ペヤング新作『ペヤング たらこやきそば』2月6日(月)発売

【ヒルトン東京】ミシュラン 1 つ星&「世界のベストレストラン 50 」に選出されたシンガポールで最も予約が取れないレストランの1つ「Burnt Ends (バーント・エンズ)」を 日本初 招聘

ヒルトン東京のプレスリリース

Burnt Ends(バーント・エンズ)オーナーシェフ デイブ・ピント氏Burnt Ends(バーント・エンズ)オーナーシェフ デイブ・ピント氏

【2023年1月17日】  ヒルトン東京(新宿区 総支配人ロジャー・ブランツマ)2 階「メトロポリタングリル」では、2月22日(水)より24日(金)までの3日間、ミシュラン1つ星レストランであり、シンガポールで最も予約が取れない事で知られるモダン・バーベキューレストラン「Burnt Ends(バーント・エンズ)」のオーナーシェフ、デイブ・ピント氏を招聘し、日本初となるポップ・アップレストラン『Burnt Ends@メトロポリタングリル』をオープンします。期間中はピント氏自ら日本で食材を選りすぐり、世界中で注目を集める熾火のテクニックを駆使したシェフズメニューをランチとディナーでご提供します。

ドライエイジ和牛@Burnt Endsドライエイジ和牛@Burnt Ends

世界中の美食家を魅了するグルメ大国シンガポールで2013年、Burnt Endsは開業。“焦げた端っこ”を意味するその店は、ザガット2014で「世界で最も熱いレストラン10店」に選ばれたのをはじめ、2014年以来「アジアのベストレストラン50」に毎年名を連ねています。2017年、「アジアのベストレストラン50」においてレストランは10位にランクインしたほか、ピント氏は全参加シェフとインフルエンサーが選ぶ「シェフズ・チョイス賞」も受賞。2021年には「世界のベストレストラン50」において34位、「アジアのベストレストラン50」では14位にランクインしています。さらにBurnt Endsは2018年より連続でミシュラン1つ星を保持しています。

Burnt Ends内観Burnt Ends内観

オーストラリア パース出身のピント氏は世界的なカリスマシェフの元で研鑽を積みながら独自のスタイルを築いていきました。和久田哲也氏がオーナーシェフを務めるTetsuya’s (シドニー、オーストラリア)でキャリアをスタートした後、世界一のレストランと名高いNoma(コペンハーゲン、デンマーク)、炎の魔術師の異名を持つヴィクトル・アルギンソニス率いる「エチェバリ」(バスク地方、スペイン)では炎を用いた調理への情熱を再認識したと話しています。

うずら卵のスモーク キャビアうずら卵のスモーク キャビア

この度3日間限定でオープンする『Burnt Ends@メトロポリタングリル』では、ピント氏のシグニチャーディッシュである「うずら卵のスモーク キャビア」、「ビーフマーマレード&ハウスピクルス」や「ヴェニソン パースニップのスモークとアーティチョーク」などに加え、ピント氏が日本で出会う食材が、メトロポリタングリルで常用する桜の薪と炎で昇華するメニューをランチ、ディナーにてご提供します。ランチは9品からなるコースを¥15,000、ディナーは11品からなるコースを¥23,000でご用意する他、ドリンクのペアリングメニューを¥7,000(ディナー時は¥10,000)でお楽しみいただけます。

ビーフ、雲丹、キャビアビーフ、雲丹、キャビア

ドリンクのペアリングメニューは、ペンフォールズのワイン、厳選した日本酒に加え、株式会社Y.Y.G BREWING COMPANY(渋谷区代々木)がメトロポリタングリル オリジナルで醸造したブラックラガービールも含まれます。コーヒーやカカオニブ、香辛料を用い桜の薪のスモークを利かせたビールの風味が特徴となっています。

この度のポップ・アップレストランオープンにあたり、ピント氏は「日本の優れた食材、そして卓越したクラフトマンシップと私たちのクッキングスタイルが融合する初のポップアップレストランをここ東京でオープン出来、最高にワクワクしています。」と語っています。

『Burnt Ends@メトロポリタングリル』は、各日人数限定でのご案内となり、満席になり次第終了となります。

グリルオーブン@Burnt Endsグリルオーブン@Burnt Ends

『Burnt Ends@メトロポリタングリル』 概要

レストラン:メトロポリタングリル (ヒルトン東京2F)
期間:2月22日(水)~24日(金)
営業時間:11:30am – 3:00pm / 5:30pm – 10:00pm
料金: 【ランチ】¥15,000 (ドリンクペアリング+¥7,000)
            【ディナー】 ¥23,000 (ドリンクペアリング+¥10,000) ※税金、サービス料込
ご予約:https://tokyo.hiltonjapan.co.jp/plans/restaurants/lunch/metropolitangrill-2302

メトロポリタングリルメトロポリタングリル

アメリカン・エキスプレス特別割引特典
日本で発行されたアメリカン・エキスプレスの対象カード会員様(家族カード会員様含む)がご本人のお名前
でご予約の上、対象カードにてお支払いいただいた場合に10%割引いたします。
対象カード: ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレスの提携カード / プラチナ・カード ®
プラチナ・カード ® に付随するアメリカン・エキスプレス ® ・ゴールド・カード、アメリカン・エキ スプレス ® ・グリーン・カードではご利用いただけません。

 ヒルトン東京について
ヒルトン東京は、世界展開を続けるホテルチェーン、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツのホテルの一つとして1963年6月20日に永田町にオープン。東京オリンピックの前年、日本で初めての外資系ホテルとして誕生しました。1984年9月1日に現在の新宿副都心に移転、新宿副都心の一角、都庁にほど近く、隣に新宿中央公園という恵まれた環境にあり、充実した施設と、“ヒルトンスタンダード”といわれる高水準のサービスを誇るファーストクラスのホテルです。8階より38階までが客室となり、スイートを含む全830室の客室は、国際的ながらも日本の情緒をインテリアに取り入れ、全室有線/無線インターネットアクセスが完備されています。また、館内には、日本料理「十二颯」、中国料理「王朝」、「メトロポリタングリル」、バー&ラウンジZATTAを擁するダイニングフロアTSUNOHAZU、「マーブルラウンジ」、英国風「セント・ジョージ バー」を含む6つのレストラン&バーを備えています。その他、正餐600名、立食900名まで収容可能な大宴会場と小中宴会・会議室計21室、ウェディング・チャペル、室内プール、ジム、サウナ、屋外テニスコートなどを完備したフィットネスセンター、並びに地下駐車場など、多目的ホテルとして十分な機能を備えています。ヒルトン東京に関する詳細はhiltontokyo.jp をご覧ください。

ヒルトンについて
ヒルトンは、世界 123 の国と地域に 7,000 軒以上(110 万室以上)のホテルを展開しているホスピタリティ業界のグローバルリーダーで す。 ヒルトンは、世界で最もおもてなしの心に溢れた企業であることをミッションに掲げ、これまで 100 年以上の歴史で 30 億人を超え るお客様をお迎えしました。「米 Fortune 誌の働きがいのある会社」の上位企業として選ばれ、世界有数の ESG 投資指標である「ダウ・ ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」で世界的リーダーにも 6 年連続選出されています。ゲストエクスペリエンスを向上するため、デジタ ル・キー共有、無料の客室アップブレード事前選択および「コンファームド・コネク ティングルーム」機能など業界をリードするテクノロジーを 導入しています。19 のグローバル・ブランド・ポートフォリオのうち、日本では、コンラッ ド・ホテルズ&リゾーツ、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ、ダ ブルツリーby ヒルトン、キュリオ・コレクション by ヒルトン、LXR ホテルズ&リゾーツ、ヒルトン・ガーデン・インの 6 ブランド・21 軒のホテルを展 開しています。また、受賞歴を誇るゲスト・ロイヤルティ・プログラム「ヒルトン・オナーズ」の会員数は約 1 億 4,600 万人を有し、ヒルトン の公式予約チャネル経由で直接予約したヒルトン・オナーズ会員は、宿泊や体験などに交換できるポイントを獲得することができます。ま た、無料のヒルトン・オナーズ・アプリ(https://apps.apple.com/jp/app/hilton-honors/id635150066)から客室の選択、デジタル・チェック イン、デジタル・キー(日本国内では一部のホテルではデジタル・キーは未導入)をご利用いただけます。最新の情報はこちらをご覧ください。 https://stories.hilton.com/ https://www.facebook.com/hiltonnewsroom https://twitter.com/hiltonnewsroom https://www.linkedin.com/company/hilton https://www.instagram.com/hiltonnewsroom https://www.youtube.com/hiltonnewsroom

Burnt Endsについて
Burnt Ends(バーント・エンズ)は2013年、オーナーシェフ デイブ・ピント氏によりシンガポールにオープン。熾火によるモダン・バーベキューレストランとして人気を博しています。ザガット2014で「世界で最も熱いレストラン10店」に選ばれたのをはじめ、2017年、「アジアのベストレストラン50」においてレストランは10位にランクインしたほか、ピント氏は全参加シェフとインフルエンサーが選ぶ「シェフズ・チョイス賞」も受賞。
2021年には「世界のベストレストラン50」において34位、「アジアのベストレストラン50」では14位にランクインしています。さらにBurnt Endsは2018年よりミシュラン1つ星を保持しています。 Website: https://burntends.com.sg/ Facebook: http://www.facebook.com/BurntEndsSG Instagram: http://www.instagram.com/burntends_sg

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。