セブンイレブン『一風堂監修 博多とんこつラーメン』発売

“氷点下のスーパードライ”「エクストラコールド」の体験機会拡大!ご家庭や店頭での飲用機会創出のために、「エクストラコールドタンブラー」や「エクストラコールド急冷機」を2020年4月以降順次展開!

アサヒビール株式会社のプレスリリース

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、ビール飲用価値の再発見と特別な飲用体験を演出するため、“氷点下のスーパードライ”「エクストラコールド」の体験機会を拡大する取り組みを展開します。

 「アサヒビールオリジナル 東京2020大会記念 エクストラコールドタンブラー」を賞品とした「アサヒスーパードライ エクストラコールドで東京2020大会を応援!」キャンペーンを2020年4月24日(金)から実施します。また、購入いただいた缶容器の「スーパードライ」を氷点下でお楽しみいただける専用機器「アサヒスーパードライ エクストラコールド急冷機」を2020年4月下旬から順次展開します。

■「アサヒスーパードライ エクストラコールドで東京2020大会を応援!」キャンペーン
 「アサヒスーパードライ エクストラコールドで東京2020大会を応援!」キャンペーンは、『アサヒスーパードライ』(缶350ml、缶500ml)に貼付されているシールを集めると「アサヒビールオリジナル アサヒスーパードライ 東京2020大会記念 エクストラコールドタンブラー」が当たるキャンペーンです。集めたシールの枚数に応じてご応募いただくと、必ず、もしくは抽選で“氷点下のスーパードライ”をご家庭で実感いただけるエクストラコールドタンブラーを賞品としてお届けします。タンブラーの展開数量は約50万個を予定しています。
 今回展開するエクストラコールドタンブラーは、真空層と冷媒層を含む3層構造のステンレスタンブラーです。タンブラーを事前に約20時間冷凍冷却したうえで約4~6℃のビールを注ぐと、約60秒~90秒で氷点下まで冷却され、長時間の保冷が可能となります。
 本年開催される東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)の盛り上げを目的に、東京2020大会のエンブレムをタンブラー正面にデザインしました。東京2020大会を観戦しながら、“氷点下のスーパードライ”をご家庭でも楽しめるという特別な飲用体験をお客様に提供します。

■「アサヒスーパードライ エクストラコールド急冷機」
 「アサヒスーパードライ エクストラコールド急冷機」は、購入いただいた「スーパードライ」(缶350ml、缶500ml)をその場で氷点下の温度帯まで短時間で冷却できる、アサヒビールとして初めて展開する専用機器です。2020年4月下旬よりテスト展開を開始し、7月に本格展開する予定です。首都圏の一部店頭や各種イベント会場などを中心に合計約300台展開する予定です。
 約4℃~6℃に冷えた開栓前の「スーパードライ」を機器内にセットしてボタンを押すと、中の冷媒によって約60秒~90秒で「スーパードライ」が氷点下まで冷却されます。
  
 ビールの液温を氷点下の温度帯(約-2℃から0℃)にして提供する“氷点下のスーパードライ”「エクストラコールド」は、2009年から飲食店向けの専用抽出機器を展開しています。通常の温度帯と比較して泡密度が増加することから、冷たさとなめらかな泡がお楽しみいただけます。また、「スーパードライ」の特長である「キレ」「シャープさ」「のどごし」を強く感じることができると、お客様からご好評をいただいています。
 昨年は、“氷点下のスーパードライ”「エクストラコールド」で従来以上に高密度できめ細かな泡を実現する新型専用タップの展開などを行い、品質価値の向上に取り組みました。

 今回、「エクストラコールドタンブラー」が当たるキャンペーンや、新専用機器「エクストラコールド急冷機」の展開により、これまで飲食店を中心にお楽しみいただいていた「エクストラコールド」を、ご家庭、イベントスペースなどあらゆる場面で体験できる機会を拡大します。

 アサヒビールは、中長期的なビール需要の活性化に取り組んでいます。「スーパードライ」の中長期のブランドテーマを“THE JAPAN BRAND”と設定し、“最高品質の提供”と“飲用機会の拡大”を見据えた取り組みを強化しています。ブランドメッセージ「ビールがうまい。この瞬間がたまらない。」に沿った様々な取り組みを展開することで、ビール需要の活性化に取り組みます。また、「スーパードライ」の一貫したブランド価値や特別な飲用体験を消費者に提供することで、ビール飲用者の拡大を図ります。

 さらに、ビールメーカーで唯一の「東京2020ゴールドパートナー(ビール&ワイン)※1」※2として、東京2020大会開催に向けて様々なプロモーションを積極的に展開し、東京2020大会の盛り上げを図ります。
※1:主なカテゴリー内商品は、ビール類、ワイン、ノンアルコールビールテイスト飲料、チューハイ〈焼酎ベース〉です。
※2:公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が実施するマーケティングの中核となる東京2020スポンサーシッププログラムにおける国内最高水準のパートナーと位置付けられており、大会運営や日本代表選手団のサポート、オリンピック・ムーブメントとパラリンピック・ムーブメントの推進や東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の盛り上げに積極的に参加する企業です。

■参考:「スーパードライ」ブランドサイト:https://www.asahibeer.co.jp/superdry/

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。