反田駅から徒歩2分、都営浅草線五反田駅A2出口から徒歩1分

営業時間:月〜木・土・祝午後4時〜翌24時(料理L.O.午後11時、ドリンクL.O.午後11時30分)、金・祝前日午後4時〜翌 3時(料理L.O. 翌2時、ドリンクL.O. 翌2時30分)

定休日:日曜日(祝前日による変動有)

 

 

【株式会社エッジについて】

本社:〒108-0023 東京都港区芝浦3-6-8 TOKビル5F

代表者:代表取締役 竹川哲治

設立:2012年4月

電話番号:03-6809-4934

URL:http://www.washishabu-kotetsu.com/company/company.html

事業内容:飲食事業

 

 

【一般の方向けのお問い合わせ先】

企業名:株式会社エッジ

担当者名:竹川哲治

TEL:03-6303-9974

Email: edge201204@gmail.com

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。