【コンビニ先行】ペヤング新作『ペヤング 超大盛やきそばハーフ&ハーフ東西』発売!関東風と関西風のやきそばを同時に楽しめる

新しい時代の複合施設の形を提案するスモールコンプレックス『CABO』が代々木上原にオープン

株式会社301のプレスリリース

文化とビジネスの交差領域で様々な探求と実践を行う株式会社301(東京都渋谷区・代表取締役 大谷省悟)が全体ブランディングとコミュニティ形成に関わる代々木上原駅前の小規模複合施設「CABO」は、2023年6月に開業することを決定し、プロジェクト概要を正式に発表しました。

同プロジェクトは、加和太建設株式会社を事業主として、株式会社プロフィッツと株式会社301がパートナーとして参画。日本の建物開発に対して三社が抱える課題感や、それを解決していくためのビジョンや哲学の共鳴から、独自のプロジェクトチームが立ち上がりました。本プロジェクトチームは、街に住む人や働く人たちの職・住・遊の距離が近く、これからの都市部における街の創造的発展の鍵となる”ネイバーフッドカルチャー”が根付く代々木上原で、そうした価値観やライフスタイルに即した新しい複合施設の在り方を探求・実践していくことを目指します。
『CABO』という施設名は、「結合(co)と発散(ab)の循環」を意味しています。場を通して生まれる”つながり”が外へと波及していく力となり、またそこに新たな人を惹き付けていく。そうした”関係の循環”こそ、都市という存在が時代を超えて持ち続ける普遍的な魅力であり、その実践こそCABOの存在意義です。
WEBサイト:https://cabo-uehara.jp/
インスタグラム:https://www.instagram.com/cabo_uehara/

 

  • 上原の飲食シーンを進化させるチームが集結。職・住・遊が融合したミクストユースの実現へ

職・住・遊の融合を基本コンセプトとする同施設は、グランドレベル(1F)には飲食店やショップが入り、その上階(2F〜5F)は、さまざまな用途を選択できるオフィス区画とミニマルなライフスタイルに適応したレジデンス区画が混ざったミクストユースのフロア構成となっています。

また、建物の顔となる区画には、日々の生活に寄り添う上質なコーヒーやカクテル、食事や会話を代々木上原の地で提供してきた『No.』が、新たにブックストアを併設して完全移転、リニューアルオープンします。301が運営する『No.』は、「生活空間」としてのCafe&Barと「仕事空間」としてのデザインオフィスが融合した場であり、日々出入りする『CABO』内外の様々な人々の営みから得るリアルな知見を、『CABO』全体の事業運営に還元していきます。

グランドレベルの奥の区画には、日本のレストランシーンに新たなスタイルを提案し話題となった目黒の人気レストラン『kabi』と兜町の姉妹店『caveman』から独立するチームによる気鋭のレストラン&ワインバー『ukiyo』が出店。成熟しつつある代々木上原の飲食シーンに、新たな刺激と変化を起こしていくことが期待されます。
『No.』と『ukiyo』の内装設計は、目黒『kabi』や幡ヶ谷『flow』などカルチャーシーンを牽引する数々の人気店の設計を手掛け、かつ代々木上原に事務所を構えるMILESTONEが担当。つながりやローカリティを踏まえたチーム編成で、施設のグランドレベルの風景をデザインしています。

 

  • プロジェクトチームコメント/プロフィール

『No.』オーナー 大谷省悟

「企画やデザインの仕事をする中で、クリエイティブな仕事をする人たちが心地よく働ける場所ってどんな場所だろう?と考え続けてきました。朝はバリスタがつくる美味しいコーヒーが飲めて、夜はバーテンダーがつくる上質なカクテルが飲めて、オールデイで気の利いた料理が食べられる。そういう人と人が出会い自由に語らう生活空間と、会話から生まれたアイディアを形にしていく仕事空間が、絶妙なバランスで融合している場所。朝から夜まで誰もがふらっと足を運びたくなるような場所。それが自分がNo.を通して実現しようとしたビジョンでした。
リニューアルするNo.では、ずっとやりたかったブックショップを新たに併設し、日々の中にこれまで以上のインスピレーションを提供していきたいと思っています」

『ukiyo』オーナーソムリエ 竹内直人

「近年、代々木上原エリアには素敵な飲食店が増え、食事を目当てに沢山の方が集まってきています。カジュアルにワインや料理が楽しめるお店を中心に活気のある場所で、僕たちのレストランが目指していくのは地域の方々と食を求めて来訪される方々の交差地点です。世界各国で研鑽を積んだシェフが作るコース料理とドリンクペアリングを軸に、21時以降 Bar Time には、ナチュラルワインと遊び心のあるアラカルト料理を。落ち着いた空間の中、芯のある料理とサービスを提供します。」

ukiyo イメージukiyo イメージ

  

MILESTONE
建築・インテリア・プロダクトを手がける長田篤が主宰。
代表作に「Kabi」「AC HOUSE」「松㐂」「wineshop flow」、近作に「POPPY」「songbook」「TYON」など。 設計から施工までを自社で行う。
 


 

  • 街と建物の関係をつなぎ、施設全体での人と人の関係をつなぐ。代々木上原のネイバーフッドコミュニティを促進

コミュニティを軸とした施設開発や自社事業を実践し、かつ代々木上原の街で飲食店『No.』を営んできた経験を持つ301が参画することで、街と建物の関係をつなぎ、施設全体での人と人の関係をつなぎ、代々木上原のネイバーフッドコミュニテの発展に貢献していきます。

また、『No.』が建物全体のハブとなることで、メンバーズカードの発行などによる入居者限定のメリット創出など、301自社事業での経験を発展させたコミュニティ形成のための独自の手法を導入していく予定です。
 

 

 

  • CABOファウンダーチームのコメント

岩田宜久 加和太建設株式会社 執行役員

「建物のハード中心の開発から本質的なソフトまでしっかり連動した開発に進化していきたいという思いがありましたが、301と出会い、プロフィッツともチームを組めたことで、それをどう実現していくかのイメージが具体的に描けるようになりました。チームとの会話の中で、施設単体ではなく、代々木上原という街に対して建物がどう責任を果たすべきかという視点も強まり、このチームの可能性に掛けてみようと覚悟を決めました。

「オーナー(加和太建設)」と「入居者」と「事業者」の三者が本当の意味で連動し、建物全体で生み出した価値をしっかりと分かち合うことができるスキームをつくるという理想を、このチームなら実現できるのではないかとワクワクしています。そして自分がつくった建物に、いつも遊びに行ったり飲みに行ったりしたくなる、 CABOがそういう場所になったら最高ですね。」

田中慎一郎 株式会社プロフィッツ 代表取締役
 

「今回は、プロジェクト全体を取りまとめる役割として関わっています。私たちが建物について考える上で、「投資家」と「利用者」のどちらの目線も両立させることで、持続可能な仕組みや再現性を生み出していきたいという思いが強くあります。本来は相反する両者を、領域を越えてつなぐことができるパートナーと組むことで実現できるという考えのもと、これまで同様の事例にいくつも挑戦してきました。

このプロジェクトは、301がチームに入ることで壁を突破していけるのではないかと思い、参画を決めました。また個人的には、CABOという場所が施設内外の人々にとって会社とも家庭とも違う第三の居場所のような存在になれたら嬉しいと思っています。」

 

  • オフィス&レジデンス入居募集

建物の2階以上には、生活と仕事が溶け合う人たちのオフィスとレジデンスがミックスして入っています。住居としてはミニマル でシンプルな空間を中心に、オフィスとしては数名用のスモールサイズから20〜30名規模のサイズまでフレキシブルに。 オープンに向けてCABOへの入居希望者を募集していますので、詳細はWEBサイト(https//:cabo-uehara.jp)をご参照ください。

 

  • 各社会社概要

加和太建設株式会社
加和太建設は静岡県三島市を拠点とし、創業70年以上の安定した経営基盤を基に、多角的な事業展開をしてい
る地域密着型のゼネコン。土木・建築事業に留まらず、”建設業を変革し、地方から日本を元気に”という
想いを根底に不動産、施設運営、ITなど幅広い事業を手掛け新たな地方ゼネコンの在り方を追求している。
首都圏では港区・渋谷区をメインにユニークな開発を軸とした不動産投資事業を展開している。

株式会社プロフィッツ
想いを価値へ、投資をその先へ Asset Management Beyond Investment
専門性が高いメンバーで構成されたチームにより、東京中心エリアにおける多くの業界情報やネットワークで、様々なタイプの不動産アセットをソーシングからマネジメントまで行う。不動産を本業としない企業や個人に対してのアドバイザリーも行っており、効率的なリターン提供のみでなく「想い」を形にし、投資を通じて社会的ブランディング・インパクトを形成していくことを目指している。
また、国内初の規模を誇る保育園特化型ファンドの組成をアレンジし注目を集めるなど、不動産分野でのESGに着目した投資も行っている。
https://profitz.jp

301.inc
2014年に創業後、人と仕事のより親密な関係を探求・実践・発信することをミッションに、ビジネスと文化の交差点におけるブランド開発やリブランディングプロジェクトを多数主導。2019年、生活空間としての飲食店と仕事空間としてのオフィスが融合した拠点「No.」を代々木上原にオープン。以降、街や施設開発のプロジェクトに深く関わるようになる。
街や都市に関わる代表的プロジェクトは、池尻大橋の複合施設『大橋会館』、自由が丘の『(tefu) jiyugaoka』、千葉県館山の複合施設『TAIL』、都市の新しい考え方を提示する『Meaningful City』等。

 

  • 「CABO」施設概要

施設名称: CABOuehara(カボ ウエハラ)
開業時期: 2023年6月(予定)
所在地: 東京都渋谷区上原一丁目32番3号 
構造: 鉄筋コンクリート造 地上5階建
延床面積: 1,153.14㎡
アクセス: 代々木上原駅より徒歩20秒
ウェブサイトhttps://cabo-uehara.jp/
インスタグラムhttps://www.instagram.com/cabo_uehara/
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。