【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

大寒(1月20日)は甘酒の日 寒い日にぴったりのやさしい甘さ「れんげはちみつ甘酒」1月17日(火)より新発売!

森永製菓株式会社のプレスリリース

森永製菓株式会社(東京都港区芝、代表取締役社長・太田 栄二郎)は、甘酒市場のトップブランドである『森永甘酒』から「れんげはちみつ甘酒」を1月17日(火)より期間限定で発売いたします。

甘酒は、健康志向や美容をテーマに、発酵食品としても注目されています。この度発売する「れんげはちみつ甘酒」は、厳選した酒粕と米麹という2つの発酵素材をブレンドし、れんげはちみつを加えた甘酒です。酒粕の深いコク、米麹のやさしい甘さ、そしてはちみつの味わいが絶妙です。
1月20日の大寒は甘酒の日※です。一年でもっとも寒いこの時期にぴったりの、はちみつのコクとやさしい甘みが特長の「れんげはちみつ甘酒」の発売により、甘酒の飲用機会創出と新たな甘酒ユーザーの拡大に努めてまいります。

※甘酒の日
日本の伝統的な飲み物であり発酵食品である甘酒の良さ、おいしさを多くの人に知ってもらいたいと、1969年から甘酒を販売してきたことから森永製菓が制定しました。疲れを癒し、身体が温まる飲み物として大寒の頃がもっとも飲まれていることから大寒の日を甘酒の日としました。

■「れんげはちみつ甘酒」商品特長
①れんげはちみつ味の甘酒。はちみつのコクのあるやさしい甘みが特長です。
③2種類の発酵素材である酒粕・米麹を使用。厳選された国産の酒粕と米麹をこだわりの比率でブレンドし、れんげはちみつを加えました。
③はちみつのかわいらしい世界観をイラストタッチで表現した暖かみのあるデザイン
④アルコール分1%未満の清涼飲料水

■商品概要
商品名  れんげはちみつ甘酒
内容量  185g
参考小売価格 オープンプライス
発売日  2023年1月17日(火)
発売地区  全国/全ルート
ターゲット  30~40代
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。