【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

モルドバ産ワインテイスティング会 1/28・29 in 二子玉川 蔦屋家電 / アイ・シー・ネット

株式会社 学研ホールディングスのプレスリリース

株式会社学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、アイ・シー・ネット株式会社(埼玉/代表取締役社長:百田顕児、以下アイ・シー・ネット)は、1月23日(月)~1月29日(日)の期間、ウクライナ難民支援のイベントを開催します。 期間中、サイドイベントとしてウクライナ難民が避難しているモルドバのワインテイスティング会を行います。

■ イベント概要
「5000年の歴史を持つモルドバワインの世界」
日本では珍しいモルドバ産のワイン2種類の試飲とワイン、モルドバについて解説付き

【日時】 2023年1月28日(土)、1月29日(日) 各日3回
【場所】 二子玉川 蔦屋家電 2F/イベントスペース(東京都世田谷区)
【講師】 遠藤エレナ/モルドバワイン公認ブランド・アンバサダー、モルドバのブドウ・ワイン協会の日本代表

 事前申込・イベント詳細 https://wine-event-icnet.peatix.com
各回30分、参加費1,200円

■ ウクライナ難民支援イベント
2023年1月23日(月)~29日(日)に二子玉川 蔦屋家電 2F/E-room2にて、「ウクライナ難民の暮らしの今」の写真パネル展を開催します(イベントWEBページhttps://www.icnet.co.jp/business/ukrsupport)。期間中に行うワインテイスティング会では身近なワインを通してウクライナ難民支援に“関わる”機会を持っていただくことを目的にしています。

 モルドバ産ワイン
ウクライナの隣国、モルドバには約10万人が避難しています。モルドバのワイナリーではウクライナ難民へ住居の提供、生活支援を行っています。ワインという身近なものを通じて、ウクライナ難民支援に“関わり”が持てる週末限定のイベント。

 

主催:アイ・シー・ネット株式会社

社会課題解決を得意とする開発コンサルティング会社
設立1993年 https://www.icnet.co.jp/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。