永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

エールフランス航空、新機材ボーイング787の 関空発初便が6月19日(火)に離陸!

エールフランス航空のプレスリリース

エールフランス航空は2018年6月18日よりパリ シャルル・ド・ゴール空港と大阪、関西空港間で新機材ボーイング787を毎日1便運航しています。6月19日(火)、関西空港発の初便AF291が出発しました。

マカロンのボーイング787装飾

当日の出発ゲートでは、フランス菓子のマカロンで作られたボーイング787にちなんだデコレーションが飾られ、搭乗客にもエールフランスロゴの特製マカロンがプレゼントされました。新機材による大阪発AF291は毎日午前10時半にパリに向けて関西空港を飛び立ち、同日16時5分にパリに到着、パリ発AF292は毎日パリ シャルル・ド・ゴール空港を14時に出発、翌日午前8時40分に関西空港に到着します。最上級の空の旅をお約束する革新的な最新鋭機、ボーイング787では今までにない空の旅を体験していただけます。現在エールフランスでは「エールフランス航空 ボーイング787就航記念オンラインキャンペーン」を7月31日の23時59分まで実施中です。

キャンペーンページ: http://bit.ly/airfrance787osaka

◆期間限定「Cafeエールフランス par AUX BACCHANALES」7月1日(日)まで

7月1日(日)までの期間限定で開店中の梅田、グランフロント大阪の「Cafeエールフランス par AUX BACCHANALES」ではエールフランスのポスターやエールフランスのボーイング787特別ロゴのコースターを始め、エールフランスのフレンチシックな世界観を味わえる様々な装飾で店全体がエールフランス1色に染められています。

店内ではボーイング787をいち早く体感できるVR装置やスペシャルコラボレーションメニューが大人気です。色鮮やかなエディブルフラワーを散らしたサラダを添えた、フランス風の香草入りオムレツや、雲をイメージしたデザート、エールフランスのロゴと機体をあしらったラテアートなどをご提供。さらにエールフランスの機内でサービスされているシャンパン、Vranken Pommery(ヴランケン・ポメリー社)のHeidsieck&Co Monopole Silver Top(エドシック・モノポール シルバー・トップ)をご用意しました。あのタイタニック号の中で採用されていた由緒ある銘柄のシャンパンです。

所在地 :大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪南館1階

     AUX BACCHANALES 梅田

tel   :06-6359-2722

実施期間:開催中、7月1日(日)まで 営業時間:9:00-23:00

◆エールフランス航空 ボーイング787について

AF291便 関西空港発 パリ行き:毎日10:30発 パリ到着16:05

AF292便 パリ発 関西空港行き:毎日14:00発 関空到着8:40

【エールフランス航空ボーイング787】の特徴

・環境に配慮した機材、ボーイング787

 - CO2排出を20-25%減。騒音も軽減されました。

・最新の客室と設備

3クラス構成(全276席)

 ・ビジネス30席 ・プレミアムエコノミー21席 ・エコノミー席225席

 - 機内Wi-Fi:20MBから200MBまで、お客様のご希望に応じてご利用いただけます。

  (有料、5ユーロから30ユーロ)

 - 機内の照明はフライト時間の経過で変化して時差ボケの影響を軽減します。

 - 窓はより大きくなり、明るい室内です。シェードはお好みに応じて電動で開閉できます。

 - 機内の気圧は常に高度が約1,800メートル(6,000フィート)の状態に保たれ、

  快適な湿度に設定されています。長時間のフライトでも体に優しい機内環境になりました。

 - 荷物の収納スペースがより広くなりました。

2018年夏期スケジュールでエールフランス航空はパリ行直行便を成田毎日1便、羽田最大1日2便、大阪から毎日1便の週26便運航で日本とヨーロッパを結びます。乗り継ぎの便利なハブ空港のパリ シャルル・ド・ゴール空港を拠点とし、日本を出発してその日のうちにフランス及びヨーロッパ主要都市への乗り継ぎ便も豊富です。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。