セブンイレブン『一風堂監修 博多とんこつラーメン』発売

「いかのまち酒田」を目指して 『山形県 酒田いかまつり』を12月1日に吉祥寺で開催

山形県酒田市のプレスリリース

山形県酒田市は、酒田港が日本有数のスルメイカの産地であることなどをご紹介するため「山形県 酒田いかまつり」を2019年12月1日(日)吉祥寺で開催します。
高鮮度、高品質の「酒田船凍(せんとう)いか(※)」やスルメイカ加工品、酒田市の食文化を紹介・PRいたします。

(※)船凍いかとは
酒田港に水揚げされる山形県の重要水産物である「スルメイカ」は、酒田港の水揚げ量の8割を占めています。中でも、中型いか釣り船の「船凍いか」は、県内では唯一酒田港に水揚げされます。
船凍いかは、いかを釣りあげた後、すぐに船内の冷凍機で急速冷凍したものです。いかが新鮮なうちに凍結するため、いかの身も肝もそのままの美味しさが保たれています。

パンフレット 表

パンフレット 裏

■山形県 酒田いかまつり 概要について
<場所>
コピス吉祥寺A館1階「ふれあいデッキこもれび」
(東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目8-16)

<日時>
2019年12月1日(日) 10時から午後4時

<対象>
一般消費者向けイベント

<内容>
冷凍スルメイカは、これまで加工用や飲食店向けの商用販売が大部分でしたが、鮮度が高く刺身用として最適な船凍いかを加工してすぐに食べられる状態で家庭向けに販売し、その新鮮なおいしさと「いかのまち酒田」をPRするために、友好都市である武蔵野市で物産販売等を実施します。

1.ふるまいコーナー
 船凍いかを使った「いかフライ」をご試食いただけます
2.販売コーナー
 酒田の地酒、プレミアムいか塩辛、いかの肝醤油、スルメイカ沖漬け、いかの一夜干しなど
3.お子様向け模擬いか釣りゲームコーナー
 参加者には景品あり
4.酒田の紹介コーナー
 酒田市のいか料理の紹介やレシピの配布など

<来場記念>
事前に配布されるパンフレットまたはパンフレットをプリントアウトしてお持ちいただくと酒田産つや姫(2合)またはいかの肝醤油(5g×3パック)(各先着200名様)のどちらかをプレゼントいたします。

パンフレットPDFはこちら

主催/酒田市
共催/有限会社武蔵野交流センター(アンテナショップ「麦わら帽子」)、
   株式会社山形飛鳥、山形県漁業協同組合
後援/武蔵野市
協賛/株式会社荘内銀行

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。