セブンイレブン『一風堂監修 博多とんこつラーメン』発売

星のや富士 ジビエと旬食材をグランピングリゾートで堪能  富士山麓の森で季節を感じる「春の狩猟肉ディナー」提供開始  期間:2020年3月16日~5月31日

星野リゾートのプレスリリース

日本初のグランピングリゾート「星のや富士」では、 2020年3月16日~5月31日まで、「春の狩猟肉ディナー」を提供します。当ディナーは、狩猟肉の「鹿肉」をメイン食材として使用し、屋外ダイニング「フォレストキッチン」でお客様自身が料理を仕上げる体験型のディナーです。富士山麓の春の訪れを、季節の食材を使った料理から立ち上る香りで感じられます。

開発背景

富士山麓の森では、3月下旬から4月にかけて開花する、富士桜(別名 豆桜)の花が春の訪れを告げます。地元の猟師は、同時期に芽吹き始める山椒やふきのとうを狩猟の帰りに収穫し、それらの香りで季節の移ろいを感じてきました。その文化に着想を得て、春の狩猟肉と山菜や筍、桜や山椒などを合わせた料理から立ち上る香りで、春の訪れを感じられるディナーを開発しました。狩猟解禁となる秋から冬がトップシーズンのため、春の狩猟肉は希少ですが、当リゾートでは、地域の猟師により個体数調整を目的として管理捕獲される狩猟肉が提供できるため、春の時期も変わらず楽しむことができます。

特徴1:富士山麓の春の訪れを香りで感じる

自然豊かな富士山麓の丘陵地に位置する星のや富士では、富士桜(別名 豆桜)の開花、森の植物の芽吹きなどから、春の訪れを香りで感じることができる環境にあります。森に囲まれたグランピングリゾートで感じる春らしい香りを、季節の食材を使った料理で楽しめます。桜のチップで瞬間燻製した桜鱒と、ほろ苦い若草をとりあわせたサラダ仕立ての冷前菜は、森に春の訪れを知らせる富士桜の開花と下草の芽吹きをイメージした料理です。

特徴2:春の狩猟肉と春の食材の組み合わせを楽しむ

厳しい冬を乗り越え、春を迎えた鹿や猪は、余分な脂肪が落ちています。また、山に芽吹く若葉や筍、木の芽を食べるため、さわやかでさっぱりとした肉質であることが特徴です。その狩猟肉と、鹿や猪もえさとする山菜や筍、桜や山椒などの優しい風味の食材を組み合わせることで、春にしか食すことのできない、繊細な味わいを堪能できます。

特徴3:春の森でグランピングマスターと一緒に料理を作る

当ディナーは、アウトドアをラグジュアリーに感じる空間で食事を楽しんでほしいとの思いから、屋外ダイニング「フォレストキッチン」で提供します。フォレストキッチンは、標高約900mに位置し、高い木々に囲まれた森の中にあります。春の森は、過ごしやすい気候で、快適にディナーを楽しめます。料理の仕上げはお客様自身が行います。おいしく仕上がる調理方法を熟知したグランピングマスターのサポートがあるため、アウトドア料理初心者でも安心です。

■メニュー例

アミューズ:筍の塩釜焼き 山椒の香り
冷前菜 :桜鱒の瞬間燻製とほろ苦い若草のサラダ仕立て
温前菜 :猪と春野菜のリゾット
メイン :森の香りに覆われた鹿ロース肉のコンフィ
デザート :桜のアイスクリーム 温かい果実のソースとともに

「春の狩猟肉(ジビエ)ディナー」概要

期間 :2020年3月16日〜5月31日
料金 :1 名 15,000 円(税・サービス料別、宿泊代別)
時間 :18:00~/18:30~
定員 :1 日 6 組 最大18 名
対象 :満 13 歳以上の宿泊者
予約開始日 :2019 年 11 月 1 日
予約 :公式サイト(https://www.hoshinoya.com)にて前日までに予約
備考 :仕入れ状況により食材・メニューが変更になる場合があります。

星のや富士

2015年10月30日に開業した日本初のグランピングリゾート。河口湖を望む広大な森に、自然と触れ合うクラウドテラスや年中快適に過ごせるキャビン。グランピングマスターが提案するアウトドア体験やシェフが演出するワイルドな食事とともに大自然を楽しみつくす「丘陵のグランピング」です。
〒 401-0305 山梨県南都留郡富士河口湖町大石1408/40室
https://hoshinoya.com/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。