セブンイレブン『一風堂監修 博多とんこつラーメン』発売

「食べる宝石」カリフォルニアざくろ、代表品種「ワンダフル種」の最旬期“ワンダフル月間”がスタート! 全国各地の小売店、ジュースバーなどで販売開始

カリフォルニアざくろ協会のプレスリリース

「食べる宝石」カリフォルニアざくろ、 代表品種「ワンダフル種」の最旬期“ワンダフル月間”がスタート
全国各地の小売店、ジュースバーなどで販売開始
~ より鮮やかな深紅色、大きなサイズ、凝縮した甘みのカリフォルニアざくろが上陸 ~

カリフォルニア産ざくろの啓発普及の活動を行うカリフォルニアざくろ協会(Pomegranate Council、米国カリフォルニア州、代表:トム・カール・チェランセン)は、カリフォルニア産ざくろの約80%を占める「ワンダフル種」の旬である11 月の「カリフォルニアざくろ“ワンダフル月間-11 月”」※にあわせ、日本の皆さまに最も美味しいざくろを楽しんでいただくため、全国各地の小売店、ジュースバーなどにおける、カリフォルニアざくろの販売情報をお知らせいたします。
※米国大使館農産物貿易事務所により認定。

■今シーズンは、より鮮やかな深紅色、大きいサイズ、糖度の高い「ワンダフル種」を提供
近年、米国では、ざくろは高い栄養成分が注目され、一人当たりの消費量は着実に増加しています。米国のPomegranate Councilが発表した最新のデータによると、収穫量は強風や豪雨の影響で、今シーズンは15~20%減少し、全体で510万箱(2018年は630万箱)を見込んでいます。米国のカリフォルニアざくろ協会(Pomegranate Council)の代表トム・カール・チェランセンは、次のように述べています。「悪天候により収穫量は減少したものの、日本からの需要には対応できると見込んでいます。また、暖かい日中と、寒い夜を重ねたため、今年はより鮮やかな深紅色で、サイズも大きく、糖度も高いワンダフル種を日本の皆さまにお届けできることを嬉しく思います。」

■コストコ、イオンなどをはじめ、青木商店が展開するジュースバー4ブランドにて販売
コストコやイオンは、フレッシュざくろの販売を順次開始しており2020年1月前半まで販売を予定しています。また、青木商店は、11月後半より全国190店舗のジュースバーで『生搾りザクロジュース』販売いたします。

●カリフォルニア産 フレッシュざくろおよび 使用商品 国内販売情報

コストコホールセールジャパン株式会社
日本国内全26倉庫店でのフレッシュざくろ販売。
・販売期間:2019年10月下旬~2020年1月前半(予定)
・展開店舗:全26倉庫店

イオンリテール株式会社
北関東エリア店舗でのフレッシュざくろ販売。
・販売期間:2019年11月~2020年1月前半(予定)
・展開店舗:北関東エリア(栃木、群馬、茨城、埼玉)の21店舗

株式会社青木商店
全国190店舗のジュースバーでのフルーツジュース販売。
・商 品 名:生搾りザクロジュース
・販売期間:2019年11月29日(金)~2020年2月(予定)
・販売価格:Sサイズ530円+税、Mサイズ810円+税 ※一部店舗はMサイズのみの取り扱い
・展開店舗:全4ブランド※ 190店舗
※果汁工房 果琳、Fruits Bar AOKI、V2&M by Fruits Bar AOKI、Wonder Fruits

BOTANIST cafe
「BOTANIST(ボタニスト)」のフラッグシップショップ「BOTANIST Tokyo」(表参道・原宿)が展開する 2FのBOTANIST cafeにて、カリフォルニアざくろを使った限定メニュー3品を提供中。
・商 品 名:
ハーブ香るきのこのオープンサンド 1,300円(税込)ドリンク付き
ボタニカルモクテル ローズ×レッドグレープ ICE 800円(税込)
アボカドフラワーのオープンサンド 1,300円(税込)ドリンク付き
・提供期間:2019年10月1日(火)~2020年1月31日(金)

※上記のほか、11月上旬に「REISM STAND(リズム スタンド)」(渋谷区)にてコラボレーションメニューを販売予定(近日公開)。

<参考情報>
●米国大使館 農産物貿易事務所「myfood.jp」プレゼントキャンペーン
最旬期にあわせ11月に、米国大使館農産物貿易事務所の人気のウェブサイト「myfood.jp」内でカリフォルニアざくろのプレゼントキャンペーン(5個入り×5名様)を実施いたします。myfood.jpでは、ざくろの新しいヘルシーレシピも紹介されております。詳しくは米国大使館 農産物貿易事務所のウェブサイト myfood.jp ( http://www.myfood.jp ) をご覧ください。

●ざくろの日本国内における研究
岡山県立大学保健福祉学部栄養学科の伊東秀之教授は、長年にわたりざくろのポリフェノールに関する研究を進めており、ざくろに含まれるエラジタンニンの抗酸化、抗糖化作用を報告しています。近年の学会発表・論文発表は下記の通り。
学会発表:
・2019年6月
第26回クロマトグラフィーシンポジウム(岡山)
「ザクロに含まれるエラジタンニンの構造とその抗糖化作用」(招待講演)
・2018年5月
第72回日本栄養・食糧学会大会・シンポジウム「フードポリフェノールの機能開拓」(岡山)
「ザクロポリフェノールの化学構造とその抗糖化作用」(シンポジウム講演)
・2018年7月
XXIX International Conference on Polyphenols and 9th Tannin Conference
第29回国際ポリフェノール学会,第9回国際タンニン会議(米国マディソン)
“Polyphenols From Arils of Punica granatum and Their Anti-glycation Activities”
「ざくろの仮種からのポリフェノールとその抗糖化作用」(ポスター発表)
・2017年以前
2016年、株式会社ダイセルとの共同研究でエラジタンニンの生体内代謝産物であるウロリチンAについて、皮膚老化抑制作用、メラニン産生抑制作用、ヒアルロン酸およびコラーゲン産生促進作用など、皮膚に対するアンチエイジング効果を日本生薬学会等で発表2017年10月、関連成果をInternational Conference on Polyphenols and Health(カナダケベック)で発表。
論文発表:
・2019年
Diets containing pomegranate polyphenol and soy isoflavone attenuate contact hypersensitivity in mice, Biosci. Biotech. Biochem., 83(3), 525-530.
・2018年
Diet containing a polyphenol concentrate from pomegranate juice attenuates contact hypersensitivity in mice, J. Funct. Foods, 45, 247-253.
(※論文はいずれも長野隆男教授、石川県立大学生物資源環境学部食品科学科との共同研究)

【カリフォルニア産ざくろ・カリフォルニアざくろ協会について】
カリフォルニア産ざくろは、深紅の上品で美しい果実を持ち、おいしく健康的な効果も高いことが知られています。様々なポリフェノール、ビタミンC、ビタミンK、カリウム、食物繊維なども含まれ、スーパーフードとして注目されています。カリフォルニア産ざくろの啓発普及の活動を行うカリフォルニアざくろ協会(Pomegranate Council、本部:米国・カリフォルニア 代表:トム・カール・チェランセン、https://www.pomegranates.org/)は、1997年にインターナショナルマーケット・プロデューサーのトム・カール・チェランセンとPOM Wonderful社(https://www.pomwonderful.com/)、Simonian Fruit Company社(http://simonianfruit.com/)とともに設立されました。
強い甘みとほのかな酸味が特徴のカリフォルニア産ざくろを是非お楽しみください。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。