セブンイレブン『一風堂監修 博多とんこつラーメン』発売

名古屋の食材を使用した創作料理が楽しめる『CAFE CANAL 1610』が2019年1月18日(金)、『ホテルJALシティ名古屋 錦』内にオープン!

ホテルJALシティ名古屋 錦のプレスリリース

2019年1月18日(金)、『ホテルJALシティ名古屋 錦』(本社:愛知県名古屋市 代表:大山哲生)の開店に合わせて『CAFE CANAL 1610』が名古屋市中区錦の同ホテル内にオープンいたしました。『CAFE CANAL 1610』では、きしめんや八丁味噌、守口漬など、地元名古屋の食材を使用したメニューをご用意しております。出張や観光で名古屋にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

 

 

 

■『CAFE CANAL 1610』店舗情報

オープン日:2019年1月18日(金)

住所:〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦一丁目16番36号

電話番号:052-211-7774

公式HP:https://www.nagoya-nishiki.jalcity.co.jp/

 

 

■『CAFE CANAL 1610』の愛知の食材を感じられるディナーメニュー

 

「”尾張バーガー”名古屋コーチンのグリルと守口漬のチーズバーガー」1,000円(税別)

 

“名古屋コーチン”やピクルスの代わりに挟んだ”守口漬”など、名古屋の名物をギュッと挟み込んだバーガーです。

名古屋コーチンの脂の旨味と、守口漬の熟成された塩味、モッツァレラチーズの爽やかな味わいが織りなすハーモニーを是非ともお楽しみください。

 

 

「柔らか芯舌の八丁味噌シチュー、きしめんdeカルボナーラ」1,600円(税別)

 

パスタの代わりに”きしめん”を使用したカルボナーラに、厚切り牛タンが入った八丁味噌のシチューをあわせた一品。

厚切りながらもほろほろとほぐれる牛タンに、八丁味噌の味わいがマッチします。

 

 

「牛すじの土手煮ピラフ」800円(税別)

 

愛知県の郷土料理”土手煮”をご飯と炒めて、ピラフに仕上げました。しっかりとした味付けなので、お酒と一緒にお召し上がりいただくのもおすすめです。

 

 

■シャンパンゴールドを貴重とした落ち着いた店内

 

 

店内はシャンパンゴールドを基調とした落ち着いた空間になっています。

モーニングビュッフェからランチ、ディナーまで愛知の名物を使用したメニューを数多くご用意しておりますので、ぜひゆったりとお食事をお楽しみください。

 

 

■『CAFE CANAL 1610』店舗情報

オープン日:2019年1月18日(金)

住所:〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦一丁目16番36号

電話番号:052-211-7774

公式HP:https://www.nagoya-nishiki.jalcity.co.jp/

 

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。