【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

日本相撲協会とのサステナビリティパートナー契約を締結

大関株式会社のプレスリリース

大関株式会社(社長:長部訓子/兵庫県西宮市)は、公益財団法人日本相撲協会(理事長:八角信芳/東京都墨田区)と「サステナビリティパートナー」契約を締結しました。

「大相撲サステナビリティ」は、日本相撲協会が2023年1月より開始するもので、1500年の歴史の中での学びを活かし、これから先のより良い未来をパートナー企業と共創していく活動です。
 

  • 当社と大相撲の歴史について

1884年(明治17年)に、従来の江戸積を主とする下り酒のイメージが強い「万両」から、新たな市場開拓に向けての想いを託し、音が「大出来」に通ずること、また「覇者」を意味し、当時の大相撲における最高位でもあった「大関」を主要銘柄としました。
その後1900年(明治33年)の大阪場所で優勝力士に副賞として「大関」の酒を贈呈。1958年(昭和33年)からは大相撲本場所優勝力士に「大関杯(銀盃)」・表彰状・副賞・お酒を贈呈し始めるなど、現在まで130年以上の歴史を共にしています。
 

  • サステナビリティパートナー契約について

当社は1711年(正徳元年)に現在も本社を置く兵庫県西宮市今津の地で「酒造り」を始め、以来310年以上、醸造技術をもとにした事業を続ける中で「日本酒」という日本古来の循環型産業の伝統と文化を継承してきました。
同じく高い格式と伝統を備え、1500年もの間日本の伝統と文化を継承してきた国技である大相撲の歴史と活動はまさに「持続可能な開発目標(SDGs)」を象徴しており、更なる持続可能で発展的な世界の実現にシナジーが発揮されると考え、「サステナビリティパートナー」として参画させていただくこととしました。
今後もこれまで以上に、日本相撲協会や他パートナ―企業との共創により、日本の伝統・文化を後世に引き継いでいけるような活動やよりよい社会の実現に向けた活動を実施してまいります。
 

  • 活動一例

・各本場所の観戦ガイドやパンフレットへの広告掲載
・オフィシャルホームページやSNSアカウントを利用した協業(活動PRやキャンペーンの実施)
・力士肖像を活用した商品開発 等
(今後の具体的な活動内容については適宜公開致します。)

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。