【自宅カフェ】辻利・上島珈琲店・AfternoonTeaなど人気店の味が1台で楽しめる『KEURIG』

お湯を注いで混ぜるだけ!とろ~り伸びるチーズソースで食卓に新提案「まぜのびチーズソースの素」 新発売

ハウス食品グループ本社株式会社のプレスリリース

ハウス食品は、「まぜのびチーズソースの素」を2月13日からスーパーなどで発売します。顆粒にお湯を注いで混ぜるだけで、とろ~り伸びるチーズソースを楽しく簡単に作ることができ、いつものメニューの見た目や味を手軽にグレードアップできます。内容量は67g(33.5g×2袋)、オープン価格(税別参考小売価格258円)。

■特徴
(1)お湯を注いで混ぜるだけでチーズソースがとろ~り伸びて、冷めてもトロトロ感をキープ!

(2)まろやかでコクのあるチーズソースなので、かけたり、つけたり、様々なメニューに使いやすい!

*画像左から、キーマカレー、チーズフォンデュ、パンケーキ、スナック

■開発ストーリー
①【きっかけ】
「まぜのびチーズソースの素」の開発プロジェクトを開始したのは、コロナ禍に突入して間もない2020年5月でした。2020年4月に緊急事態宣言が発令され、家庭内食の機会が増加したことで定着してきた”日々の食卓をできるだけ楽しく、イベント化したい”というニーズを受け、ご家庭の食卓を楽しく盛り上げる製品を提供したいと考え開発がスタートしました。製品の企画を進める中で、ラクレットチーズをはじめとするチーズをたっぷり使ったメニューが外食やコンビニエンスストアなどで“映える”メニューとして増加傾向にあることに着目し、本製品の開発に至りました。

開発初期の手書きアイデアシート開発初期の手書きアイデアシート

②【メインターゲット】
4歳~小学生のお子様を持つファミリー世帯

③【苦労した点】
顆粒をお湯で溶かすだけで、まるで溶けたチーズのようにとろ~りと伸びて、冷めてもトロトロ感をキープで きる新技術(特許出願中)の開発に時間を要しました。
●とろみを強くし過ぎるとチーズソースとして扱いづらくなってしまうため、溶けたチーズをイメージしつつ、いろいろなメニューにかけたりつけたりするのに、ちょうどよい加減となるよう、とろみを調整しました。
●チーズの風味は種類によって様々ですが、クセが強いと食べられない方も多いため、まろやかでコクのある子どもから大人まで食べやすいチーズの風味に仕上げるのに苦労しました。

④【楽しめる2つのポイント】
1. 自分で作る楽しさ!
顆粒にお湯を注いで混ぜていくと、まるでチーズを溶かしたような強いとろみが付いていく変化を楽しむことができます。ぜひお子様と一緒に作って楽しんでいただきたいです。
2. いろいろなメニューに使える楽しさ!
パッケージに掲載しているメニューはほんの一例で、発売前にお試しいただいたお客様は多種多様なメニューにかけたりつけたりして楽しんでくださりました。アイデア次第で、使い方は無限大になる製品です。
お客様からは「ワンランク上のお店のように食べられる」、「パーティー気分になってよかった」などのご好評の声もいただいています。

■『ラクとけ顆粒®』について
本品にとろみがつくのは「でんぷん」の働きによるものですが、一方で「でんぷん」同士がくっ付くとダマの原因になってしまいます。『ラクとけ顆粒®』は油脂成分の中に他の原材料を閉じこめているので、お湯の中に入れたときに「でんぷん」がスムーズに溶け出してダマになりにくく、なめらかなとろみを作ることができます。1995年から、「シチューミクス」をはじめとする各種製品にてこの顆粒技術を採用しています。

 

■ブランドの取り組み・展望
混ぜたら伸びるチーズソースができる楽しさを軸に、製品の魅力を伝達するための各種プロモーションを実施し、食卓を盛り上げてまいります。(下記以外のプロモーションも検討中)
【実施内容】
・SNS(インスタグラムなど)への出稿

インスタグラマーに本品をお使いいただき、投稿された動画などをSNSに出稿(3月下旬頃を予定)
・店頭/WEB 作り方動画
「まぜのびチーズソースの素」の使い方を、スーパーの店頭やブランドサイトにて動画で紹介。
 歌とアニメと実写を組み合わせて作り方を楽しく伝えるとともに、「まぜのび」というフレーズを印象的に訴求します。

 

■製品概要
●製品名:「まぜのびチーズソースの素」
●内容量:67g(33.5g×2袋)
●価格 :オープン価格(税別参考小売価格258円)
●発売日:2023年2月13日
●発売地区:全国

・「まぜのびチーズソースの素」ブランドサイト(2月13日公開予定)
URL: https://housefoods.jp/products/special/mazenobi/index.html

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。