【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

工場の日常が変わる。日本初!工場×地域飲食店を結ぶプラットフォームサービス開始

カルビー株式会社のプレスリリース

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:伊藤 秀二)は、工場と地域飲食店を仲介し、工場敷地内にポップアップストアを定期展開する日本初のプラットフォームサービス『FOOD for FACTORY』(https://foodforfactory.jp)を2023年1月23日(月)より北関東エリア(栃木県全域+群馬県・茨城県の一部)で開始します。
当社は、「2030年 新規食領域売上高比率20%超」を目標として新規事業領域拡大に注力しており、本事業はその一環として創出されたものです。「工場従業員のリフレッシュ」を目的とした本事業を開始することにより、国内に700万人以上(※経済産業省 2020年工業統計調査)いる製造業従事者の心の健康に寄与し、企業理念でもある「人々の健やかなくらしに貢献」することを狙いとしています。                                   

本事業では、働き方に制約の多い工場従業員のリフレッシュのみならず、地域飲食店の販路拡大にも貢献し、立地企業と地域との連携強化にもつながります。
2021年4月よりカルビー3拠点(新宇都宮工場、清原工場、R&Dセンター:栃木県宇都宮市)、2022年2月より株式会社ミツカン館林工場(群馬県館林市)、2022年12月よりデュポン株式会社宇都宮事業所(栃木県宇都宮市)にて先行導入しました。先行導入工場からは、「飲食店の豊富なラインアップにより継続的にリフレッシュとワクワクが届けられている」「地域経済の循環性に魅力を感じている」との声が寄せられるなど、好評を博しています。
まずは北関東エリアで事業モデルの確立を目指し、将来的には全国のカルビーグループ工場周辺エリアへの拡大を検討してまいります。

利用者の様子(先行導入工場)利用者の様子(先行導入工場)

  • 事業開発担当者コメント 

 

新規事業本部 新規事業部 事業推進課 課長 佐伯 千香(さえき ちか)さん

私の所属する新規事業本部は、「スナック、シリアルに次ぐ第3の柱の構築」を目指して2020年に設立されました。各メンバーが、自身が着目する課題を解決する事業構想を進めています。私は前任の品質保証部門で関わりの深かった“工場”に焦点を当て、製造現場の皆さんに喜んでいただける事業を創造すべく、本事業を考案しました。
入社して10年が経過し、本社部門ではオフィスのリニューアルや働き方改革が進む一方、働き方に制約の多い工場の様相は入社時と大きく変わっていないように感じます。弊社の要である「工場の景色を変えたい」という強い思いが本事業の原点です。
■参考インタビュー記事:https://note.calbee.jp/n/n2b5fa02d12e2
 

  • カルビーグループについて

1949年の創立以来、私たちは、自然の恵みを大切に活かし、おいしさと楽しさを創造して、人々の健やかなくらしへの貢献を実践してきました。カルビーグループは、ライフラインをつなぐ食品企業として、サステナビリティを経営の根幹に据え、食を通じて社会課題を解決することで、新たな食の未来を創造します。
https://www.calbee.co.jp/) 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。