チキンラーメン×鬼滅の刃 “フタどめ” フィギュア プレゼントキャンペーン

RATIONALが「居酒屋イベント」を開催。

株式会社ラショナル・ジャパンのプレスリリース

 株式会社ラショナル・ジャパン(東京都千代田区、代表取締役社長 納土弘史、以下「ラショナル」)は、居酒屋を対象に、スチームコンベクションオーブンSelfCookingCenter®による調理を通して、人手不足や厨房の課題を解決する方法などを披露する「居酒屋イベント」を、2018年7月24日にホテル アジュール芝浦(東京・港区)にて開催した。*RATIONALは、ドイツ・バイエルン州ランツブルクに本社を置き、世界で50%以上のシェアを持つ、世界で初めてスチームコンベクションオーブンを発明したメーカーです。

 居酒屋業態をはじめ飲食店関係者が多く集まったこのイベントでは、RATIONALのスチームコンベクションオーブンSelfCookingCenter®による調理を通して、人手不足や厨房の悩みを解決する方法などが披露されました。具体的なポイントは以下のとおりです。

›  アルバイトなど調理経験がない人でも、だれでもワンタッチで一流シェフと同じ調理品質を実現できる。
›  異なる食材を同時に調理できるため、さまざまなメニューのアラカルトオーダーにも容易に対応できる。
›  必ずバラついてしまう大量調理時の仕上がりを、ムラなく均一な品質で仕上げられる。
›  汚れや水アカを認識する高度な自動洗浄ができるため、閉店後の清掃に、時間や人件費がかからない。

 パネルディスカッションでは、手羽先サミット2018にて金賞を受賞した居酒屋「牡蠣喰家来」の井上公司氏により、人手不足にも関わらず繁盛店を築く方法が紹介されました。またラショナルでは、皆さまの厨房にどのように貢献できるのか、調理実演などをより少人数で体験できるラショナル・クッキングライブを日本全国各地で毎週開催しています。参加は無料。このイベントを見逃してしまった方は、ぜひ一度、お近くでご体験ください。開催情報はこちら:https://bit.ly/2IteyT6

「居酒屋イベント」の内容

 冒頭に、ラショナルの代表取締役社長 納土弘史は「居酒屋業態を中心に、日本市場に特化した最新の小型スチームコンベクションオーブンSelfCookingCenter® XS(2016年12月発売)の導入が加速している」と説明。さらに「居酒屋業態をはじめとした飲食店の皆様に、なぜこれだけ多く導入をいただいているのか、このイベントを通して改めてご紹介したかった」と語りました。実際にラショナルにおける飲食店の導入は、ここ2年で急増。RATIONALのSelfCookingCenter® が居酒屋をはじめとした飲食店に、いかに多くの支持をいただいているかが分かります。
 

居酒屋メニュー居酒屋メニュー

 クッキング・デモンストレーション(調理実演)では、アプリケーション シェフ部 部長 岡田浩和が、SelfCookingCenter®を用いて、大量の手羽先をムラなく均一に仕上げたり、焼き野菜やホッケ、ピザ、ネギの肉巻、チャーシューなどの同時調理を披露しました。匂い移りすることがないのも大きな特長のひとつです。

 さらに「調理を通して人手不足を解消する方法」を紹介。そのひとつがRATIONALの独自技術iCookingControl®と呼ばれる自動調理機能です。従来はアルバイトなどが中心の調理オペレーションのため、調理品質や教育に頭を悩ませていた方も多くいらっしゃいます。しかし、SelfCookingCenter®なら調理するものをパネル上で選び、ボタンを押すだけで、だれもが一流シェフと同じ品質で仕上げることができるのです。これによって、さまざまな調理に多くの人手やスペースを割くことなく、厨房を運営することが可能になります。
 

ConnectedCookingConnectedCooking

 「厨房における革新的なソリューション」と題されたパートでは、サービス部 部長の稲田康宏が登壇。クラウド上で、厨房とお手持ちのデバイス をつなぐことができる、RATIONAL独自のシステムConnectedCookingを紹介しました。ConnectedCooking は、SelfCookingCenter®のユーザーであれば、だれもが無料で活用することができる画期的なシステム。複数の店舗展開でも、手元のデバイスで本部作成の新メニューを瞬時にSelfCookingCenter®へ転送できたり、昨今、食品を製造する際の安全管理手法として注目を集め、義務化の波が近づいてきているHACCPのデータを自動記録できるなど、その場にいなくても、手元のデバイスで簡単に一元管理できるこれまでにない画期的なシステムです。
 

居酒屋「牡蠣喰家来」井上公司氏居酒屋「牡蠣喰家来」井上公司氏

 イベントの後半には、飲食店の激戦地・北海道 すすきので人気を博し、手羽先サミット2018 にて金賞を受賞した居酒屋「牡蠣喰家来」の井上公司氏(写真右)と、東日本営業部 部長の竹見俊輝によるパネルディスカッションを実施。さまざまな質問が飛び交うなか、井上氏は自身の店舗におけるSelfCookingCenter®XS導入後の主な変化を次のように語りました。
›  調理するスタッフによって仕上がりにバラツキがあったが、高い品質で均一な仕上がりを実現。
›  導入前は20品目以上のメニューを焼き台で調理していたが、現在はSelfCookingCenter®XS 2台。その同時時調理機能で調理時間が大幅に削減。
›  外はカリッと、中はジューシーな美味しい手羽先をSelfCookingCenter®で開発。手羽先サミット2018でも金賞を受賞するほどの高品質調理を実現。

 ラショナルでは、スチームコンベクションオーブンSelfCookingCenter®が皆さまの厨房にどのように貢献できるのか、調理実演などをより少人数で体験できる、ラショナル・クッキングライブを日本全国各地で毎週開催しています。参加は無料。ぜひ一度、お近くでご体験ください。
›  開催情報はこちら:https://bit.ly/2IteyT6
›  RATIONAL公式フェイスブック: https://www.facebook.com/RATIONAL.AG/

<About RATIONAL>
ラショナルグループは、業務用厨房における加熱調理のマーケットとテクノロジーをリードする、1973年に創立したドイツ・バイエルン州ランツブルクに本社を置くグローバル企業です。1976年に世界で初めて、スチームを利用したコンベクションオーブンを発明。今日では世界で50%以上のシェアを持っています。また、顧客に可能な限りの利益を提供し続けていくことが、ラショナルの最大のミッションです。国際的な賞の数々が、RATIONALが成し遂げてきた製品クオリティを証明しています。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。