「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」(9月9日発売)

日清食品のプレスリリース

あの幻の立ちそば店の味がカップ麺に!『島耕作』とのコラボも実現!「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香 (からかお) るラー油の鶏そば」を2019年9月9日(月)に新発売

日清食品株式会社 (社長:安藤 徳隆) は、「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」を9月9日(月)に全国で新発売します。



食感のよい太そばを新開発!「辛香るラー油」で仕上げる鶏そば!


「虎ノ門 港屋」は、2002年に東京の虎ノ門で創業した立ちそば店で、ラー油を大胆に使用した斬新なメニューが大変な人気を博し、人気漫画『島耕作』シリーズにも同店をモデルとしたお店が幾度となく登場しました。そして、多くの人に愛されながらも2019年2月に突然、幕を下ろした “幻の有名店” です。
今回発売する「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」は、その「虎ノ門 港屋」の味わいをカップ麺で表現すべく、元店主 菊地 剛志 (きくち たかし) 氏と開発したオリジナルメニューです。
胡椒と山椒に加え、花椒をきかせた甘い鰹だしのつゆは、新たに開発した太そばとの相性が抜群です。特製「港屋 辛香るラー油」で仕上げれば、ピリッとした辛さと風味豊かな味わいがお楽しみいただけます。
パッケージには『島耕作』シリーズの作者である弘兼 憲史 (ひろかね けんし) 氏が特別に描きおろした原画を使用し、ファンにはたまらない漫画のワンシーンのようなデザインを実現しました。
「日清食品」×「虎ノ門 港屋」×『島耕作』という豪華なコラボから生まれた、今だけしか味わえない一杯を、ぜひお楽しみください。

商品特長

1. 麺
食感がよく、つゆが絡む新開発の太そば。
2. つゆ
胡椒と山椒に加え、花椒をきかせた甘い鰹だしのつゆ。
3. 具材
蒸し鶏、ネギ、炒りごま。
4. 別添
特製「港屋 辛香 (からかお) るラー油」。

『島耕作』シリーズについて

1983年、講談社「モーニング」誌上に『係長 島耕作』として初登場し、その後、『課長 島耕作』としてシリーズ化された、シリーズ累計発行部数4,400万部を超える人気漫画。実社会の時事を取り入れ、さまざまな困難を乗り越え、出世していくサラリーマンを等身大に描いています。さまざまな業種に取り組み、昇進し続け、2013年からは総合電機メーカー「テコット」の会長を勤めています。2019年8月22日には相談役となり、シリーズは新たなステージを迎えます。

「虎ノ門 港屋」について

2002年、菊地 剛志 (きくち たかし) 氏が東京の虎ノ門で創業。ラー油を使用した「冷たい肉そば」が、新しい食文化を創りました。近隣のサラリーマンのみならず多くの人に愛されていましたが、2019年2月に突然、幕を下ろした “幻の有名店” です。

商品概要

商品名島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば
内容量95g (麺72g)
JANコード4902105261118
ITFコード14902105261115
食数 / 荷姿1ケース12食入
希望小売価格228円 (1食/税別)
発売日2019年9月9日(月)
発売地区全国

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。