「一蘭」史上初のカップ麺『一蘭 とんこつ』全国発売!

黒蜂蜜に漬け込み煮込んだ牛肉の旨み 本場インドのビーフカリー 「新宿中村屋 ベンゴールカリー(ビーフ)」 2019年6月12日(水)提供開始

株式会社中村屋のプレスリリース

 株式会社中村屋(代表取締役社長 鈴木達也 東証第一部:2204)は、新宿中村屋ビル内の「レストラン&カフェ Manna(マンナ)」にて、「新宿中村屋 ベンゴールカリー(ビーフ)」を6月12日(水)より提供いたします。


 
 中村屋は1927年にインド独立運動の志士 ラス・ビハリ・ボースから教わった、本場インドのカリーを日本で初めて発売いたしました。
 「新宿中村屋 ベンゴールカリー(ビーフ)」は、ボースの故郷、インドのベンゴール(ベンガル)にちなんで命名されたビーフカリーです。ベンゴール地方は、インド北東部、ガンジス川とブラマプトラ川下流辺りの地域で、インドの他の地方と比べ、牛肉を食べる習慣があることが分かってきました。(当社調べ)
 ボース伝承の「純印度式カリー」の製法を活かし、ベンゴール地方の料理の特徴を取り入れ、じっくり煮込んだ牛肉の旨みと、スパイスの香りを重ねたコク深い味わいが印象的なビーフカリーです。「純印度式カリー」発売から92年、本店でビーフカリーを発売するのは初めての試みとなります。ぜひご賞味ください。

【商品概要】
■<商品名>新宿中村屋 ベンゴールカリー(ビーフ)
 <価 格>2,000円(税込2,160円)
 <商品説明>ラス・ビハリ・ボース伝承の「純印度式カリー」の製法を取り入れ、
       さらに磨きをかけて仕上げたビーフカリーです。じっくり煮込んだ
       牛肉の旨みと、特性に応じて3段階に分けて加えたスパイスの香りを
       重ねたコク深い味わい。牛肉は、インドの「黒蜂蜜」で漬け込み、
       ベンゴールの特徴である、マスタードオイル、カシューナッツ、
       ジャガリー(きび糖)を用い、仕上げました。
      ※数量限定のため、品切れとなる場合がございます。ご了承ください。

【ベンゴールとは?】
ベンガルのこと。創業者・相馬愛蔵著『一商人として』(1938年 岩波書店)に「ボースは印度ベンゴールに生まれた」と記載のことから、「ベンゴール」をメニュー名に採用しました。

【店舗概要】


 <所在地>
 東京都新宿区新宿三丁目26番13号
 新宿中村屋ビル地下2階
 <営業時間>
 11:00~22:00
(金曜日・土曜日・祝前日 11:00~22:30)
 <電話番号>
 03-35362-7501
 ※ご予約はお受けしておりません。
 また、店頭では列にお並びいただいております。
<URL>
 http://www.nakamuraya.co.jp/manna/

【会社概要】
 商号   : 株式会社 中村屋
 代表者  : 代表取締役社長 鈴木 達也
 所在地  : 〒160-0022 東京都新宿区新宿三丁目26番13号
 創業   : 1901(明治34)年12月30日
 設立   : 1923(大正12)年4月1日
 事業内容 :  各種和洋菓子、パン、食品の製造・販売、レストランの経営
 資本金  : 74億6,940万円(2019年3月31日現在)
 URL   : http://www.nakamuraya.co.jp/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。