「一蘭」史上初のカップ麺『一蘭 とんこつ』全国発売!

大関「貴景勝」納得の味!「塩ひとつまみで、ひきたつおいしさ。」『ポテトチップス うすしお味』リニューアル発売

カルビー株式会社のプレスリリース

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:伊藤 秀二)は、1975年の発売以来ポテトチップスの定番として愛され続けているブランド『ポテトチップス うすしお味』を、リニューアル発売します(2019年6月中旬から順次切り替え)。おいしさそのままに食塩使用量を約5%削減(※シーズニング中の食塩使用量、年間使用量として(カルビー調べ))しました。発売にあたり、大関「貴景勝」を起用したプロモーションを行います。

【開発経緯】
『カルビー ポテトチップス うすしお味』は、じゃがいものおいしさを生かした、カルビーならではのパリッと軽い食感と、ほどよい塩味の商品です。1975年の発売以来、時代のニーズに合わせて、リニューアルを繰り返してきました。昨今、健康意識の高まりの中で、塩分に関する意識も変化してきています。ポテトチップスの塩分量を知っていただくことで、より気軽に、より安心して商品を購入いただくことを目的に、この度、商品リニューアルを実施する運びとなりました。

 

【商品特長】
●『60gポテトチップス うすしお味』1袋当たりに含まれる塩分量は0.5gです。
●パッケージ表面には、商品の塩分量を表記しました。
   (塩分量を記載している商品は、28g・60g・85gの3商品です)
●パッケージ裏面には、塩分量を正しく知って頂くためにクイズを記載しています。
●『ポテトチップスクリスプ うすしお味』も、じゃがいもの味わいをいかした塩加減に整え、絶妙なおいしさに仕上げました。

【開発担当者のコメント】
(カルビー株式会社 開発1部 岩田 夏記)
『ポテトチップス うすしお味』は、使用している原材料が少なく、改良にとても苦労しました。
特に今回の改良においては、お客様から支持されている‟おいしさそのままに”食塩使用量を削減するという、非常にハードルの高いチャレンジでした。
より多くのお客様に食べていただけるように、アレルゲン不使用(特定原材料およびそれに準ずるものを使っていないこと)や食品添加物はなるべく使わないという制約がある中で、「カルビーポテトチップス」の特徴である「パリッ」とした食感に合う塩味に仕上げることに苦労しました。200回もの試作を繰り返し、ようやく‟おいしさそのままに”満足のいく商品にすることができました。
 

※食品表示法に基づき「減塩やそれに値する表現」・「60gポテトチップスうすしお味は塩分を0.6gから0.5gに削減しました」・「塩分0.6g→0.5g」という表記は強調表示にあたりますので記載できません。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。