ペヤング新作『ペヤング たらこやきそば』2月6日(月)発売

キリンビバレッジ湘南工場でリサイクルレジン※1を100%使ったペットボトルのプリフォーム※2製造を開始

キリンホールディングス株式会社のプレスリリース

 キリンビバレッジ株式会社(社長 吉村透留)は、キリンビバレッジ湘南工場(工場長 松田明彦)で、リサイクルレジンを100%使ったペットボトルのプリフォームの製造を3月上旬より開始します。
※1 使用済みのペットボトルを粉砕・洗浄して造られたPET容器の原料となる樹脂
※2 膨らませる前のペットボトルの原型。試験管のような形をしている
※3 再生PET樹脂を100%使用したペットボトル

1.背景

現在、湘南工場では、バージンレジン※4を使ったプリフォームの製造はしていますが、リサイクルレジンを100%使ったプリフォームは外部調達しています。当社では商品の一部で「R100ペットボトル」の使用を開始し、今後さらに拡大していく計画です。しかしながら、リサイクルレジンを100%使ったプリフォームを安定的に外部から調達するには限りがあるため、「R100ペットボトル」を使った商品をさらに拡大していくためには、自社でリサイクルレジン100%を使ったプリフォームを製造し、供給量を増やす必要がありました。
※4 石油由来のPET容器の原料となる樹脂

■ペットボトル製造工程のフロー

2.概要
今回、豊通ペットリサイクルシステムズ株式会社(社長 小坂彦二)の滋賀県日野町に新設した飲料ボトル用リサイクルPET樹脂の製造工場が2022年10月より本格稼働し、リサイクルレジンを製造開始したことによって、当社はプリフォームに使用するリサイクルレジンを十分に調達できるようになりました。そこで、当社は湘南工場の既存のプリフォーム製造設備を使用し、リサイクルレジンを使ったプリフォーム製造を開始します。
3.効果
・リサイクルレジンの製造工程では、バージンレジンと比べ、GHG※5排出量を50~60%削減※6可能
・「R100ペットボトル」の安定した調達量の確保
・容器包装の自社製造による品質管理の精度向上

4.今後の展開
当社は2021年より「生茶」ブランドを環境のCSV※7フラッグシップブランドと位置付け、「R100ペットボトル」の導入拡大を行っています。本取り組みを実施することで、「R100ペットボトル」の商品展開をさらに推進し、プラスチックに関する社会課題解決への貢献を目指します。
※5 GreenHouse Gas:温室効果ガス
※6 キリングループ環境報告書2022
※7 Creating Shared Valueの略。お客様や社会と共有できる価値の創造

 キリングループは、自然と人を見つめるものづくりで、「食と健康」の新たなよろこびを広げ、こころ豊かな社会の実現に貢献します。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。