【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

〔神奈川〕日本大学と初コラボ 県内産学連携で親子料理教室 地産地消のお菓子作り2月5日(日)

パルシステム連合会のプレスリリース

生活協同組合パルシステム神奈川(本部:横浜市港北区新横浜、理事長:藤田順子)は2月5日(日)11時から13時まで、茅ケ崎市のふらっとパル茅ケ崎で小田原産の食材を活用した親子菓子作り教室を開催します。日本大学生物資源科学部食品ビジネス学科の学生と連携し、地産地消の推進に向けて地域に理解を広めます。

米粉の活用で食料自給率向上への理解も
料理教室では、パルシステムの産直産地ジョイファーム小田原(小田原市曽我岸、鳥居啓宣代表取締役)産の青果を加工したブルーベリージャムと緑(あお)みかんシロップを活用し、お菓子を作ります。講師を務めるのは、日本大学生物資源科学部食品ビジネス学科(藤沢市亀井野)の学生です。
国内食料自給率向上に向けた地産地消の大切さを学ぶ学生たちが考えた、オリジナルレシピ「米粉のブルーベリーマフィン」と「緑(あお)みかんシロップのフレンチトースト」を参加する親子とともに手作りします。
食料品価格が高騰するなか、国内で生産できる米粉などを活用したレシピで地産地消を実践するとともに、親子の食育を応援します。

産学連携で学生たちの学びも応援
パルシステム神奈川は2022年6月から、同学科の川手督也教授と谷米温子准教授との連携をスタートしました。学生たちの産地見学やパルシステム商品開発の背景の学びにも協力し、食品の魅力に触れた学生の発案で料理教室が開催されます。
学生たちとのコラボイベントは初開催となり、生協と産地、教育機関との産学連携が実現します。

親子お菓子作り教室開催概要
日時:2023年2月5日(日) 11:00~13:00
会場:ふらっとパル茅ケ崎(神奈川県茅ヶ崎市新栄町8-5 山藤ビル1F)
アクセス:JR茅ケ崎駅北口より徒歩4分
参加費:無料
子ども参加推奨年齢:7~10歳 大人のみの参加も可
企画詳細:https://www.palsystem-kanagawa.coop/event/detail/oyakookashi-20230205/
申込URL:https://web2.mm.pal-system.co.jp/form/pub/kanagawa/oyakookashi-20230205
申込締切:1月30日(月)

 

米粉のブルーベリーマフィンなどを調理米粉のブルーベリーマフィンなどを調理

ジョイファーム小田原の ブルーベリージャム(左)と緑(あお)みかんシロップ(右)を使用ジョイファーム小田原の ブルーベリージャム(左)と緑(あお)みかんシロップ(右)を使用

講師を務める学生の皆さん講師を務める学生の皆さん

■組織概要
生活協同組合パルシステム神奈川
所在地:横浜市港北区新横浜3-18-16 新横浜交通ビル、理事長:藤田順子
出資金:111.9億円、組合員数:347千人、総事業高:563.1億円(2022年3月末現在)
HP:https://www.palsystem-kanagawa.coop

パルシステム生活協同組合連合会
所在地:東京都新宿区大久保2-2-6 、理事長:大信 政一
13会員・統一事業システム利用会員総事業高2,569.1億円/組合員総数168.3万人(2022年3月末現在)
会員生協:パルシステム東京、パルシステム神奈川、パルシステム千葉、パルシステム埼玉、パルシステム茨城栃木、パルシステム山梨、パルシステム群馬、パルシステム福島、パルシステム静岡、パルシステム新潟ときめき、パルシステム共済連、埼玉県勤労者生協、あいコープみやぎ
HP:https://www.pal.or.jp

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。