【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

創業明治四十三年、大阪の老舗洋食店「大阪・難波 自由軒」名物カレー風しっとり煎餅 新発売!!

アイデアパッケージ株式会社のプレスリリース

大阪・難波にある老舗西洋料理店「自由軒」の名物カレーを米菓で表現した「名物カレー風しっとり煎餅」を関西エリアのセブンイレブンで2023.1.26に先行発売いたします!
2023.2.15からは全国発売となります!

アイデアパッケージ株式会社(所在:大阪府池田市、代表取締役:西尾優志)は大阪で99パーセント食品に特化したデザイン制作や、商品開発を含むOEMの受託、さらには自分達で考えたアイデアを実際に商品化し、販売まで行っている、世にも珍しいデザイン会社です。

 

その、アイデアパッケージが大阪・難波にある老舗西洋料理店「自由軒」の名物カレーを米菓で表現した「名物カレー風しっとり煎餅」を新発売します。

 

 

 

 

 

大阪・難波 自由軒 本店大阪・難波 自由軒 本店

大阪・難波 自由軒は明治43年に大阪で初めての西洋料理店として、大阪の千日前にて創業。西洋料理が高級品であった頃より、「お客様へ本当に美味しい物を手軽にお楽しみ頂きたい」という想いを今も引き継ぎ地方、地元問わずお客様から愛され続けている歴史のあるお店です。

 

 

その中でもダントツで人気の看板メニューが「名物カレー」
名物カレーとは、創業当時に人気メニューだったカレーライスを保温設備の無い時代でありながらも「お客様に熱々の料理を食べて頂きたい」という想いから、初代店主がフライパンでご飯とカレーを混ぜながら加熱して提供する事で産まれた、想いの沢山詰まった、まさに名物の美味しいカレーです。
それ以来、創業110年を超えた現在も自由軒の看板料理として愛され続けています。

 

今回発売する「名物カレー風しっとり煎餅」は、そんな独自の製法でつくられている名物カレーのしっとり感を煎餅で表現した、しっとりぬれ煎餅です。

お店で実際に名物カレーでも使われているオリジナルブレンドのカレー粉を使用し、ウスターソースにどぶづけされてしっとりスパイシーでとても食欲をそそります。また、自由軒の名物カレーは、レトルトカレーとしても販売しており、その姉妹品として、老舗洋食屋のレトロ感と、カレーのイメージをそのままパッケージにしました。

 

受け継がれてきた名店の味を堪能できる名物カレー風しっとり煎餅を、この機会にぜひお楽しみください。

  • 名称     大阪・難波 自由軒 名物カレー風しっとり煎餅
  • 価格     230円(税抜)
  • 内容量 40g
  • 賞味期限 製造日より120日間
  • 発売日 2023年1月26日 関西のセブンイレブンにて先行発売 ※全国発売は2023年2月15日

■商品に関するお問い合わせ先
アイデアパッケージ株式会社
TEL:072-760-3411
https://www.idea-package.co.jp/

 

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。