永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

明太子の辛味が絶妙な明太おこしのシリーズ第3弾! 「博多中洲明太菓子 寿(とし)おこし」が1/10より登場

株式会社ふくやのプレスリリース

明太子を中心とした食品販売の株式会社ふくや(本社:福岡市博多区、代表取締役社長:川原 武浩)は、2020年1月10日 明太子の日より、‘おこし’に明太子の調味液を練り込んだ、甘さの中にも絶妙な辛さを楽しめる「博多中洲明太菓子 寿(とし)おこし」を販売いたします。

博多中洲明太菓子 寿(とし)おこし

■「博多中洲明太菓子 寿(とし)おこし」
発売日   :2020年1月10日(金)
販売チャネル:直営店、通販(ネット)、卸販売
価格    :1,015円(税込)
内容量   :50g(約20個)

博多中洲明太菓子 寿(とし)おこし 2

■特徴とこだわり
長崎県諫早市にある創業200年を超える老舗、杉谷本舗様との協業商品です。‘おこし’は諫早の伝統菓子で、「身を興し、名を興し、家を興し」と、とても縁起のよいお菓子とされ、進物に重宝されています。
食べ終わった後も博多を思い出していただけるよう、保管に便利な缶入りとしました。
缶のデザインには「おめでたい」鯛をモチーフとしており、デザイン中にかくれふくやの文字が仕込んであります。日常のちょっとしたお祝いやプレゼントにお渡しできる「よろしくお願いします」の気持ちが伝わる一品です。

■明太子パウダーを使ったお菓子シリーズ『はかたいむ』とは
いつでも、どんな場面でも、ふくやの商品を通じて博多の味をたしなむ幸せなひとときを『はかたいむ』と名付けました。
博多の食文化を作り続けてきた『味の明太子』のように、博多を離れても博多を思い出せる美味しい商品になれば、との想いを込めました。
「寿(とし)おこし」は、はかたいむ第1弾「すずめの卵」第2弾「かめの子」に続く待望の第3弾となります。

■株式会社ふくや会社概要
本社所在地: 〒810-8629 福岡市博多区中洲2-6-10
創業   : 1948年10月5日
代表者  : 代表取締役社長 川原 武浩
事業内容 : 味の明太子の製造・販売、各種食料品の卸・小売
URL    : https://www.fukuya.com

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。