セブンイレブン『一風堂監修 博多とんこつラーメン』発売

47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで再現 地元を愛するお客様・地方自治体・カルビーが共創 神奈川の味『ポテトチップス ニュータンタンメン味』2月17日(月)発売

カルビー株式会社のプレスリリース

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:伊藤 秀二)は、神奈川県川崎市のソウルフードの味わいを再現した『ポテトチップス ニュータンタンメン味』を数量限定・期間限定で2020年2月17日(月)、神奈川・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・山梨(8都県)で発売します。また、カルビーアンテナショップでも随時、販売予定です。商品は無くなり次第終了となります(2020年3月下旬終売予定)。

【開発経緯】
カルビーは、47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「♥ JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトを発足し、2017年度、2018年度に47都道府県それぞれの地元の味を再現したポテトチップスを数量限定・期間限定で発売しました。3年目となる2019年度も、3回(第1弾、第2弾、第3弾)に分けて47都道府県の味のポテトチップスを順次発売します。

2019年度の神奈川の味『ポテトチップス ニュータンタンメン味』は、地元を愛するお客様からインターネット上で募集した味案をもとに、川崎市役所にて川崎市やニュータンタンメン本舗、川崎フロンターレ等の地元を愛する皆様と一緒にワークショップや試食会を行い、味やパッケージを決定しました。お客様からは、2017年度の「シューマイ味」、2018年度の「横浜とんこつ醤油ラーメン味」に続く味案として、海軍カレーやとん漬等のアイデアも出されましたが、旨辛な味わいがポテトチップスとの相性が非常に良いこと、川崎のソウルフードとして地元に根付いており、お客様からのご要望も多くいただいていたことから商品化しました。

【商品特長】

「ニュータンタンメン」は、川崎市を中心に展開する元祖ニュータンタンメン本舗が提供するラーメンで、スタミナがつく料理をと中華料理の担々麺をアレンジしたのが始まりです。丁寧に煮出した鶏ガラや豚ガラ塩味ベースのスープに挽肉とにんにく、溶き卵を麺に絡ませ、粗挽き唐辛子でパンチを効かせた幅広い世代に人気となっている川崎市のソウルフードです。本商品は、この元祖ニュータンタンメン本舗の味わいを再現したポテトチップスです。袋を開けた瞬間のにんにくの香りと、パリッとした食感で挽肉の旨味とじんわり唐辛子の辛みが口の中に広がり、後ひく美味しさです。パッケージは、川崎の工場夜景をイメージしたイラストを背景に、元祖ニュータンタンメン本舗のロゴや店舗のイラストを掲載し、コラボレーションした商品であることが一目で分かるデザインにしました。裏面でも、元祖ニュータンタンメン本舗の紹介を掲載しています。

【開発担当者のコメント】
「ニュータンタンメン」の特徴とも言える強烈なにんにくと、食べていて気持ちが良いくらいの程よい辛味を再現するべく改良を重ねました。単に辛いだけではなく、卵を使用することによって食べやすくやみつきになる味わいを目指しました。にんにくの風味とスープのバランスにも苦労しました。袋を開けた時のにんにくの香りや、「ニュータンタンメン」をイメージして橙色に近づけたチップスで見た目にも楽しめます。是非お楽しみください。

1月11日、川崎フロンターレの「2020新体制発表会見in昭和音楽大学」において、商品を発表しました。1月11日、川崎フロンターレの「2020新体制発表会見in昭和音楽大学」において、商品を発表しました。

 

 

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。