【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

『ミンティア クリームソーダ』『ミンティア プリン』3月6日発売

アサヒグループ食品株式会社のプレスリリース

 アサヒグループ食品株式会社(本社 東京、社長 川原浩)は、「MINTIA(ミンティア)」のレギュラーシリーズから、『ミンティア クリームソーダ』『ミンティア プリン』を3月6日から発売します。ニューレトロをテーマに、お菓子を食べる楽しさ、幸福な気持ちを提供し、10代~20代の若年層ユーザーのリフレッシュシーンに向けたラインアップ強化を図ります。

■商品特長
・レトロな喫茶店の人気メニューをイメージした味わいです。若年層を中心にレトロカルチャーブームが続いており、体験したことがなくても、懐かしさを感じるものに「昔っぽい雰囲気が良い」と感じる風潮が高まっていることから、若年層のリフレッシュシーンに向けたニューレトロをテーマにした商品を展開します。
・「クリームソーダ」はメロンソーダ味のタブレットにバニラアイス風味のキャンディチップを配合し、昔懐かしい甘さが感じられるクリームソーダの味わいに仕上げました。
・「プリン」は卵の風味が香るプリン味のタブレットにほろ苦いカラメルソースをイメージしたキャンディチップを配合し、昔懐かしい甘さが感じられるプリンの味わいに仕上げました。
・パッケージは、「クリームソーダ」はドット柄、「プリン」はストライプ柄をあしらったシンプルでレトロなラベルデザインで、外装フィルムによってイラストが浮かび上がる遊び心ある仕様です。
・「ミンティア」発売以来初となる薄肉軽量化容器を採用します。従来のレギュラーシリーズの容器と比べてプラスチック使用量は11%削減となります。パッケージの裏面には、独自の環境配慮マーク【CO2削減でエコ】を記載します。

■「ミンティア」ブランドについて
 錠菓市場売上金額No.1 ※の「ミンティア」ブランドは、タブレット菓子としてのおいしさや、食感、パッケージに至るまで全てにこだわった多彩な商品ラインアップを展開してきました。
 2023年は、ブランドの本質的価値であるリフレッシュへの対応を強化し、「ミンティア」喫食によるリフレッシュを通じて心の健やかさに貢献し、継続的な需要喚起を図ることで、160億円(前年比108%)の売上を目指します。さらに、「ミンティア」発売以来初となる容器の薄肉化に取り組み、環境に配慮した商品開発・展開を推進します。
※インテージSRI+/キャンディ(錠菓)市場 2021.12~2022.11 累計販売金額

【商品概要】
商品名  ミンティア クリームソーダ/ミンティア プリン
内容量  50粒(7g)
発売日  3月6日
発売地域 全国

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。