セブンイレブン『一風堂監修 博多とんこつラーメン』発売

「マイユ料理コンクール2019」結果発表と受賞作品のご案内

エスビー食品株式会社のプレスリリース

エスビー食品株式会社は、ユニリーバ・フランス社との共催にて、プロの料理人を対象とした「マイユ料理コンクール2019」の実技審査会を、2019年10月16日に開催しました。

■「マイユ料理コンクール2019」結果報告
2019年10月16日(水)、フランス料理文化センターにて「マイユ料理コンクール2019」の実技審査が行われ、数多くの応募者の中から書類審査を通過した6名が腕を競い合いました。
見事、金賞の栄冠に輝いたのは、小形 禎之様(株式会社セルリアンタワー東急ホテル CH・RS調理)、銀賞は東園 勇樹様(上之園西洋堂HIGH LINE レストラン事業部)が受賞されました。

ブルゴーニュ地方ディジョンの老舗調味料ブランド「MAILLE」のビネガーとマスタードの新しい魅力を引き出した「鯛を使ったメインメニュー」が今回のテーマ。
7月から8月の募集期間には、洋食のみならず幅広いジャンルの作品が、全国から数多く応募されました。9月中旬に行なわれた書類審査を通過した6名が実技審査に進み、渾身の一品をプレゼンテーションしました。

今年度で8回目の開催となるマイユ料理コンクールは、応募作品のレベルが毎年上がってきており、金賞・銀賞を

獲得した2名のみならず、最終審査を通過した料理人全員が最高の一品を作りました。
マスタードの辛みとビネガーの酸味のバランスをとりながら、繊細で上品な鯛の美味しさを引き出すという難しい課題でしたが、和洋中を問わず、どんな料理にも活躍する「MAILLE」のビネガーとマスタードの新たな魅力を引き出すコンクールとなりました。

■審査結果
◆「マイユ料理コンクール2019」金賞作品
株式会社セルリアンタワー東急ホテル
CH・RS調理
小形  禎之様
「粒マスタードの香りを纏った真鯛のロティ ハニーマスタードソースと共に」

(受賞者コメント)

 

淡白な鯛にスパイシーな粒マスタードと日本古来から受け継がれている「発酵」をヒントに味噌を加えたクルートを纏わせました。
芳醇な香りと甘みを持つハニーマスタードに、ガストリックしたはちみつとシェリービネガーの香ばしさと穏やかな酸味を加えることにより、まろやかでコクのあるソースに仕上げました。

◆「マイユ料理コンクール2019」銀賞作品
上之園西洋堂HIGH LINE
レストラン事業部
東園 勇樹様
「パネした真鯛のポワレ 粒マスタード風味
浅利のエスカベッシュとハニーマスタード香る人参ピューレ添え」

(受賞者コメント)

 

真鯛の身質を生かすために、パン粉つけで食感の違いが出るよう心掛け、粒マスタードとオレンジを中に閉じ込めることにより、香りも楽しんでいただける一皿になっています。
付け合わせには、オレンジとマスタード風味の人参のピューレを添えて、メインの真鯛との一体感がでるように仕上げました。

 

■運営協力
フランス料理文化センター(FFCC)
審査会場提供:東京ガス株式会社

■サイトURL
https://www.sbfoods.co.jp/maille/concours/2019/

【お問い合わせ先】
<報道関係者様>
エスビー食品(株)広報ユニット
〒104-0032東京都中央区八丁堀1-3-2 八丁堀ハーブテラス
TEL. 03-6810-9790
<一般のお客様>
エスビー食品(株)お客様相談センター
〒174-8651 東京都板橋区宮本町38-8
フリーダイヤル:0120-120-671
受付時間:平日 午前9時~午後5時
(土・日・祝日、夏期・年末年始等の当社休業日を除く)

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。