「一蘭」史上初のカップ麺『一蘭 とんこつ』全国発売!

沖縄宮古島マンゴーの芳醇で深い甘味と なめらかな食感が楽しめるスイーツめぐりツアー  ご予約者全員に宮古島マンゴーをプレゼント

株式会社南西楽園ツーリストのプレスリリース

株式会社南西楽園ツーリスト(本社:東京都港区)では、沖縄県の中でもマンゴーの拠点産地に指定されている宮古島のアップルマンゴーやキーツマンゴーを使ったスイーツを、宮古島の各観光地で存分にご賞味いただける「宮古島もりもりマンゴープラン」をご用意いたしました。

また、ご予約いただいたお客様には、1部屋につき、宮古島マンゴー(約1kg)または、100%マンゴージュース(500ml)1本をプレゼントいたします。

沖縄宮古島マンゴー

※宮古島マンゴー又は100%マンゴージュースのどちらかひとつとなります。
※台風やその他の理由によりマンゴーが収穫できなかった場合は、100%マンゴージュースのプレゼントとなりますので予めご了承下さい。
※景品はご旅行帰着後の発送となります。また発送日のご指定はできません。

<旅行ツアー>
■沖縄宮古島 もりもりマンゴープラン
https://www.nanseirakuen.jp/dj_nrt/search/kensaku?XCD=848278&KEYWORD=plan120

2019年7月31日までのお申込みで1部屋ごとに『宮古島マンゴー(約1kg)』または『100%マンゴージュース(500ml)』をプレゼント!南西楽園ツーリストがおすすめするマンゴースイーツ券3枚付き!レンタカーで宮古島の絶景とともにマンゴースイーツを満喫しよう♪

<特典内容>
・宮古島熱帯果樹園「まいぱり」入場券付き(100%マンゴージュース1杯付き)
・観光農園「ユートピアファーム宮古島」入場券(マンゴーソフト1個付き)
・人気の「すくばりテラス」宮古島特産マンゴースイーツ1個付き

・1日レンタカー付(安心の免責補償料金込)
Sクラス(禁煙車)が1部屋につき1台付
☆チャイルドシート・ジュニアシート無料(カーナビ標準装備、免責保障料金込)

・各ホテル 宮古島や沖縄の食材を使った朝食付き
※ウェルネスヴィラ ブリッサのみ朝食なし

<宮古島の特色とマンゴーについて>
宮古島は、沖縄本島から南西へ約300kmに位置する隆起サンゴ礁の島。
山や川がなく平坦で土砂が海に流れ込むこともないため、海の透明度が高く美しいサンゴや熱帯魚が多く生息しています。

隆起サンゴ礁の島で育った宮古島マンゴーの収穫の最盛期は、6月下旬から8月上旬になりますので、9月まで美味しくお楽しみいただけます。宮古島産のマンゴーは果実が赤く、果肉の繊維質が緻密で甘みが強いのが特徴。さんさんと降り注ぐ太陽をたっぷりと浴びて育った完熟マンゴーの芳醇で深い香りとなめらかな食感は絶品です。

<マンゴー共和国 開催>
2019年6月16日(日)から8月25日(日)までの間、「島の駅みやこ」にて「マンゴー共和国」が開催されます。開催期間中はマンゴーや加工品のタイムセールが行われます。マンゴーの他にも、直売所には地元の契約農家からの新鮮な野菜や果物、特産品、泡盛などが並びます。

■「ホテルシーブリーズカジュアル」

「極上リゾートを“気軽”に“カジュアル”に愉しむ」をテーマにデザインされ、ラグジュアリーリゾートが今まで展開してきたスタイルとはまた違った、新しいコンセプトの宮古島ステイを体感いただけます。女子旅やカップルなどのふたり旅や、自由気ままに過ごせるひとり旅などに最適です。

■「ホテルブリーズベイマリーナ」

海と自然に囲まれた広大な敷地内では、プールや遠浅で子どもも安心して遊べるビーチ、近隣にあるレストランなども揃い、子ども連れにぴったりのリゾートホテル。ゆとりのあるファミリー向けの客室はバスタブ付きで家のようにくつろげるのも魅力です。

■「ウェルネスヴィラ ブリッサ」

「暮らす」ように過ごす長期滞在型アパートメントホテル。オールオーシャンビューで格好のロケーション。リゾートの賑わいから少し離れており、設備はキッチン、冷蔵庫、洗濯機、レンジのほか、調理器具まで各部屋に常設されているので別宅のように落ち着いた滞在が可能です。

■「アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジ」

絶景の“蒼の楽園”インギャーに佇む一軒家タイプのリゾートヴィラ。宮古島シギラリゾートの東部、イムギャーマリンガーデンの横に位置するホテルの客室にはテラス、ジェットバス、洗濯機を完備。

■「シギラベイサイドスイート アラマンダ」

日常のあらゆることからゲストを解き放ち、心からのくつろぎと歓びを約束する全室スイートのプレミア・プライベートリゾート「シギラベイサイドスイート アラマンダ」。足を踏み入れたとたん、まわりの世界が一変する。あらゆる贅を知り尽くしたゲストもまだ知らない、至福の贅がここにあります。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。