セブンイレブン『一風堂監修 博多とんこつラーメン』発売

プラスチックによる環境課題の解決を目指すグローバルなアライアンス「Global Plastic Action Partnership」に加盟

サントリーホールディングス株式会社のプレスリリース

サントリーグループは、持続可能な社会の実現に向けて、循環型かつ脱炭素社会への変革を強力に先導すべく、プラスチックによる環境課題の解決に取り組むグローバルなアライアンス「Global Plastic Action Partnership(以下GPAP)」に加盟しました。

「GPAP」は、プラスチックによる環境課題の解決を目的に、世界経済フォーラムを基盤とした官民連携により創設された、プラスチックの循環型経済を目指すグローバルなアライアンスです。イギリス、カナダ政府をはじめ、企業、投資家、専門家、NGOをはじめとする市民組織など、多岐にわたるメンバーで構成されています。グローバルレベルでの情報交換やベストプラクティスの共有に加え、直近では、インドネシア、ガーナ、ベトナム政府とパートナーシップを締結し、ローカルレベルでも地域に根差したプロジェクト活動に取り組んでいます。

当グループは、「人と自然と響きあう」という企業理念、ならびに理念に基づく「水と生きる」というステークホルダーとの約束の実現を目指し、グローバルにサステナビリティ経営を推進しており、5月には、サントリーグループ「プラスチック基本方針」(https://www.suntory.co.jp/news/article/13473.html 参照)を策定しました。2030年までにグローバルで使用するすべてのペットボトルに、リサイクル素材あるいは植物由来素材のみを使用し、化石由来原料の新規使用をゼロにすることで、100%サステナブル化を目指しています。

「GPAP」への加盟を通じ、世界的なプラスチックによる環境課題の解決に連携して取り組むことで、今後も持続可能な社会の実現に向けたサステナビリティ経営を推進していきます。

▽サントリーグループの環境負荷低減活動
https://www.suntory.co.jp/eco/teigen/

▽容器包装の取り組み
https://www.suntory.co.jp/company/csr/activity/environment/reduce/resources/recycle/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。