セブンイレブン『一風堂監修 博多とんこつラーメン』発売

【ショコラティエ パレドオール】2020年新作パフェ&ショコラ

株式会社オヴァールリエゾンのプレスリリース

カカオ豆から本格的なチョコレート作りを手掛けるショコラティエ 三枝俊介によるチョコレート専門ブランド「ショコラティエ パレ ド オール」では、2020年の新作パフェ、ショコラを発売いたします。

パルフェ ショコラ パフェ / Perfect Chocolat Parfait

商品名 パルフェ ショコラ パフェ
税抜価格 2,100円
販売期間 2020年1月2日(木)~3月26日(木)予定
販売場所 ショコラティエ パレ ド オール東京店・大阪店

季節ごとの味わいがご好評を頂いている【パフェ パレドオール】。
新年は、カカオ、チョコレートにこだわって作り上げた三枝シェフ渾身の一品が登場しました。

カカオ豆の焙煎から手掛ける、完全自家製の4種類のBean to Barチョコレートを使用した、ショコラティエ パレ ド オールならではのパーフェクトなチョコレートパフェ。
 

・カカオ分70%のトリニダード・トバゴ産カカオのビターチョコレート、
・ベトナム産カカオで作る自家製のミルクチョコレート、
・工房で搾った自家製カカオバターで作る自家製のホワイトチョコレート、
・自家製カカオパウダーを加えた濃厚カカオの「スーパーハイカカオ」チョコレート。

パレ ド オールならではの4種類の自家製チョコレートに、ベリーの酸味をアクセント加えて組み立てました。

 

アイスクリームやチョコレートソース、トッピングのチュイルなど様々な食感と共に、カカオとチョコレートの味わいを存分に楽しめる、パレ ド オールの新定番のチョコレートパフェです。

スーパー H i カカオ

 

 

​商品名 スーパー H i カカオ
内容量 4個入 <プレーン、はちみつ、アーモンド、カカオニブ各1個入り>
税抜価格 1,850円
販売期間 2020年1月17日(金)~2月14日(金)予定
販売場所 ショコラティエ パレ ド オール東京店・大阪店 / アルチザン パレドオール清里店 / ショコラティエ パレ ド オール ブラン / オンラインブティック

自家製の高カカオチョコレートに自家製カカオパウダーを加え、
カカオの濃度を上げた新しいコンセプトのチョコレートを使用。
カカオ本来の風味を堪能できる、4種類の味わいのボンボンショコラの詰め合わせです。

【コフレ レザムール】
 

商品名 コフレ レザムール
内容量、税抜価格 10個入り 3,700円、6個入り 2,380円
販売期間 2020年1月17日(金)~2月14日(金)予定
販売場所 ショコラティエ パレ ド オール東京店・大阪店 / ショコラティエ パレ ド オール ブラン / アルチザン パレドオール清里店 / オンラインブティック

カカオ豆を選び、焙煎する段階から手掛けた自家製チョコレートを使用。スペシャリテの「パレドオール」をはじめ、バレンタイン限定ショコラを加えた特別な詰め合わせをご用意いたしました。

<シェフ 三枝俊介について>

大阪の名門ホテル「ホテルプラザ」で洋菓子界の重鎮 故・安井寿一氏に師事。
1991年に独立しパティスリーを展開。フランス・リヨンの巨匠 故モーリス・ベルナシオン氏と出会い、ショコラティとしての薫陶を受けた後に本格的な専門店「ショコラティエ パレ ド オール」を2004年 大阪に、2007年 東京にオープン。
その後、カカオ豆からチョコレートまで全工程を自社で手掛けるBean to Bar(ビーントゥーバー)工房「アルチザン パレドオール 清里」を2014年にスタート。
2019年には世界に先駆けてホワイトチョコレートのBean to Barブランド「ショコラティエ パレ ド オール ブラン」をオープン。
年間10トン以上のチョコレートを扱い、カカオの本当の味と香りにこだわって作り出される極上のショコラは、国内外から広く注目されています。
2010年 テレビ東京「ソロモン流」、2011年 TBS「バース・デイ」、2014年 NHK「きょうの料理」、2018年 NHK「プロフェッショナル~仕事の流儀~」、NHK BSプレミアム「スイーツマジック」、「美の壺」等、多数のメディアで紹介。

<ショコラティエ パレ オールについて
2004年ハービスPLAZA ENT(大阪・西梅田)、2007年に新丸ビル(東京・丸の内)にオープンしたショコラティエ。50種類にも及ぶボンボンショコラや、ショコラを使ったガトーを販売。
サロンでは、カカオを使ったオリジナルドリンクやパフェの他、ショコラに合わせて特別にブレンドした
カフェ、ショコラショー、自家製ココアパウダーを使ったBean to Cocoa(ビーントゥーココア)、また シャンパンやウィスキーとショコラのマリアージュなど、様々なショコラの楽しみ方を提案しています。

 

 

<アルチザン パレドオールについて>

世界中から選び抜いたカカオ豆を、それぞれの豆に合わせたベストな状態で焙煎し、ショコラまで仕上げる全工程を自社で行う工房を清里高原に2014年にオープン。
ショコラティエが自ら、カカオ豆の段階からショコラ作りを年産10トン規模で行うBean to Bar工房は世界的にも珍しく、日本では初となります。八ヶ岳を望む美しい自然に囲まれた、ヨーロッパの山岳リゾートに似た冷涼な環境はカカオの保管やショコラのエイジングにも最適。40年以上のキャリアをもち、多くのショコラを扱い続けてきたシェフ三枝ならではのBean to Bar工房です。
インターナショナルチョコレートアワード2019 アジア大会ならびに世界大会では多数受賞、イギリスの
アカデミーオブチョコレート2019でも受賞しています。

 

 

<ショコラティエ パレ ド オール ブランについて>

カカオ豆からチョコレートまでを一貫して手掛けるBean to Barメーカーの中でも、自社でココアバターを搾ってホワイトチョコレートを作ることはほとんどありません。自家製のカカオバターから生み出すホワイトチョコレートの新しい世界を表現したい、というシェフ三枝の強い想いから生まれたブランドです。
自家製のカカオバターを使ったホワイトチョコレートと、その時にできる自家製のカカオパウダーから生み出す焼菓子、ドリンク、ソフトクリーム等、幅広い商品を手掛けるショップは世界初といえる試みです。
カカオ豆からチョコレートまでの製造工程やココアバターを搾る様子もご覧いただける全面ガラス張りの工房を併設しており、“港区南青山産のホワイトチョコレート”をはじめ、それをベースとしたスイーツやソフトクリーム、自家製ココアパウダーを使ったドリンクなど、ほかでは味わえない商品をお楽しみいただけます。

≪店舗詳細≫
■ショコラティエ パレ ド オール
東京店〒100-6501 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング1F/03-5293-8877
大阪店〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-22 ハービスPLAZA ENT4F/06-6341-8081
ホームページ http://www.palet-dor.com

■アルチザン パレドオール
清里店〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里朝日ヶ丘3545/0551-48-5381

■ショコラティエ パレ ド オール ブラン
青山店〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 青山ツイン東館B1F/03-3470-0613

■ラトリエ パレドオール(工房&office)
〒564-0062 大阪府吹田市垂水町1-28-3 06-6337-1768
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。