エヴァンゲリオン×ビックリマン『エヴァックリマン海洋堂フィギュア付きチョコ』発売!

miniSeminar 第106回  食×宇宙:今なぜ宇宙? 開催のお知らせ

株式会社 廣告社ぶれいんのプレスリリース

 外食業や小売業のシステム担当者の有志が集まって企画している miniSeminar の第106回は2020年1月21日(火曜日)に、開催されることとなりました。講師はSAD(エス・エー・ディー) Space Art and Design Inc. 代表取締役 小野 綾子 様。小野様は宇宙開発の現場も体験されており、宇宙食の衛生管理などにもお詳しい方です。現在外食業界で話題になっている食の安全のための規格 HACCP などは宇宙食の衛生管理基準から発展したものです。今回は講師の小野さんと一緒に、宇宙と食について考えてみませんか。

 miniSeminar 第106回  食×宇宙:今なぜ宇宙? 開催のお知らせ

 食の安全のための規格 HACCP については飲食に関わる多くの方がご存知だと思います。これは 1960年ころ、NASA がコンサルタント企業のピルスベリー社と一緒にアポロ計画向け宇宙食の製造のために開発されたシステムで、宇宙食の衛生管理基準のひとつとなっています。今回は講師の小野さんと一緒に、宇宙と食について考えてみませんか。

 

日 時
  2020年1月21日 火曜日  14時から20時
 

場 所
  ニユートーキヨー ”綴”
    http://www.newtokyo.co.jp/tempo/tsuzuri/tsuzuri.htm
 

○ 第1部 16:00~18:00 講演

 

 ・食×宇宙:今なぜ宇宙?

   ~ 宇宙食の研究が切り拓く新しい食の世界 ~

 

  講 師 :小野 綾子 様

      SAD(エス・エー・ディー)  

      Space Art and Design Inc. 代表取締役

 

 

○ 第2部 18:00~20:00 懇親会

   開場使用料 + 懇親会費  5, 000円

 

  (大変申し訳ありませんが、第1部のみのご参加で、懇親会ご欠席の方からも、会場費として同額を頂戴いたしております。)

 

開催場所

   ニユートーキヨー 綴

   http://www.newtokyo.co.jp/tempo/tsuzuri/tsuzuri.htm

 

講師プロフィール

 東京芸術大学 美術研究科 修士修了後、文化庁新進芸術家海外留学制度により欧州宇宙機関(ESA)を訪れ、3つ星フレンチシェフによる宇宙食や閉鎖環境で開発する食糧についてデザイン的観点から提案。国際宇宙大学のサマーセッションを経て、2009年には東北大学大学院 医学系研究科 行動医学 博士課程に進学。在学中、JAXAの公募に選ばれ宇宙で心理的癒しを与える『宇宙楽器』を開発。また、ヨーロッパのチームと共に火星砂漠研究所(米国ユタ州)で乾燥食生活体験し、その食のレポートも担当。帰国後、京都大学で土井宇宙飛行士の下、有人宇宙飛行や植物栽培に関する教育プログラム策定に携わる。

お申込みは以下のアドレスへのメールでお願いします。

 

        (mini-seminar@corcocu.com)

         参加希望セミナー名、氏名、所属を、ご記載ください

 

参考URL

  miniSeminar サイト

    http://www.corcocu.co.jp/miniSeminar/

  facebook event
    https://www.facebook.com/events/2858838944168663/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。