永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

吉野家、12万円の丼『The Kyodon(ザ・京丼)』発売

牛丼チェーン吉野家は、2019年12月26日(木)から吉野家史上最高の牛丼用どんぶり『The Kyodon(ザ・京丼)』三部作を吉野家公式通販ショップにて販売開始します。数量限定(各4個)、価格は12万円(税別)。

『The Kyodon(ザ・京丼)』

『The Kyodon(ザ・京丼)』は吉野家創業120周年を記念し、小学館「和樂」とのスペシャルプロジェクトによって誕生した豪華絢爛な牛丼用どんぶり。

「散花(さんか)」、「陽空(ようくう)」、「時線(じせん)」の三部作で、いずれも京都で活躍するの陶芸家・川尻潤氏が手掛けています。

『The Kyodon(ザ・京丼)』
祝祭感あふれるオレンジや赤で彩色し、本物の金とプラチナで絵付け

陶芸家・川尻潤氏

京都市生まれ。先祖は九谷焼の前田藩御用窯、実家は江戸時代から続く清水焼の窯元の4代目で、東京藝術大学でデザインを専攻後、陶芸家・美術家として活躍する。学生時代から吉野家のヘビーユーザーであり、大ファンでもある。

『The Kyodon(ザ・京丼)』販売概要

■販売日:2019年12月26日(木)11時〜 ※限定数販売次第、販売終了
■販売数量:限定12個(散花(さんか)、陽空(ようくう)、時線(じせん)各4個ずつ)
■販売価格:各12万円+税
■販売方法:吉野家公式通販ショップにて販売

『The Kyodon(ザ・京丼)』三部作

散花(さんか)

吉野家のオリジナル丼の図柄の中で最も印象的な、花の絵を抽出したデザイン
『The Kyodon』散花(さんか)

【川尻氏コメント】
花の文様は王道ですし、やはり幸福のイメージがあります。創業120周年のおめでたい企画なので、桜と菊の花を、金とプラチナで存分に散りばめました。こちらも4列に並んでいる花の数は、すべて12個ずつなんですよ。

陽空(ようくう)

吉野家のオリジナル丼をオマージュした作品。名前は空に照らされる輝かしい太陽をイメージ
『The Kyodon』陽空(ようくう)

【川尻氏コメント】
長く人々に愛されている吉野家の丼を、私なりに解釈しました。オリジナル丼の図柄を簡略化し、金で描いているのですが、出てくる花の数は創業120周年にちなんで12個にしています。高台はプラチナで塗りました。

時線(じせん)

三作品の中で最もモダンなデザインで、線が効いているのと、どこか時代を超えた作風から、「時線」と命名
『The Kyodon』時線(じせん)

【川尻氏コメント】
吉野家オリジナル丼にある格子柄からデザインを発展させたんです。線だけど単調になりそうだったので、弧と組み合わせて幾何学を描いてみました。すると、どこかアールデコなムードも出てきて面白いなと。これは見込みの上部に入れた山型の文様が 12個あります。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。