【中本最新作】セブン&アイ『蒙古タンメン中本 極豚(ゴットン)』発売決定

お芋と栗でほっとひと息。「お芋と栗の白玉しるこ」を船橋屋こよみ店舗にて、11月2日(土)より販売いたします。

株式会社船橋屋のプレスリリース

くず餅・あんみつの製造販売を行う株式会社船橋屋(所在地:東京都江東区、代表取締役:渡辺雅司)は11月2日(土)~11月30日(土)の期間中、船橋屋こよみ各店舗にて「お芋と栗の白玉しるこ」を販売いたします。1度に栗とさつま芋の両方をお楽しみいただける、秋限定の贅沢なおしるこを是非お召し上がりください。

■肌寒くなってきた今の時期にぴったり。ほっくりと濃厚な芋栗の和スイーツをお楽しみください。

風味豊かな栗をふんだんに使用し、隠し味に船橋屋の黒蜜を加えた滑らかな栗ペーストと、船橋屋特製の小豆しるこを合わせ、更にさつま芋の甘露煮をトッピングしました。

もちもちの白玉団子が6個入っていてボリューム感もあり、小腹がすいた時のおやつにぴったりです。

そのままでも美味しくお召し上がりいただけますが、白玉をさっと湯通しすると、ぷるぷるで更にもっちりとして美味しくお召し上がりいただけます。是非お試しくださいませ!

■商品概要
商品名:お芋と栗の白玉しるこ
価格:500円(本体価格)
販売日:2019年11月2日(土)~11月30日(土)
販売店舗:船橋屋こよみ全店(広尾本店、エキュート東京店、ペリエ千葉エキナカ店、エキュートエディション渋谷店)

http://www.funabashiya.co.jp/

http://www.funabashiya.co.jp/koyomi/

■船橋屋について

1805年江戸時代に創業し、2019年で創業214年目を迎えた関東風のくず餅屋。

船橋屋のくず餅は、「小麦澱粉」を450日乳酸発酵させて蒸し上げる【和菓子唯一の発酵食品】。長期間乳酸発酵させているからこそ、独特の歯ごたえと弾力が生み出されます。また、自然のものをそのままお客様にお届けしたいという想いから、保存料を使わない自然な製法にこだわり続けています。発酵食品であり、無添加である伝統和菓子が今、健康を意識する人々から注目されております。
近年、くず餅原料の発酵槽から、くず餅由来の乳酸菌「くず餅乳酸菌®」を分離・粉末化させることに成功。今後は、「くず餅乳酸菌®」を用いて、新規事業に取り組んでいきます。

■船橋屋こよみについて

船橋屋が創業200年を記念して立ち上げた姉妹ブランド。
現在、広尾本店、ペリエ千葉エキナカ店、エキュート東京店、エキュートエディション渋谷店に店舗を構えております。
看板商品である「くず餅プリン」をはじめとする、和と洋を融合したオリジナルスイーツを展開。広尾にある本店では1階にテイクアウト商品の取り扱い、2階にカフェスペースを設けており、ランチや甘味、オリジナルドリンクをお召し上がりいただけます。

オフィシャルサイトURL
http://www.funabashiya.co.jp/koyomi/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。